ウィリアム王子

甘くなった慈善活動 - 慈善と税制

6月
24

国家が良い理由での贈与に補助金を出すべきだという考えは活発だが、簡単には正当化できない

「それは心で生まれるべきだ。」英国の大蔵大臣は予算演説で下院に語った。「どんな場合でも、控除はBの負担でAを助けることを意味するのだ。」これは、まったく、慈善団体に益をもたらす税控除をなくそうという彼の主張の真ん中にあるものだ。「それは公平ではない。」彼は続けた。その妻子を養うために働いている「一家の父たち」に、高い税率の形で費用を課すことについてだ。控除によって奨励された贈与は、豊かな贈与者に「そうでなければ享受することができなかっただろう」「信用と評判」をもたらすために、かなり設計されているので、これはなお一層重要だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

金持ちになるために、賢くなるために、 - 結婚の減少

6月
28

伝統的な家族は今では少数民族の領域だ

結婚とそれに関わる多くの浮き沈みは、未だに新聞、雑誌、放送で強力な影響力を行使している。2,300万人近いアメリカ人がウィリアム王子がケイト・ミドルトンと聖なる結婚生活に入るのを見た。さらに多くが、メイドとの間にできた息子を認知したと暴露された後のアーノルド・シュワルツネガーの結婚の終結に溺れた。そして下院議員のアンソニー・ウェイナーの溢れでたつぶやきは、彼の1年間の新婚生活の健全性とその妊娠初期の妻の辛抱についての終わらない憶測を引き越した。

興奮しないことは、アメリカ全土での結婚の惨めな状態が明らかになったことだ。国勢調査局からのデータによると、初婚のカップルは今ではすべての家庭の半分以下(45%)を占めるに過ぎないことを示している。

ひとつ屋根の下にパパ、ママとその子供たちが生活するという類型的なアメリカの家族は色あせている。2010年の調査によると、どの州でも、未婚カップル、子供のいない家庭、そして一人暮らしの数は、子供を持った結婚したカップルからなる家庭よりも早く増えている。後者は1950年には全家庭の43%あったが、今ではたったの20%だ。そしてそのトレンドには大きな階級要因が存在する。伝統的な結婚は、普遍的な儀式から、教育があり豊かな人々の贅沢品へと形を変えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ウィリアム王子 を購読