リビア

別の失敗国家が手招きする - 中央アフリカ共和国

12月
28

恐れと飢えがアフリカでもっとも悲劇的な国々の一つをひっくり返すよう脅かしている

フランソワーズ・コラコは、いかにしてセレカの制服を着た戦士たちが彼女の夫の頭をライフルの取っ手でつぶしたかを物語った。彼らに挑戦するかもしれない他の人のための警告として、彼のぐにゃっとした体は首都バンギの260キロ北の農村であるデコアの彼女の家の外に血まみれで置き去りにされた。中央アフリカ共和国(CAR)の言語の一つであるサンゴで「同盟」を意味するセレカは、3月にフランソワ・ボジゼを隣のカメルーンに亡命の形で追い出して以来、その国を模範的な野蛮さで支配している。これは、セレカの北にある拠点から南のバンギに3か月位にわたる侵攻の後で起こった。その途中で、その反乱軍は邪魔されることなく強姦し略奪した。

いま、政府として落ち着いた彼らは、民主主義は言うまでもなく、わずかな法と秩序すらも再び施行しているとは言い難い。前大統領の支持者と首都のボイラビ要塞にこもったその親ボジゼ派の人々を武装解除しようとするセレカの戦士たちとの間で8月20日に始まりバンギ中に広がる衝突で、少なくとも10人が死亡した。CARは失敗国家になる途中にあるのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ブーム、ブーム - 北アフリカの密輸

12月
08

北アフリカの政府は、武器と薬物の違法な流れをくいとめるのに苦労している

2年前のアラブの目覚め以来、密輸の鮮やかな網が、北アフリカにわたって広がっている。チュニジアからの卵の密輸は、今チュニジア人の中に国内で不足するだろうと恐れているものがいるので、大事業だ。リビアの港を経由したヨーロッパ車の活発な取引は、多くの人々が関税を避けることができるようにしている。エジプトの補助金付の燃料のうち1/5が今、密輸業者によって売られている。

その地域の政府は、増加する薬物取引に特に悩んでいる。アルジェリアは今年の前半に50トン、そして去年73トンのマリファナを押収し、それは2008年のほぼ倍だ。それは、幾分かは当局による取り締まりの結果だが、薬物網はその国中に浸透しており、業者は国際的な犯罪者と密接に協調しているおかげでその手法を洗練させている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪い兆し - ニジェールでの聖戦

9月
14

別の貧しいサハラ国家が、暴力的なイスラム主義者の攻撃にさらされている

2年以上にわたって、ニジェールは隣り合うリビア、マリ、そしてナイジェリアでの血なまぐさい紛争から守られていた。しかし、その国の最も危険な収監者の何人かを自由にすることになった脱獄に続く、最近のどちらも中央砂漠地域にあるアガデスの軍事基地とアーリットのフランスのウラン鉱山への自爆攻撃は、たぶん世界で最も貧しい国でのイスラム過激派の到来を知らせている。

聖戦士たちは、ニジェールの政府が彼らの仲間の反乱軍を隣のマリから追い出そうとするフランスが率いる作戦を支持した後で、その国を目標にした。ニジェールはアメリカとフランスから軍事支援を受けており、首都のニアメから無人機を運用できるようにしている。「我々は攻撃に備えていたが、この規模ではなかった。」現地の治安専門家モウサ・アクファーは語る。「我々は衝撃を受けた。これらは我々の歴史上最初の自爆攻撃だった。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

できるのならば、サハラを守れ - 国連とマリ

9月
12

西アフリカの一か所で追跡されて、過激派は近くのどこかに突然現れる。この記事はマリでの改善する絵を描く

フランス軍が今年の初めにマリの砂漠に黄褐色のブーツを踏み込んだとき、彼らはその西アフリカの国でひとつならず3つの問題に直面した。リビアの倉庫から略奪された武器の助けで、トゥアレグ分離主義者の同盟は、その国の北を支配していた。彼らに、アル=カーイダに結び付いた聖戦士たちが加わり、猛烈にイスラム主義者の国家を打ち立てることを決心していた。今のところ、マリ軍は、ある司令官のクーデター中にぼろぼろになっており、過去20年間にわたって多かれ少なかれ民主的だった政治制度の解体につながった。

6か月間がなんという違いをもたらしたことだろう。苦境の警告を無視して、フランス大統領フランソワ・オランドはその国を救うために4,000の兵士を急派した。彼らは素早く北部マリを保全し、多くがフランスの旧宗主国としての長い期間から知られていたほとんどの当面の問題に対処した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悲しくて遺憾な衰退 - アフリカ民族会議

9月
11

ネルソン・マンデラの下で勝利を収めた与党は洗浄をひどく熱望しおり、さもなければそれは最後には打ち負かされるのに値するだろう

与党アフリカ民族会議(ANC)は、多くの古い革命組織と同じように、記念日を好む。有権者たちに世間の注目を集めている英雄的なネルソン・マンデラのイメージとともに過去の闘争と勝利を思い出させることは、依然として選挙に地滑り的に勝つ役に立つ。2009年の前回、次点の白人が率いる民主同盟(DA)のたった17%に対して、それは投票の2/3を勝ち取った。その100周年を祝うグランドファンファーレを調整した後で、ANCは民主主義支配20周年を記念して2014年に別の大きなパーティーを準備している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

遅れたが、手ぶらではない - アフリカのバラク・オバマ

9月
07

アメリカの大統領は、4年たってからその父の大陸を訪れる

アフリカ人たちは、少なくともヨーロッパの探検者が、派手な陶磁器類や蔵書すらも満たしたトランクをたくさん持った荷物持ちの長い列の先頭で、サヴァンナをだらだら歩いて以来、大きな随員たちを連れ異国風の荷物を持った訪問者たちに慣れている。しかし、バラク・オバマが6月26日にアフリカに足を踏み入れる時、彼はさらによいことをするだろう。病気になったとき用の最高水準の病院を備えた軍艦が最初のアフリカ系アメリカ人の最高司令官に同行し、ジェット戦闘機が止まることなく空を警護し、3台のトラックが彼の寝るホテルへの防弾ガラスを運ぶ。しかし、チーターやライオンに対して狙撃種を雇うことに高官の木が進まなかったので、大統領のサファリはキャンセルされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

暗闇の芸術 - コンゴの国連

8月
21

ほとんど顧みられないが、国連はその最初の戦争を戦おうとしている。それはやる価値のある賭けだ

アフリカの経済は徐々に上昇しているが、コンゴ民主共和国では、多くにとっての生活はこれまでと同じくらい悪い。武装した男たちが罰を受けずに強姦略奪をする。反乱集団は、鉱物資源と農業潜在力の豊かな広大な土地を恐怖で満たしている。結果として何百万人もが亡くなっている。そして、何年にもわたって、外部世界は肩をすくめる以上のことはほとんどしていない。その主要な努力である14年目になる国連の平和維持活動は、遠く離れたところで殺人的な無秩序にもぐりこむ前に、隣のルワンダでのジェノサイドによって発火した民族紛争として始まった「アフリカの世界戦争」を終わらせるのに失敗している。

今、事態は変わっている。ルワンダ政府は最近までコンゴの反乱軍を支援していたが、その残酷さと国際的な怒りに辱められて、その支援をやめた。それは、無駄にするには惜しい機会を贈るので、国連の安全保障理事会は、少なくとも反乱軍のいくらかと戦うために3,000の軍隊を展開して、新たな政策を試している。国連の記章をつけた南アフリカ、タンザニア、そしてマラウィからの兵士たちは、コンゴ東部で大混乱をまき散らしている非正規軍を引き受けるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

2030年生まれの一群 - 昆虫への手引き

7月
07

セミが次に帰ってくるときに、アメリカはいかにそれらに注意するか

今後数週間にわたって、何十億ものセミの幼虫が、17年間の地下での眠りから目覚め、アメリカの東部諸州の明るい日光の下に現れる。彼らの奇妙なサイクルは、その国中の記者の注意を惹いている。オスは大群で旅をし、つがいに求婚しようとして、とてつもない騒ぎを作り出し、半狂乱で愛し合い、そして悲しまれずに死ぬ。セミは同じことをする。たった一つの違いは、彼らが未完成の小説だけではなくさらに17年後に孵化する卵を残すことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

頑張れ、わが勇者 - ニジェール、アルジェリア、リビア、エジプト、スーダン

4月
05

アフリカの中央は貧しくて紛争がはびこったままだが、行動主義が起こっている

その大陸の乱雑な中央部は、ナイジェリアの首都の1時間北から始まる。運転手は数マイルごとの関門で止まらなければならず、夜間外出禁止を遵守しなければならない。主要な北部の都市カノの郊外では、武装した兵士が銃身に固定された銃剣を持って道を警護している。その知事の事務所は要塞で、その周囲の道路はすべて人の高さのコンクリート障壁で封鎖されている。自身をボコ・ハラム(西洋の教育は罪)と呼ぶイスラム過激派集団は、自動車爆弾や奇襲隊襲撃で、年に何百人もの人を殺す。治安維持軍の高圧的な反応は、さらに多くを殺す。その知事は彼の設置した新しい街灯を自慢するが、住民たちはナイジェリアの石油の富をほとんど何も見ていないので、怒り狂っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

望みにあふれる大陸

4月
02

アフリカ人の人生はすでに過去10年で大きく改善している、とオリヴァー・オーガストは語る。次の10年はさらによいだろう

3人の学生が、世界で最も貧しい大陸の西の端のセネガルのヴェルデ岬のビーチカフェでiPadを覗き込んでいる。彼らは、ヨーロッパで最も悲惨な国の一つモルドヴァについてのオンラインのニュース物語を読んでいる。一つの見出しは「4人の酔っぱらった兵士が女性を強姦する」と読める。他のものは、モルドヴァの男性は過剰飲酒で死ぬ可能性が19%あり、58%が喫煙関係の病気で死ぬ、と言う。もう一つは正売買を取り扱う。そのような物語は、ギリシャからの緊縮の物語とともに、アフリカの反映するメディアの重要商品になっている。アフリカの病気と無秩序の物語が長い間豊かな世界でされていたように、それらは憐れみと信じられなさを引き起こす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

リビア を購読