トム・ブルケ

青からのヴォルト - 電力市場改革

6月
08
政府は電力市場の抜本的な改革を始める
 
1974年に保守党政権は石炭在庫が徐々に少なくなることを懸念して、電力を保つために週3日制を制定した。採鉱者による産業の反応が、当時不足の責任があった。今、政治家は、もしそのエネルギー部門の更新をすぐにしなければ、英国が再び停電に直面しうると警告する。そしてもしその警告が劇的ならば、電気が生産され取引されるやり方を変えるという政府の提案は、それに劣ることはない。
 
英国は今、非常に規制されていない、競争的なエネルギー市場を持っている。しかし、そのシステムをそのままにすることは、エネルギー大臣のエド・デイヴィが5月22日に起草原案を紹介した時注目したには、「国益に沿わないだろう。」ということだった。多くのその国の発電所は、非効率だったり、汚染していたり、古かったりするために、閉鎖に直面している。エネルギー会社は、新たな設備に投資するよりも、その資産を酷使する傾向にある。結果として、発電能力の20%程度は10年以内に動作しなくなる。英国はまた、多くの場合、商品をむき出しの外交の道具に使うロシアから、ますます輸入に頼るようになっている。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
トム・ブルケ を購読