ブルームバーグ・ニュー・エネルギー・ファイナンス

サンテックの日没 - 太陽光発電

4月
21

困難を抱えた事業の厄介な破産

大きな中国の太陽光発電パネルメーカーのサンテックの破産は、地球規模の太陽光発電産業の合併のラウンドに火をつけるのだろうか?初期の兆候はあいまいだ。魅力的で技術をよく知った創業者施正栄(Shi Zhengrong)の下で、サンテックは開拓者だった。それは、2005年に上場した最初の中国の太陽光発電会社だった。公的信用と補助金に支えられ、それは簡単に量において世界最大の太陽光パネル業者になった。

今、サンテックは、太陽光崇拝者の間で禁句になっている。3月15日に、それは5.41億ドル相当の転換社債の支払いができなかった。3月18日に、その会社に債権を持っている地元銀行が忍耐を切らし、それを訴えた。すぐ後に、地元裁判所はそれが破産したと宣言し、債務の再構築を始めるよう命じた。

サンテックは、その群れの先を走っていたので、よろめいた。調査会社ブルームバーグ・ニュー・エネルギー・ファイナンス(BNEF)のジェニー・チェースは、太陽光技術はとても速く進歩しているので、それは「後発者利益」を作り出している、と論ずる。彼女は、新しい光電池(PV)製造工場は5年以内に時代遅れになると計算する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

目標達成のためにより強い政治的意思が必要とされる - 環境技術と政治的意思

1月
05

世界の環境問題を反転させるつもりならば、政府、事業、そしてNGOは協力しなければならない

合衆国国民と機関がハリケーンサンデーの後の破壊によって損害を受けた社会資本の再建に乗り出すにつれて、将来の嵐に対してどのように守るのが最善なのかという議論が浮かび上がるのは疑いないだろう。しかし、電力、交通、そしてほかの制度の改良がその答えの一部である一方で、片づけもまた政策立案者が気候の回復力を打ち立てる中で環境技術の役割を考えるのを刺激するかもしれない。

サンデーに対する気候変動の責任の程度ははっきりしない。気候要素の集中は、地球温暖化がなくても、そのような嵐を作り出し得た。しかし、海水面の上昇は、特に海岸地域で、嵐の影響を増加させるだろう。

世界の気候傾向の変化のより強い傾向があらわれるにつれ、温室効果ガス排出の削減によって気候変動を妨げる役に立つだけでなく、気候温暖化と極端な天候事件の影響をも最小化する、環境技術への投資をこれが駆動するだろうと、多くが望んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

太陽黒点 - 太陽光関税

6月
09

アメリカの中国製太陽光パネルに対する関税は危険で無意味だ

太陽エネルギーは、繊細でもしかしたら歴史的な瞬間にある。電子をシリコンのような半導体素材から自由にすることによって、ほとんどの太陽電気を発電するガラス状の光電池パネルの費用は、急落している。過去4年間で、その平均費用は75%以上下がった。発電能力1ワット当たり1ドル以下で、太陽光は今では、特にインドのような化石燃料の代替を持たない、いくつかの日の良く当たる場所で、最も安い電源だ。これは革命のように見え始めている。信頼でき汚染をもたらさないエネルギー供給を欲する者は誰でも、それを歓迎するだろう、とあなたは考えるだろう。

しかし、5月17日に、アメリカの商務省は、その事業で最も安いものを含んだ61の中国の太陽光パネルメーカーに31%の暫定関税をぴしゃりと課した。商務省の紹介に満足に答えられなかった無名の中国の太陽光会社の別のグループは250%の関税を課された。10月に承認されると予想されるこれらの税金は、アメリカで操業するドイツ社のソーラーワールドを含んだ7つの太陽光会社からの反ダンピングの申し立てに対する反応だった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

青からのヴォルト - 電力市場改革

6月
08
政府は電力市場の抜本的な改革を始める
 
1974年に保守党政権は石炭在庫が徐々に少なくなることを懸念して、電力を保つために週3日制を制定した。採鉱者による産業の反応が、当時不足の責任があった。今、政治家は、もしそのエネルギー部門の更新をすぐにしなければ、英国が再び停電に直面しうると警告する。そしてもしその警告が劇的ならば、電気が生産され取引されるやり方を変えるという政府の提案は、それに劣ることはない。
 
英国は今、非常に規制されていない、競争的なエネルギー市場を持っている。しかし、そのシステムをそのままにすることは、エネルギー大臣のエド・デイヴィが5月22日に起草原案を紹介した時注目したには、「国益に沿わないだろう。」ということだった。多くのその国の発電所は、非効率だったり、汚染していたり、古かったりするために、閉鎖に直面している。エネルギー会社は、新たな設備に投資するよりも、その資産を酷使する傾向にある。結果として、発電能力の20%程度は10年以内に動作しなくなる。英国はまた、多くの場合、商品をむき出しの外交の道具に使うロシアから、ますます輸入に頼るようになっている。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
ブルームバーグ・ニュー・エネルギー・ファイナンス を購読