香港

悪い記憶 - アジア金融危機

12月
21

1997-98年の地域金融危機のこだまが騒々しいが、誤っている

同じ川に2度入ることは決してできないが、それは忘れられないほどに親しんで見えるかもしれない。だから、最近アジアの通貨と株式市場がのたうちまわるにつれて、投資家と評論家が1997-98年の金融の嵐の亡霊を召喚するのは、驚くことではない。その危機は最初にタイで起こり、それからインドネシアと韓国がIMFの救済下に入った。それは地域経済を破壊し、インドネシアは32年間のスハルト独裁を倒した。フィリピンとマレーシアは、ひどいけがによろめいた。いま、その地域の市場関係者は、シリアでのアメリカ主導の軍事行動の可能性の帰結についての恐れが増すにつれて、そこが再び感染し、さらに悪くなることに神経質になっている。にもかかわらず、川は変わっており、不注意な人々を押し流しそうもない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ついに人気を博している - 教育技術

9月
09

新技術がアメリカの学校を、それから世界の学校を混乱させるとみられている

シカゴのサウスサイドの小さな学校で5-6歳の年齢の40人の子供たちが静かに座って教室で学んでいる。それぞれの前には、リーディング・エッグスと呼ばれるソフトウェアが走っているコンピューターがある。短い物語を読んでいるものもあれば、学んでいる言葉で文章を作っているものもいる。最も遅れているものは、空を飛んでいるすべての大文字と小文字のBSを攻略している。彼らがそれぞれの仕事を終えるにつれ、彼らは読み書きでどれだけ進んでいるかを示す漫画の地図を進む。道に沿って、彼らはゲーム内の分身の邸宅に家具を備え付けるための道具のようなものを買うのに使うことができる卵を集める。時々、ある子どもは、二人の監督教師のうちの一人とともに、予定された読書時間を過ごす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

勇敢な新しい提案 - チベット政策

9月
01

高官の中には少なくともチベットについての政策に疑問を持ち始めているものもいるという歓迎すべき兆候

中国外部で共産党のチベット政策が機能していると考えているものはほとんどいない。経済的開発と政治的抑圧の組み合わせは、チベット人を中国の支配に甘んじさせ、その亡命中の精神的指導者ダライ・ラマへの彼らの忠誠を捨てさせるつもりだった。代わりに、特に若者の間で、不満は依然として充満している。そして、中国のすべてのチベット人地区で、チベット人たちは依然として、時にはおおっぴらに、ダライ・ラマの肖像を掲げている。2011年3月以来、特に中国人がチベット自治区(TAR)と呼ぶものと接する省のチベット人地区で、100人以上のチベット人たちが焼身自殺を図っている。ほとんどは、幾分かはダライ・ラマの帰郷を要求してそうしている。圧倒的な治安の存在とダライ・ラマの非暴力への関与は、その不穏さが簡単に抑えられことを意味する。だから、中国の指導者たちが未来への暗い結果について懸念しているということを示唆するものはほとんどないのだ。彼らのチベット支配は大きく威圧的な軍隊の不定期の展開によってのみ維持される、と言うものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たなる進路 - チベット

8月
27

チベットでの異なったやり方への提案は、中国の中にその政策がうまく行っていないことを知っているものがいることを示唆する

中国高官の中のチベットについての伝統艇な知恵は、現在のダライ・ラマが亡くなれば、チベット問題は解決するだろう、と言うものだ。中国はその山がちの地域にきつい支配をしており、それがすべてのカードを持っていると信じている。それは、ダライ・ラマの次の化身を選ぶことができ、それがそうなのだ。

だから、チベットウォッチャーたちは、今月香港の雑誌に掲載されたチベットについての主導的な中国人学者のインタヴューを、驚きの関心を持って迎えた。そのインタヴューの中で、この世代でほとんど初めて、ある上級政府顧問が、継続する政治的抑圧を伴った経済開発という中国のチベット政策が機能しておらず変化が必要だと示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新たな主人たちと指揮官たち - 中国の外国の港

8月
18

中国の成長する外国の港湾帝国は、攻撃のためではなくおもに交易についてだ

地面からでは、コロンボの港は大きいようには見えない。それに入る人々は、有刺鉄線の柵、植民地時代にさかのぼる壁、そしてセキュリティポストにあいさつされる。外洋でのさみしい夜の後で港を後にする船乗りたちにとって、B52ナイトクラブとスタリオン・パブの楽しみは過失を遠ざける。しかし、スリランカの首都の増加する超高層ビルの一つの上からみると、何か異常なことが起きていることがはっきりする。中国がインドの南端からわずか200マイルの所に海運ハブを作り出しているのだ。

その古い港は狭苦しく、コンテナでいっぱいになっている。その左側には、巨大な新しい防波堤が海に向かって湾曲している。それと並んで、1隻の中国船がちょうど3つの巨大な中国のクレーンを、中国の会社によって建設され、別の中国企業に支配された組織によって運営される新たなコンテナターミナルに、届けたところだ。そのターミナルは7月に開業し、2014年の4月に完成する。古い港は現在の能力に到達するのに何世紀もかかった。中国は、30か月でそれをほぼ倍にしている。完全操業すれば、それはコロンボを世界で世界上位20のコンテナ港の一つにするだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

コンテナ、そして異議を含む - アフリカの角

6月
24

戦略的な港がさらに政治的に脆弱になっている

赤い船積みコンテナがインド洋を渡ってきたばかりの貨物船の脇のタンドールのように熱いドックの上のクレーンにつるされている。突然、何かが少し間違うようになっている。そのコンテナは、足によって滑るかもしれない。何の害もなされていない。たぶん機械的な欠点のせいだろう。またはオーヴンのドアが開くように感じられる突風のせいかもしれない。明るいヴェストを着た男たちが、パニックを起こしてドックの周りを走り回り、犯人を見つけようとしている。ジブチでは、港がすべてだ。

この紅海上の元フランス領ほど一連の桟橋に頼っている国はない。シンガポールや香港のような、同じように港として始まったほかの国は、ここ数十年で多様化しているが、ジブチはそうではない。それは、金融サーヴィスの中心となるための熟練労働者が不足している。しかし、関連しない三つの発展のおかげで、それはかつてないほど並外れた積替えの中心になっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

別れるのはとてもとても難しい、ヤフー! - 中国とアメリカのインターネット

6月
09

アリババとヤフーは別れることに合意する

「友敵」という言葉は、ヤフーとアリババとの間の7年間の関係を表現するために発明されたのかもしれない。2005年にヤフーがアリババの株式を10億ドル取得することによって固められたそのアメリカのインターネット会社と中国のeコマースの巨人との間の連携は、天国で作られた組み合わせだと思われた。

ヤフーはアメリカの現金と技術、そして既にほかの中国のインターネットの起業家に触発された台湾生まれの社長ジェリー・ヤンを提供した。アリババは、eコマースにとって当時世界最大の未開発の市場へのアクセスを提供した。悲しいことに、その2社はすぐにお互いに皿を投げ合った。彼らは、検閲からアリババのオンライン支払事業アリペイのスピンオフに至るまですべてのことについてけんかした。1年以上にわたる言い争いの後で、彼らは5月20日に多少なりとも友好的に別れる取引を発表した。

それは両方の側の株主にとって救いだろう。アリババの元気のよい社長のジャック・マは、それが株式市場での資金調達を追求できるように、ヤフーからその会社を自由にすることに熱心だった。一変させようと苦労しているのでふけのようなボスたちを落としているヤフーは、その長期にわたって傷ついている投資家に現金を戻すことによって彼らをなだめることに熱中している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

香港 を購読