農業

茶色と金色のブレンド - コピ・ルアク

1月
03

世界で最も高いコーヒーの真贋を試す方法

世界でもっとも高価なコーヒーはくそだ。それは意見ではなく、事実だ。コピ・ルアクを作るためには、もちろん高品質の豆を作ることから始めなければならない。しかし、それからそれらをパームシヴェットに食べさせ、それらがその動物の消化器官を通り抜け(通るときにその多肉質な外側を消化させ)るのを待ち、それらが反対側から出てくるときに集める準備ができるのを待たなければならない。その結果、きれいにされ、発酵され、乾燥され、炙られ、挽かれ、淹れられると、カップあたり80ドルもの値段で売られる。この明らかにばかげた値段の理由は、シヴェットの胃の中でそれらが経験した化学反応のその豆の風味への途方もない影響だ。

その価格を考えると、たくさんのまがい物や不純なコピ・ルアクが、本物と同じように売られている。そして今まで、それを検知するための信頼できる方法はなかった。購入者は、騙されている風味から考えるかもしれないが、それを証明することはできない。

日本の大阪大学の福崎英一郎は、それを変える計画を持っている。農業食料化学誌で描くように、彼と日本とインドネシアの彼の同僚は、コーヒーの中のシヴェットの要素を信頼して検知することができると彼らが信じる、化学試験を開発している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

25万ポンドとフライ - 人口肉

11月
04

工場で作られた肉からできた世界初のハンバーガーが出されたところだ

無料のものとして、それは失望だった。8月5日にロンドンのテレビスタジオに押し込まれた世界のメディアの100人強の代表の中で、出された食事をひと噛みでもしたものは誰もいなかった。けれども、彼らが得たものは、食事の将来だと判明するかもしれないものだった。他の人が消化するのを目撃するために彼らが集まったその食事は、研究所で一から育てられた肉からできた世界最初のハンバーガーからなっていた。

その140グラムのパティに大きく欠けていたのは、それをなす価格だった。グーグルの共同創業者セルゲイ・ブリンが幾分かは負担した25万ユーロ(33万ドル)で、それは史上最も高い食べ物の一つに数えられなければならない。シェフの用心深い目の下で数分間鍋でジュージュー焼かれた後で、そのバーガーは二人の事前に選ばれた試食者に出された。栄養科学者と食べ物作家だ。「肉のよう」だが「それほどジューシーではない」という彼らの意見は、その肉を育てたマーストリヒト大学のマーク・ポストを不安にはさせなかった。実際、同じく彼の創造物のいくらかを知っていたポスト博士は、それを「良い始まり」だと呼ぶすべての理由を持っていた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

カリウムが豊富だ - 肥料価格

10月
09

カリウム価格制度の歓迎すべき大変動

カリはめったにそのような興奮は経験しない。肥料の中でさえも、それは一番上の請求を争っている。リン酸と窒素の地球規模市場は、カリがもっとも一般的な形態であるカリウムの上に位置している。しかし、今週の、世界供給の約1/5を生産するロシアの大手ウラルカリが大きなベラルーシの生産者との価格カルテルをやめたという発表は、その商品を大衆の目に押し込んだ。その動きをOPECを去るサウジアラビアになぞらえるものもいる。

カリの生産者は一般的に静かだが、利益を上げる。2010年のBHPビリトンによるカナダのポタッシュコープへの400億ドルの買収提案が、それが見出しを飾った最後だった。BHPは、世界が養うべきかつてないほどの口を加えるにつれて安定して成長する見通しがあり、運ぶのが簡単な、かさばる商品の見た目を好んだ。その取引は失敗に終わったが、BHP、ヴァーレ、そしてほかの鉱山会社は、依然として大きなカリ計画を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

根を置いている - ロボット植物

10月
05

どの植物が地下に到達するかのロボットモデル

庭、牧草地、または森林を見るとき、ほとんどどの植物も半分が地下にあるということを人々はしばしば忘れる。茎、葉、そして花はかわいらしい。しかし、植物の根は、醜く目には見えないけれども、たぶん彼らのもっとも巧妙な部分だ。それらは、育っている土壌の物理的特性と化学的構成についての情報を集め、それをどちらの方向に育ち続けるのかを決めるために使う。それらは、ミミズ、モグラ、そして人造のドリルが費やすエネルギーのほんの一部を使って、地面を貫通することができる。植物の根は、それ故に、地下探検のために知られるもっとも効率的な仕組みだ。

しかし、たぶん、もうそれほど長いことではない。ポンテデーラのイタリア技術研究所のバーバラ・マッツォライに率いられた、プラントイド計画について働く研究者たちは、よりよくはないとしても、本物と同じくらい良いロボットの植物の根を開発したいと思っている。そうする中で、彼らはいかに実際の根が機能するか理解し、土壌汚染を監視し鉱物を捜し水を探すかもしれない機会を案出しようとしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

豆の話 - 植物の通信

9月
15

野菜は、その間でのメッセージを運ぶのに菌を使う

植物が、危険が近づいた時に警告を発するのに使う地下のインターネットを開発しているという考えは、どんな種類の科学的事実と言うよりも、ジェームス・キャメロンの映画『アヴァター』のSFのように聞こえる。しかし、もしアバディーン大学のデヴィッド・ジョンソンによる研究が従うべきものであるのならば、事実はそうでありそうだ。ジョンソン博士が信じるところでは、彼は、インターネットのように、もしその隣人の一つがアブラムシによって攻撃されたら、菌糸が現地のWi-Fiの代わりとなって、豆の主茎に危険を警告することを示している。

これを示唆する実験は、トマトが葉枯病にかかった時、たとえ問題の植物の間の空気の流れがすべて除去されても、近くのトマトは感染の発生を防ぐ遺伝子の活性化を始める、という、2010年の中国人チームによる発見を追いかけていた。この研究を行った研究者たちは、その菌糸が(食料の代わりにトマトに鉱物を提供するという形で)トマトと共生し、またその植物をお互いにつなげるネットワークを形成する土壌菌を知っていた。彼らは、証明できなかったけれども、危険を知らせる分子がこの菌のネットワークを通して伝えられたと推測する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

詰め込まれた - 農業

9月
11

下院は農場法案を拒絶する

少なくともここ40年間で初めて、下院は農場法案を6月20日に拒絶した。罪のなすりあいが飛び交っている。共和党は民主党が「統治できない」と言う。民主党は共和党が「アマチュア」だと言い返す。豊かな農民への費用の掛かる給付で詰め込まれたその法案は、ほとんど悲嘆する価値がない。しかし、2つの側が一緒に働けなかったので、真剣な改革の可能性はいま離れているようだ。

5年ごとに更新にかけられるその農場法案は、2つの大きな関連しないものを調整しなければならない。(連邦政府が食料スタンプを与える)貧者の苦境の緩和と(政府が補助金を与える)農民を甘やかすことだ。納税者はこのすべてに10年にわたって1兆ドルを払い、うち1/5は農民へ、4/5は金に困った家庭へ行った。

伝統的に、その法案は、農業州の共和党員と都市部の民主党員に同じようにごちそうした超党派のものと考えられる。これは、それが普通騒ぎなく可決することを意味する。しかし、去年と今年はそうではなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカでの珍しい食肉の成功 - ザンビーフ

8月
18

ある急成長する食品会社が、その本国を越えて顧客を探している

ザンビアの首都ルサカの贅沢な場所にあるショッピングセンターのマンダヒルの上得意は、とても締まって大ぶりなその牛肉と鶏肉が好きだ。そのモールにある、南アフリカのスーパーマーケットチェーンショップライトの支店で売られている肉は、12切れにまで切られてトレイでやってくる。肉は週に3回届けられる。切断、整え、味付け、そして包装は、展示キャビネットの後ろにあるガラス張りの部屋で、厳しい基準に沿って行われる。見ることのできる肉屋たちは、車でそこに買い物に来る富裕なルサカ人にとって、新鮮さの象徴のようなものだ。その店は全ショップライト帝国の中で最も繁盛していると言われる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

飼い葉桶で - 農業

8月
10

ひどい農業法案が反対に直面している

ブルース・スプリングスティーンはかつて「いま簡単にカネを稼ぐためにその町に進むんだ」と歌った。簡単な金が行くので、農業補助金を打ちのめすことは難しい。アメリカの農民への支払いは、1995-2012年の間においしい2.56億ドルだった。もっとも大きな補助金はもっとも豊かな農民に行った。財政タカ派の上院議員トム・コバーンによる研究によると、これらには有機農民に土地を貸すスプリングスティーン氏自身も含むという。そして、別のロッカーのジョン・ボン・ジョヴィは、ミツバチを育てている不動産で、たった100ドルの所得税しか支払っていない。納税者は、彼がもはや「livin’ on a prayer」ではないことを知ってうれしいだろう。

5年ごとに、議会は新しい農業法案を考える。問題を混乱させ、さらなる票を集めるために、その法案は一般的に2つの完全に別の問題を扱う。(連邦政府が食料スタンプを与える)貧しい人々の苦境と(政府が緩和しようとしている)農業の予測不可能性だ。異様に上院に多くの代表を送り込んでいる地方の州からの政治家は、明白な理由で農業法案を支持する。多くの都市部の政治家も、少なからず彼らの有権者が食料スタンプに頼っているので、それらを支持する。今回、珍しく、農業法案は戦いに直面している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

自給しろ - ナイジェリアの農業

6月
25

ナイジェリアがその農地を改良できさえすれば

「ほしいモノリストがあるならば、」東部ナイジェリアタラバ州の農民ルカ・アブグは語る。「私はトラクターがほしい。」「農業はゆっくりとした骨の折れる仕事で、私はしばしば労働者を雇わなければならない。自分が60歳くらいだと考えているアブグ氏は語る。農業は依然としてナイジェリアの最大の雇用主だが、そのほとんどは、単なる自給農家だ。農民は、古来の初歩的な方法と基本的な道具を使う。タラバのいくつかの場所で事態は変わっているが、あまりにゆっくりだ。その国の、最新で、ここ最近では最も精力的な農業・自然資源相アキンウンミ・アデシナは、速度を上げる決心をする。

ナイジェリアの政府は、大規模農業の潜在性について皆大きく話すが、その国は依然としてその緑の革命を待っている。国家統計局によれば、ナイジェリアの1.67億の人々のうち60%程度は農民だ。中央銀行は、今年の後半にすべての数字が「再計算」されれば下がりそうだが、農業はGDPの41%を占めているという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鳥のえさに及ぶものはない - ナイジェリアのジンバブエ人農民

5月
20

なぜナイジェリアでの商業的農業はそれほど難しいのか

18人の白人ジンバブエ人農民が当時の知事の招待に応じてナサワラ州の土地のまとまりに定住してから7年後に、たった一家族しかそこに残っていない。他の人たちはみな絶望で諦めたのだ。35歳のブルース・スペインとその父で66歳のコリンは、その豪胆な妻たちと一組の幼児たちとともに、頑張っているが、かろうじてだ。首都のアブジャから車で二時間東にある平らな乾燥した低木地帯で、スペイン一家とそのジンバブエ人同胞たちは、様々な農業事業を実験している。しかし、主に低品質の種と肥料のために、農産物収益はものさびしい。機会が壊れた時に部品を手に入れるのは難しかった。スペイン一家の最後の望みは、鳥のえさを大量生産する工場だ。「良い種が利用でき、盗難の要素が対処されるまでは、ナイジェリアには商業農業はほとんどないだろう。」スペイン氏の父親は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

農業 を購読