アルストム

合衆国とカナダの関係 – アラスカから本土48州への海路上での孤立

1月
27

合衆国のアラスカ海洋高速道路は、本当の意味での高速道路ではない。それは、アラスカのアリューシャン列島からワシントン州ベリンガムをつなぐ5,600kmの港の鎖だ。その多くが観光客である31万人程度の乗客が、毎年、少なくともそのフェリーの旅の一部を楽しんでいる。それはアラスカの沿岸共同体をお互いに、そして本土48州と結びつけたが、その一部はカナダにある。この二重国籍の性質から、貿易論争が起こっている。

アラスカ州は最初1963年にそのターミナルを借り、2013年にはカナダに330万ドルを支払い、それを50年更新した。しかし、その衰えた停泊地、橋、そして自動車ランプの取り替え契約を誰が結ぶのかについての、カナダと合衆国との間でのけんかが今勃発している。その港がカナダのものであることに誰も異存はないが、果たしてアメリカの法律は適用されるのか?

その海路を管理するアラスカ州は、1,000-2,000万ドル相当の計画をあるブリティッシュコロンビアの企業と契約を結ぶことを計画していた。国の外れで他の業者を雇うことにほとんど意味はない。しかし、合衆国の「バイ・アメリカ」法の条項の下で、契約業者はアメリカ人を雇用する供給者からの鉄鋼や他の素材を使わなければならない。そしてまた、アメリカ製の工具を使わなければならない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

輝く新しいパイプの夢 - 炭素捕獲と貯蔵

5月
26
発電所からの二酸化炭素の捕獲は難しくはないが高価だ。ノルウェーでの新しい計画はそれを安くすることを狙っている
 
ノルウェーのお気に入りの歌手の一人、ヘレン・ボクスルは、5月7日にモングスタッド石油精製所で高音を張り上げた時、彼女の後ろの壁が開いた。それは、首相やほかの高位の人々に巨大な輝く金属パイプの縺れを明らかにした。これらは世界最大で最新の二酸化炭素を捕らえる実験設備だ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
アルストム を購読