P&G

技能のシェアは成功の見込みを強める - 環境での協力

1月
07

合同計画は利益をもたらす

大学と非営利組織は、共通目標を達成するために長い間環境技術での協力の利益を説明してきたが、企業間計画の拡大はそれほど広がっていない。

インドの情報技術コンサルタント、インフォシスの取締役共同会長クリス・ゴパラクリシュナンは語る。「会社はお互い教育し、資金供給し、供給網の拡大を助け、その目標に向かった計画を後押しすることができる。」

「協力と様々な産業にわたっての民間部門からの技能、革新と資源の共有を通して、環境技術の開発はより速く成長する。どんな新製品も、そうして新しい収益の流れになりうる。」

しかし、2つかそれ以上の会社が環境技術計画に彼らの運命を一緒に投げると決める時、プライヴァシー、知的財産権、そして商業的実現可能性への妥協についての懸念はすべて取り組まれなければならない。

しかしながら、英国のエネルギー会社SSEが西ヨークシャーでのフェリーブリッジ発電所での炭素捕獲計画で証明したように、これらの問題は克服でき、そしてされている。

去年の遅くに始められたその計画は、5メガワットの石炭火力発電所から排出される1日当たり100トンの二酸化炭素を捕獲するためにはじめられた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

最高のことは小さな包みで来るだろう - リサイクル

1月
06

原料の削減、改善、再利用は作り手と買い手に利益を供給する

来春、合衆国の買い物客はトリガーノズル付の3種洗浄液分配機を買うことができる。それは3つの液体を切り替えるねじれ機構を持っており、一方で詰め替え可能のハンドルには使うときにそれらを薄めるための水が入っている。

顧客は、グラス、キッチン、バスルーム、家具、そして絨毯のためのカートリッジから3つの洗浄剤を選ぶことができる。

「この試作では、最初の問題はそれが使うのが難しかったりうまく動かなかったりするかもしれないという疑念を克服することだった。」そのスマートツイストを作るウィスコンシンのSCジョンソンの、最高持続可能性責任者ケリー・M・セムラウは語る。「しかし、最後には、人々はそれを返品したいとは思わなかった。」

その放送をより持続可能にするというジョンソンの努力と調和して、スマートツイストは1本の26ozトリガーボトルよりも64%少ないプラスティックしか使っておらず、個別カートリッジはその非濃縮型の同等物よりも80%軽い。

SCジョンソンはまた、プレッジ、ショウト、ウィンデックスといった製品の濃縮詰め替え袋を発売しようとした時、消費者の懐疑にも合わせた。その袋はうまく注げるよう設計されていたが、人々はそれを信じなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

資本主義者の機械を直す

10月
22

アメリカの起業家精神を生き返らせる幾つかの賢明な考え

アメリカは、第二次世界大戦以降ずっと世界で最も重要な成長機械だった。1950年代と60年代に、そのGDPは、その経済の成熟にもかかわらず、年に3%成長した。1970年代には、それはスタグフレーションを我慢したが、レーガン革命が起業家精神を生き返らせ、その成長率は1990年代には3%に戻った。その機械は、アメリカにとってと同じように世界にとってもよい。それは、資本主義の福音を広げ、アメリカンドリームをグローバルドリームに変えるのを助けた。

今、その成長機械は困難に見舞われている。それは2007-08年の金融危機でほとんど爆発した。しかし、それ以前であっても揺れ動いていた。その機械の三つのもっとも強力なピストン(資本市場、革新、そして知識経済)を調べると、それらが10年間うまく機能していないことを発見する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新品 - 新興国企業のブランド戦略

8月
18

新興市場の会社は世界的ブランドを打ち立てようとしている

アメリカ人は、中国が彼らの国を乗っ取ろうとしているという計画について心配するのをやめることができる。最悪のことはすでに起こっている。7月25日に、中国のコンピューター会社レノヴォがナショナル・フットボール・リーグのスポンサーとなる契約を発表した。アメリカは筋肉の硬直したラインバッカーを提供し続けるかもしれないが、中国人は彼らの取っ組み合いを可能にする賢いラップトップやデスクトップを提供する。

レノヴォは、不十分な給料を補完したいと思った中国科学院の11人の技術者によって1984年に設立された。それは、中国でその事業を打ち立てるのに何年も費やした。しかし、それから、それは2005年に世界的シーンに乱入し、それがIBMのシンクパッドPC事業を買った時、アメリカ議会を混乱させた。その会社は、今では世界で2番目に大きなPCメーカーで、間もなくヒューレットパッカードからトップの地位を奪おうとうかがっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

次の10億の買い物客のための戦い - 消費財

7月
14
プロクター&ギャンブル(P&G)とユニリーヴァの永遠の戦いは発展途上世界で激化している
 
パリへの旅は誕生日を祝うのにふつう悲惨な方法ではないが、今年のボブ・マクドナルドにとってはそうだった。6月20日に59歳になった時、過去3年間P&Gの社長だった彼は、そこでドイツ銀行によって開催された会議にて口ごもり申し訳なさそうな演説をした。その世界最大の家庭用品と個人医療製品の会社にとって次の四半期が期待よりも低いものになると予測し、革新とより広いその戦略の執行の両方でその会社が根深い問題を持っていることを認めたのだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

よいビジネス、よいビーチ - CSR

6月
02

企業の社会的責任は進化しており、少し風変りではなくなってきている

6月17日に、活動家のどよめきが、倫理的ファッション・イニシアティヴと呼ばれるものによって資金援助を受けた「持続可能な未来のための良い事 業」についての会議で、リオ・デ・ジャネイロに集まる。彼らは、綿の社会的帰結について語る農民や「価値」という言葉の意味を議論する神学者の話を聞く。 彼らがまたリオの美しいビーチやかつてP.J.ルーケが表現した「衣料という地球の貴重な資源をほとんど」無駄にしないビーチの常連を賞賛するのは疑いが ない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大きくて賢い

12月
31

なぜ大企業はしばしば小さな企業よりも革新的なのか

酒飲みは大きくも賢くもない、という人がいる。英国のコミックのVizは、ある読者からの手紙でその討論を解決した。彼は、「私は毎日15パインツを飲み、6フィート3インチの身長で、理論物理学の教授だ。」と言ったのだ。しかしながら、大きさと賢さについての別の問題はまだ解決されていない。大企業が革新の最もよい触媒なのか、それとも小さな会社の方がよいのか?

このコラムがその名にちなんでいるヨーゼフ・シュンペーターはその両面について論じた。1909年に彼は小さな会社の方が革新的だと語った。1942年には彼は考えを変えた。大企業の方が新製品に投資するインセンティヴをより多く持っていると決めたのだ。なぜなら大企業はより多くの人々に新製品を売ることができ、より多くの報酬をより早く手に入れることができるからだ。競争的な市場では、発明はすぐにまねされるので、小さな発明家の投資はしばしば元を取れない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

違う考え方をしろ

8月
15
クレイ・クリステンセンは、革新者たちにいくつかのルールを規定する。しかし、革新は学ぶことができるのか?
 
革新は現在における聖杯に等しいものだ。豊かな国の政府は、それを経済停滞を食い止める方法だと見ている。貧しい政府はそれを成長加速の方法だと見ている。そしてビジネスマンはどこでもそれを生き残りの鍵だと見ている。
 
それは、クレイ・クリステンセンをガラハッド卿に近い存在にしているものだ。14年前、ハーヴァード大学の騎士のクリステンセン氏は、その科目の勉強に、「破壊的な革新」という言葉で一般化した本である「革新者のジレンマ」で持って、革命をもたらした。今月、彼は、ジェフ・ダイヤーとハル・グレガーセンとの共著で「革新者のDNA」という新しい研究を発表した。それは我々を成功した革新者の心の中に連れていこうとしたものだ。彼らはどのようにそのビジネスに取り組むのか?それは普通のやり方とどのように違うのか?そして会社はどのように彼らの精神的習慣から学ぶことができるのか?
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

失敗すればするほど、うまく失敗できる

4月
22

失敗をうまく管理すれば会社はそれから多くを学ぶことができる。

ビジネス作家はいつも成功の祭壇を崇拝してきた。トム・ピータースは「In Search of Excellence」でスーパースターになった。スティーブン・コヴィーは「成功する人の7つの習慣」で1,500万部以上を売り上げた。マルコルム・グラッドウェルは彼の3番目の本「Outliers」に「成功物語」という賢い副題をつけた。この成功への執着は、最新流行のマネジメントをいっそう目立ったものにした。「ハーヴァード・ビジネス・レヴュー」の4月号は失敗の特集で、他の投稿者とともにP&Gの成功した前社長のA.G.ラフレーを取り上げ、「成功よりも失敗からより多く学べる。」と宣言した。最新のイギリス版のWeird誌はその表紙で、「最初に失敗し、それから成功しろ。ヨーロッパの会社がシリコンヴァレーから学ぶ必要があること。」と銘打った。コンサルタント会社のIDEOは「早く成功するためにたくさん失敗しろ。」というスローガンを作り出した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
P&G を購読