クロアチア

Ref! - サッカーをきれいにする

9月
18

サッカーでの不正との戦いは上から始めるべきだ

それはミスマッチなようだ。片方では、ほんの時にしか政府や警察に助けられずに、世界のお気に入りの試合を運営する当局がある。反対には、八百長試合や資金洗浄に熱心な断固としたプロのギャングがいる。2010年のバーレーンと偽のトーゴチームとの間の偽の試合の調整のような、彼らの進化は、巧妙な、面白くすら見えうる。しかし、彼らのレパートリーには洗練された賭けソフトと同様に、暴力や脅迫が含まれる。特に中国と言った、いくつかの国内リーグはそのような不正によってひどく信用されていない。

すべてのヨーロッパの大きな政治組織は、スポーツの不正に対して痛烈に非難している。過去には選手の移籍や給与の債務について目をつむった税務当局は、特に英国とイタリアで遅ればせながら介入を始めた。不埒な目的で犯罪者がクラブを乗っ取っているいくつかのヨーロッパ諸国の一つであるフィンランドでは、スポーツ省は、選手に八百長試合の疑いを匿名で報告させるスマートフォンアプリの開発を助けている。韓国の役人は、何十人もが投獄されたスキャンダルの後で、多数の選手を追放した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ユーラシアの綱引き

9月
14

EUはその東の隣国の未来についてロシアと競合している

それほど多く見るべきものはないが、ヴィリニュス郊外の穏やかな黄色煉瓦の建物は、独裁的なベラルーシに差し込む学問的自由のかがり火だ。欧州人文科学大学(EHU)は、ソヴィエト共産主義の没落の後に、哲学、歴史など多くのことに西洋式の教育法を促進するために、ミンスクに創設された。大統領のアレクサンドル・ルカシェンコは、それを2004年に閉鎖した。しかし、万難を排して、それは国境をまたいだリトアニアで、亡命での再生を果たしたのだった。

ベラルーシのプロパガンダはEHUを、反対派、さらには「テロリスト」の避難所として非難した。教師と学生は、特に選挙の時期には、KGBによって定期的に嫌がらせをされた。しかし、リトアニアとベラルーシに別れて1,600人の学生がいるEHUは、ほとんどがヨーロッパ諸国からの支援のおかげで、なんとかかんとか生き延びている。2年生の法学部学生マリア・スリアプソヴァは、人権派弁護士として働くために、母国に帰りたいと思っている。しかし、彼女はルカシェンコ氏が変わりそうだということに何の幻想も持っていない。よくても、EHUは、彼が権力を去った後にその国を運営するだろう人々を教育することができるだけだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゴール!ゴール!ゴール! - ドイツサッカー

7月
30

ドイツのサッカーの勝利は、そのヨーロッパでの役割についてなんといっているか

今年のチャンピオンズ・リーグで、ドイツのクラブが優勝する。豊かな南部からのバイエルン・ミュンヘンであれ、ブルーカラーのヴェストファーレンからのボルシア・ドルトムントであれ、他のヨーロッパ人は不快な気持ちを持つかもしれない。この、(初めて)ロンドンのウェンブリースタジアムでどちらもドイツの決勝が行われることは、ドイツの優勢の別の兆候ではないのか?たぶん適切に、そこに就くために、彼らはユーロ危機の国からのライヴァル(バルセロナとレアル・マドリー)を処刑した。

サッカーは戦後のドイツ史を反映する。多くのドイツ人にとって、その国の心理的な再生は、スイスで西ドイツがハンガリーに勝って最初のワールドカップを勝ち取った1954年の「ベルンの奇跡」とともにやってきた。別の奇跡ヴァーチャフツワンダー(経済の奇跡)は、真っ最中だった。3年前に、パリ条約が調印された。3年後にローマ条約だろう。ヨーロッパ共同体が作られており、ドイツ人は再び大陸の家族の一員だと感じた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

記帳 - ISBNナンバー

3月
31

デジタル出版は、さらなるアナログ標準を運命づけるかもしれない。

1970年以降に出版されたどの本でも中を見れば、数字を見つけることができる。しかし、たぶんそれほど長くはない。英国で1965年に発明された国際標準書籍番号は、急速に本の分類の国際的制度として離陸し、150の機関(1か国ひとつで2か国語が公用語のカナダでは二つ)が今ではそのコードを発行している。流通と販売を簡単にするために小売業者によって立ち上げられたそれは、ますます新しい、小さい、個人営業の出版社を妨害している。しかし、デジタル出版はその独占を弱めている。

最初に入った出版社はISBNの偉大なブロックを得た。多くが依然として多数の在庫を持っている。カナダ、ハンガリー、クロアチアを含んだ8か国は、書籍の出版を元気づけるためにそれらを無料にしている。しかし、主流出版のどんな望みにもISBNが必要とされる英国、アメリカ、そして日本では、それらは高価だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

遺産への嗜好は地方の品種を後押しする - ワインの多様化

1月
04

土着ブドウの賞賛が、単にメルロー、カベルネ、またはシャルドネ以外の地球規模の多様化を促進している

10年間でどれほどの違いがあらわれたことか。1990年代の中ごろ、ワインの世界を巡って撮影したBBC2のためのテレビシリーズを作った。私は憮然とした予測でそれをチリで終えた。「私は未来を見、それはメルロー、カベルネ、そしてシャルドネだ。」

あたかも世界のヴィニョロンが地元のブドウ品種を根絶し、みんなが聞いたことのある「国際的な」ブドウの認められた魅力に置き換えようとしており、当時、それは本当にそう見えた。

たった10年後、反対方向への振り子の元気な振れは、すでに目立っており、現在の専門のワインバイヤーは、伝統的に育てられていた世界のわずかな場所の一つで育てられていなければ、メルロー、カベルネ、またはシャルドネに触れるのは難しいだろう。

彼らは、ヘアルームトマトのブドウ版である「ヘリテージ品種」と呼ばれる明白に地元のブドウであるものを嗅ぎ当てることにより関心を持っている。それは単にワインのトレンドというだけではない。それは、自然との調和、トレーサビリティ、地産地消運動、そして生物多様性の重要性への我々の認識の増加といったことへの我々の一般的な欲望と調和しているのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ヨーロッパに向かってじりじり進む - モンテネグロ

7月
01
小さなバルカンの国がヨーロッパのドアをたたく
 
ヨーロッパ連合の指導者たちは、6月28-29日の首脳会談でユーロ危機を議論する。おそらく驚くべきことに、モンテネグロもまた議題に上る(そしてそれは、ギリシャがその例に続くかもしれないと推測するものもいる、ユーロ圏に入っていないにもかかわらずユーロを使っているためでもない。)ほとんどの国は、60万人を少し超えた人口を持つ6歳のバルカンの国との加盟交渉を開くことに好意的だ。しかし、それは起こらないかもしれない。ブルガリア人はこの段階でモンテネグロを引き留めることは公平ではないだろうというが、スウェーデンだけが組織犯罪と不正に対する真の戦いのより多くの証拠を望んでいるのではない。
 
その国の法廷はいくらかの助けを提供したところだ。6月5日に、ブドヴァの元市長が不正で投獄された。彼とともに投獄されたのは、彼の元副市長だったドラガン・マロヴィッチだ。偶然にも、マロヴィッチ氏の兄弟は、モンテネグロの政治を20年以上支配し、与党の党首を務めるミロ・ジュカノヴィッチの政治的な敵だった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
クロアチア を購読