チェコ

風が吹くとき - ヨーロッパの再生可能エネルギー

2月
09

今年の6月16日日曜日は、明るい日差しとかなりの海上の海風で、暑すぎないことではなく寒すぎないことでドイツ中で「3びきのくま」に出てくるようなちょうど良い日だった。ドイツの太陽光パネルと風力発電にはちょうどよく、そのピークでゆっくりとした週末にドイツの電力の記録的な60%を発電した。しかし、フランスとベルギーもまた、簡単に止めることのできない原子力発電をたくさん持っていた。だから、数時間の間、電力会社はその余剰電力を受け取るよう消費者に支払わなければならなかった。

負の卸売価格は、特にEnergiewendeとして知られる過程で原子力発電から去る強制行進中のドイツを中心にヨーロッパ諸国が再生可能エネルギーに向かうにつれて、より一般的になっている。時にはドイツは多すぎるほどに発電し、またある時にはそれは国境をまたいだフランスの原子力発電所から電力を吸い取らなければならない。そしてドイツの大臣たちは、気候が涼しく、日差しがなく、風が吹かないときに、停電の危険について依然として心配している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鳥の群れは一緒に着陸する - 動物の行動

12月
14

群がる鳥は着陸するときにいかに衝突を避けるか

着陸は飛行の最も危険な部分だ。飛行機のパイロットは、乗客を運ぶことができるようになる前に、何百回も練習しなければならない。それからでさえも、彼らは副操縦士、管制官、そして彼らを助けるためのすべての種類の器具を持つ。そして、彼らは、はっきりとしるしのついた滑走路で、一度に1機だけそれをする。いま、飛行機の群が狭い水面に何の助けも器具もなしで、みんな一緒に着陸しようとしているのを想像してほしい。その結果は、確かに災害的なものだろう。しかしながら、水鳥はしばしば集団になって、めったに衝突することもなく、特徴のない水域に着水する。だから、いかにして彼らはそうするのか?

それを理解するために、プラハのチェコ生命科学大学のハイネク・ブルダと11人の動物学者グループは、地図、双眼鏡、コンパス、そして風速計を準備した。彼らはこれらを持って、1年にわたって、8か国にまたがって、3,338の群に属する14の種類の15,000羽近くの鳥を観察した。動物学前線誌に掲載されたこの鳥類学的なマラソンの結果は、その単純さが特徴的な発見だった。どの方向から鳥の群れが水面に近づいて来ようとも、そのメンバーは普通、地球の磁場の方向で列を作って着水するのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉄道貨物のライアンエアーへの探索 - ヨーロッパの鉄道

12月
11

EUはより多くのものを鉄道で動かしたいと思っている。進歩はゆっくりだ

航空では、民間所有の低価格航空会社の到来が市場を揺るがし、伝統的な国営航空会社を後退させている。しかし、ヨーロッパの鉄道事業では、乗客サーヴィスでは依然としてほとんど競争がない。競争により多くの余地があってしかるべき貨物ですらも、その市場は依然として国有の既存の会社に支配されている。2年前に採用された欧州委員会の『運輸2050』計画は、2050年までにその大陸全土の半分の中距離物流を道路から鉄道(または水運)にすることを約束する。しかし、国境を越えた鉄道「回廊」の設計でいくらかの進歩がなされているものの、より多くの選択と競争がなければその計画はそれほど遠くには進まないだろう。

より新しい、民営の鉄道貨物会社は、その市場に入ろうとする彼らの試みは、既存の企業によって挫折させられていると不平を言う。CERハンガリーの社長ラスツロ・ホルヴァスは、普通鉄道運営と同じく軌道も保有している国有の大企業が、彼の会社のような若い民間企業が拡大しようとするといつでも意地悪になる、と不平を言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

芸術的な解決 - 現代アート

8月
20

ヴェネツィア・ビエンナーレの主要テーマは、いかにして世界はそのような混乱に陥ったか?だ

世界最大の芸術祭ヴェネツィア・ビエンナーレは、単に芸術についてだけではなかった。1930年に、イタリアのファシスト独裁者ベニート・ムッソリーニは、そのビエンナーレの潜在力をプロパガンダのショーケースとして見、彼の執務室からそれを運営した。彼はそのイヴェントがとても成功したとみなしたので、4年後にヒトラーをパーソナルツアーに連れ出した。第二次世界大戦以来、国の関与はより距離を置くようになっている。例えば、英国館はブリティッシュ・カウンシルによって運営されており、アメリカ館に責任を持つ国務省派遣団はヴェネツィアにあるペギー・グッゲンハイム・コレクションへのものだ。

今年、国別館を満たすよう選ばれた芸術家の多くは、ふたたび彼ら自身の国の鼓動を話している。(10年の中断後の)ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、バハマ、(ベスト・パヴィリオン賞をかっさらった)アンゴラ、ツヴァル、そして教皇庁を含んだ、10の新参加国がある。ヴァチカンは、その初登場を、その計画を監督するテレビ映りのいい高位聖職者のラヴァージ枢機卿の言葉で「芸術と信仰との関係を再建する」ために使っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未来へのフラック - ヨーロッパの非在来型ガス

2月
28

ヨーロッパのシェールガスとオイルと抽出することはゆっくりで難しい仕事だろう

シェールガスとオイルは、アメリカをエネルギー自給に進ませ、その経済を手際よく押し上げる。ヨーロッパのシェールガス埋蔵は、大西洋をまたいだところにほぼ匹敵すると言われる。旧大陸はすぐに同じ利益を享受するのだろうか?

ヨーロッパのシェールガスへの望みと現実との不適合は、ウクライナでシェルが非在来型ガスを調べることをできるようにした1月24日に締結された契約にきちんと要約された。ウクライナの政治家は100億ドルの投資だと話した。シェルはより慎重な線を取る。その会社は確かにウクライナ東部でたくさんのガスを見つけたいと思っている。しかし、それは最初に地震テストをし、15本の試掘をする。その結果が失望するものだったら、ポーランドでエクソンモービルがしたように、それは立ち去るだろう。

ヨーロッパの頁岩層が本当にアメリカほど豊富だと証明されるかを言うのはまだ早い。ほんのわずかな試掘しか行われていない。エクソンは探査が最も進んでいたポーランドを諦めるかもしれないが、ほかの会社はより楽しんでいる。どの国が安いガスの富鉱帯を持っているかもしれないか決めるのは、かなり投機的だ、とドイツバンクの最近の報告は指摘する。抽出技術や生産率といった多くのことは流動的だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サッカー熱がポーランドとウクライナでの建設ブームを押し上げる - 中東欧の社会資本

11月
28

ユーロ2012は交通網の分解修理に拍車を提供した

この夏のヨーロッパサッカー選手権の圧力のもとでポーランドとウクライナに起こったように、締め切りは遅れ屋さんを刺激する効果を持ちうる。20年前、両国は荒廃した交通制度とともに共産主義から現れた。穴の開いた道路、ほとんどない高速道路、ガタガタなる鉄道、そして古い空港などだ。現代化の努力は、資本主義の初期の窮乏によって最初追い込まれていた。

ポーランドの2004年のEUへの加盟はEUの構造基金の大規模注入につながったが、官僚主義的当惑は改善された環境を利用するのに長い時間がかかることを意味した。一方、EU外にあり政治的経済的危機に打ちのめされたウクライナは現金を見つけるのに苦労した。

両国を動かしたのは、ユーロ2012選手権と大陸中からの訪問者が交通の崩壊に直面した時のありうる国際的な恥辱だ。

圧力下で、両国の社会資本は東ヨーロッパの範囲を超えてのすべての国で最大の模様替えをしている。

「我々は18か月で5つの新しい空港を建設した。」社会資本に責任を持つウクライナの副首相ボリス・コレスニコフは語る。

その大会に先立つ社会資本への50億ドルの政府支出のばか騒ぎを通して、何千キロものウクライナの道路が再舗装された。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地域は外国との提携に信頼を置いている - 中東欧のアウトソーシング

11月
27

トップ企業は新たに設立された経済的成功の戦利品を分け合う準備をしている

BPが2009年に中欧に事業サーヴィスセンターを立ち上げはじめた時、その英国に本社を持つエネルギー会社はハンガリーを選ぶ前に半ダースの国を調査した。

「我々がサーヴィスセンターを作り出すとき、費用節減を第一とはしておらず、価値を作り出すことを優先している。」BPのヨーロッパ事業サーヴィスセンター長のフィリップ・ウェランは先月のブダペストでの事業セミナーで語った。

「我々にとって、それはすべて、人々の能力、市場に価値を置く技能、産業の安全、経済、そして社会資本についてなのだ。それは政府の支援についてなのだ。」

彼は競争が厳しかったことを認める。「たくさんのほかの国がとてもこれに長けている。同じようにBPがサーヴィスセンターを立ち上げたクラクフは素晴らしい場所だ。しかし、我々がすべてのパラメーターを満たしたとき、ただハンガリーが一番合っていると感じたんだ。」彼は語る。

3年がたち、ウェラン氏は今後12か月でブダペストでの職員数を現在の850人から1,000人を超えるまで増やすことを予想して最近事務所を借り増した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

高いところの不幸 - ウクライナ政治

7月
07
ユーロ2012でボイコットの脅しを受けたことはウクライナの大統領を不快な雰囲気にしている
 
ウクライナは祝福すべきあらゆる理由を持っている。その国の競技場は、その国が勝ち取るために苦労した名誉であるポーランドとの共催のユーロ2012サッカー選手権の準備ができて、きらめいている。首都キエフの主要な妨害物は、それを巨大なブロックパーティーのように見せる、ビール樽への行列だった。しかし、たった一つの渋い顔は、金ぴかの扉の一つの後ろでは誰かが重傷にあえいでいたが、目立っていやな予想の雰囲気がホールを覆っているヴィクトル・ヤヌコヴィッチ大統領の事務所にあった。(職員が「我々の西翼」と呼ぶ)6階へのエレヴェーターの中では、私が彼とのインタヴューに向かった時、ある側近が私にそのボスの気分を盛り上げるよう懇願した。「彼に最初に競技場のことについて聞いてください。ただ彼の気分を良くするために。」その補佐官は語った。「そしてお願いですから、彼の邪魔をしないでください。」
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

アラン B. クルーガー

9月
07

アラン B. クルーガー

アラン・ベネット・クルーガー(1960年9月17日生まれ)は、プリンストン大学で経済学と公共問題でのベンドハイムの教授で、全米経済研究所のリサーチ・アソシエイトである、アメリカの経済学者だ。2009年3月7日に彼はバラク・オバマ大統領により、米国財務省の経済政策担当副長官に任命された。2010年10月には、彼は財務省を辞めることを発表し、プリンストン大学に帰った。彼は、IDEAS/RePEcによると、世界最高の経済学者50人の中に入っている。2011年8月29日に彼はオバマによって大統領経済諮問委員会の委員長に指名された。
 

幼少期

クルーガーはニュージャージー州リヴィングストンで育ち、1979年にリヴィングストン高校を卒業した。
 

経歴

クルーガーは、自然実験の方法を発展、応用し、教育の収入に対する効果や最低賃金の雇用に対する効果などの問題を研究した。

クルーガーは、最低賃金を引き上げたニュージャージーでのレストランの仕事とそうしなかったペンシルヴァニアでのそれを比べ、ニュージャージーでのレストランの雇用が増え、ペンシルヴァニアでのそれが減ったことを見つけた。その結果は後に粉砕された。

「テロの経済学:人はなぜテロリストになるのか(2007)」で、彼は、テロリストが貧困の教育を受けていない環境から来るという仮定に反して、彼らはしばしば中産階級の大学教育を受けた背景から来ると書いた。
1994-95に、彼は米国労働省で主席エコノミストとして働いた。彼は、カーショウ賞、マハラノビス賞そして(デヴィッド・カードと共に)IZA賞を受賞した。彼は、アメリカ芸術科学学会、労働経済学者会、そしてアメリカ政治社会科学学会のフェローである。彼は、チェコ共和国のプラハにある学術研究所CERGE-EIの幹部・監督者委員会(ESC)の委員である。

クルーガーはコーネル大学の産業労働関係学部で(優等で)学士号を取り、1987年にハーヴァード大学で経済学のPh.Dを取得した。彼はまた、教育、労働市場、所得配分といった問題に関連した多くの本を出版している。彼はまた、環境クズネッツ曲線についての彼の研究で知られている。2000-06に彼はニューヨーク・タイムスの経済シーンのコラムを担当した。

Wikipedia 英語版より
Original page was last modified on 2 September 2011 at 19:06.

Posted By gno-eagrai 続きを読む
チェコ を購読