ドバイ

E-教育 - 教育と技術

9月
09

長く遅れていた技術的革命が、ついに進み始める

「人間の知識のすべての枝を動画で教えることは可能だ。」トーマス・エジソンは1913年に観察し、本が教室で間もなく時代遅れになるだろうことを予言した。実際には、動画は教育にほとんど影響を持っていない。最近まで、同じことがコンピューターにも当てはまった。1970年代以来、シリコンヴァレーの夢想家が彼らの産業が教室を事務所と同じくらい根本的に変えるだろうと主張し、その裏でたくさんの技術を学校に売っている。子供たちは調査、論文制作、そしておしゃべりにコンピューターをつかう。しかし、その制度の中核は中世以来ほとんど変わっていない。「舞台上で賢明な」教師が、学生の列に、「授業」をとうとうと弁ずるのだ。トム・ブラウンとハックルベリー・フィンは、それを瞬時に、そして震えて認識するだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

離陸への準備が十分とは言えない - アフリカの航空会社

8月
19

アフリカの低価格航空ファストジェットは立場を打ち立てるのに苦労している

最近、ウォルザー・オニンゴがケニアの首都ナイロビでの大学の仕事から故郷に戻るのは、飛行機で45分だ。その工学教授が湖畔の町キスムに到着するには、骨をゆするバスに8時間乗ることが必要だったものだ。今、彼は週末にさっさと帰る。彼は、そのバスが「することのない人々」のためのもので、時間を因数分解すると飛んだ方が安い、と語る。

片道バスチケットは15ドルだが、格安航空のFly540の到来で、彼は110ドルで飛ぶことができる。以前には、国営航空会社のケニア航空でのチケットは200ドル近かった。混雑した金曜の朝の便には、スーツを着た弁護士、大きな帽子をかぶった結婚式参加者や日帰りの葬式参列者がいた。午後の戻りの便は、徴税人に人気がある。最近まで、彼らの多くは穴の開いた高速道路を車でがたごと走ったものだ。

国際的航空会社団体のIATAは今週ケープタウンで年次総会を開き、アフリカ政府に、飛行機旅行の能力のほとんどで成長を押し上げさせるために、航路を自由化し燃料やチケットへのしばしば煩わしい税金を削減するよう要求した。「アフリカ大陸ほど飛行機産業の潜在力が大きなところはない。」IATAの事務総長のトニー・タイラーは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

情熱を消費する - ハラール事業

7月
31

ムスリムの消費者は、肉と金融についての伝統的な宗教的条件の先を見ている。楽しむときだ

「メッカとメディナでさえも、人々は肉体関係を持つ。」「称賛されるのを感じ、愛されるのを感じ、官能を感じる」とのスローガンの下で、同じ宗教の信者のために「官能の店」(「セックスショップ」ではないと彼は主張する)を経営するオランダ人ムスリムのアブデラジズ・アオラーは語る。アラビア語で「社会」を意味するEl-Asiraは、オンラインとアムステルダムの空港で販売する。売れ線商品には、マッサージオイルやランジェリーが含まれる。今年の売上は100万ユーロ(129万ドル)と予想される。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカへの案内

3月
22

なぜフロンティア市場の投資家は案内人を必要としているのか

段ボール箱は格好良くない。しかし、それは有益だ。ローリーいっぱいの卵を包装なしで農場から店に移そうとすることを想像してみるとよい。箱はものを持ち運ぶのを簡単にするので、それにより店は幅広い品種のものをより安い価格で並べることができる。だから、段ボール工場をアフリカで経営することは、アフリカ人の皿の上により多くのより良い食料を置くことになる。

ウガンダのライリー包装工場は、すごい光景だ。壁から壁まで、そして床から天井まで、それは大量の巻紙を詰め込んでいる。訪問者は、トイレットペーパーの山を見つめる蟻のように感じる。経営コンサルタントは訊ねるかもしれない。なぜライリーは、3か月分というこれだけ多くの在庫を遊んで床に積み上げて持つ必要があるのか?確かにその会社の資本を使うより方法があるのでは?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ウンマへの金融 - イスラム金融

1月
18

マレーシアはイスラム金融の突撃を主導する

マレーシアが誇るべきものの中で、金融サーヴィスでの指導力は明らかなものではない。だが、いくつかの点で、その国は世界で最も重要なイスラム金融の中心だ。資産に置いてその国の銀行制度の1/5を少し超えた部分がイスラム法に従っている。ムスリム諸国の平均は12%かそこら、しばしばそれよりも低い。マレーシアはイスラム債権であるスクークの世界的市場を独占している。その国は世界最初のスクーク国債を2002年に発行した。2012年の最初の9か月間で、その国は世界の総スクーク発行のほとんど3/4を占めていた。マレーシアにはまた、「イスラム金融の思想指導力のための」国際標準決定機関であるイスラム金融サーヴィス委員会の本部もある。

その国はいかにしてこのニッチを切り開いたのか?マレーシアのムスリム遺産、外部志向の性質、そして英国やシンガポールのような金融ハブとのつながりが、その場所を宗教の世界と資本主義を橋渡しする天然の候補者にしたのだ。中央銀行のバンク・ネガラ・マレーシアもまた協力的だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

よいビーチとよい買い物 - 驚くべきソマリア

7月
01
ソマリアの首都の若返りは、たとえイスラム過激派が打ち負かされたことからかけ離れているにしても、望みのある兆候だ
 
明白な危険にもかかわらず、バデル・シェイフ・モハメドは、中央のK4ラウンドアバウトのそばにある彼の印刷屋サイン・ジェットの、金属のシャッターを取り換えるために、ガラスの窓を買っている。それは、最近まで考えられなかっただろう、戦争で切り裂かれたソマリアの首都の未来への信頼への小さな行動だ。中では、新しい事業の宣伝のための鮮やかな看板を盛装して、印刷機がかつてないほどに忙しい。店番、レストラン主、旅行代理店、そして送金仲介者は彼の最高の顧客で、多くが何十年にもわたる国外脱出の後で外国から戻ってきた人々だ。既存の事業は手書きの看板をレーザープリントされたものに変え始めている。「1年前、ここには何も開いていなかった。」戦争が長い間標準だった町で進歩を当然のことと思うことに対する警告の前に、シェイフ・モハメド氏は語る。「我々は、平和がやってきて、平和よりも良くなると考えるが、何の保証もない。」
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
ドバイ を購読