セルビア

美しきゲームへようこそ - サッカーへの悪者のガイド

9月
18

サッカークラブは簡単に泥棒機械として使われうる。これが手引書だ。物語は本物だが、ほとんどの詳細は隠されている

新しいサッカーシーズンが近づき、それとともに新しい選手、高価すぎるレプリカ商品、そして不快なクラブ所有者もだ。もしあなたがその一人ならば、あなたが自分の評判だけをきれいにしており、慈善のスポーツバカがそうすることに大金を失う意思を持つとほとんどの観察者は間違って推測するだろう。それは親切すぎる。あなたの新しい資産は、あなたの汚いカネを洗うのに役立つだけではない。それはさらにカネを稼ぎもするのだ。

サッカー道楽に入るにはよい時だ。銀行はそれほど気前がよくなく、融資について感傷的だ。税務官も、大きなグラスゴーのクラブレンジャースが発見したように、それほど寛大ではない。それは、税金の延滞によって破産を強いられ、そのあとで新しい所有者の下で再編成されている。しかし、厳しいときは、クラブが死に物狂いで、安くなっていることを意味する。多くの所有者がしているように、控えめな管轄で持ち株会社(またはその避難所)を立ち上げれば、あなたは自由になる資金洗浄と着服機械を持つ。当局はあなたを邪魔しそうもない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ヨーロッパの新たな境界

9月
11

クロアチアの欧州連合加盟はほかの国に望みを提供する

ユーゴスラヴィア戦争の多くの恐怖の中で、1991年のその人口の多くの排除や大虐殺と同様に、セルビアの砲兵隊によるクロアチアの町ヴコヴァルの無茶苦茶な破壊は、最悪なものの一つだった。ヨーロッパは、ルクセンブルグの当時の外務大臣ジャック・プースの「ヨーロッパに夜明けの時間」だとのうぬぼれの強い主張にもかかわらず、その虐殺を止める能力がなかった。最後には、その戦争は、アメリカに率いられた軍事行動と民主主義によってのみ止められた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

クロアチア人とつながり続ける - 欧州連合の拡大

9月
09

クロアチアの加盟の後で、ヨーロッパはさらなる新加盟国を認める準備ができているべきだ

欧州連合がユーロ危機によって不活発に傾いていると言う批判者は、間違っている。それにもかかわらず、競争、エネルギー、統一市場、そして通信といったような分野での政策立案は続いている。そして7月1日に、そのクラブは28番目の加盟国クロアチアを認めるだろう。

多くにとって、これはある過程の終わりの始まりを記録する。ほとんどの人々は、西バルカンは最後にはそのクラブに参加しなければならないと受け入れているので、加盟交渉はモンテネグロまで続き、そして来年セルビアと始めるだろう。しかし、すでにほぼ凍結されているトルコとの更なる交渉は、ドイツの主張で、トルコのデモ参加者への弾圧のために、10月まで延期されている。そして、誰もモルドヴァ、ウクライナ、またはコーカサスの加盟可能性について提起すらしない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゴール!ゴール!ゴール! - ドイツサッカー

7月
30

ドイツのサッカーの勝利は、そのヨーロッパでの役割についてなんといっているか

今年のチャンピオンズ・リーグで、ドイツのクラブが優勝する。豊かな南部からのバイエルン・ミュンヘンであれ、ブルーカラーのヴェストファーレンからのボルシア・ドルトムントであれ、他のヨーロッパ人は不快な気持ちを持つかもしれない。この、(初めて)ロンドンのウェンブリースタジアムでどちらもドイツの決勝が行われることは、ドイツの優勢の別の兆候ではないのか?たぶん適切に、そこに就くために、彼らはユーロ危機の国からのライヴァル(バルセロナとレアル・マドリー)を処刑した。

サッカーは戦後のドイツ史を反映する。多くのドイツ人にとって、その国の心理的な再生は、スイスで西ドイツがハンガリーに勝って最初のワールドカップを勝ち取った1954年の「ベルンの奇跡」とともにやってきた。別の奇跡ヴァーチャフツワンダー(経済の奇跡)は、真っ最中だった。3年前に、パリ条約が調印された。3年後にローマ条約だろう。ヨーロッパ共同体が作られており、ドイツ人は再び大陸の家族の一員だと感じた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

社会主義インターナショナル – アレックス・ファーガソン卿

6月
30

アレックス・ファーガソン卿は世界を抱きしめ、それを征服した。彼の左翼のファンは注目すべきだ

英国の歴史は、政治的偉大さのウィンストン・チャーチルによる定義では、「天気を作った」男女によってちりばめられている。しかし、マンチェスター・ユナイテッドの監督アレックス・ファーガソン卿だけは時を作ると信じられる。

泣く子も黙る意思の力で、26年間赤い悪魔を監督しているアレックス卿は、彼のチームがひどくゴールを必要としているときはいつでも、数分を付け加えるよう審判を脅したと言われる。彼のとりこになったサポーターや気分を害したライヴァルはそれを「ファギー・タイム」と呼ぶ。その存在を論ずる者もいる。しかし、世界で最も豊かで人気のあるスポーツクラブの一つのほぼ1,500試合の責任者を務めた後で、5月8日に差し迫った引退を発表したアレックス卿の偉大さは、疑いがない。いかなる分野でも、ここ最近で、彼ほど成功を収めた英国人はほとんどいない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バルカンのブレーキライト - ボスニアの製造業

4月
17

クラスター爆弾から産業クラスターへ

1992-95年の戦争中に、ゴラジュデの町はセルビア軍に包囲された。今、最もうるさい音は拡大中のベクト・プレシサ工場の建設音だ。357人の従業員を持つそれは、ポルシェ、BMW、アウディの自動車照明のためのプラスティック部品を作る。それはまた、ドイツ企業ヘラとの合弁事業で、スキーと街灯の部品をどんどん作り出す。ボスニアは、停滞した経済、高い失業率、そして機能していない政府に苦しんでいる。しかし、それは幾つかの驚くべき産業クラスターの故郷だ。東部ボスニアのゴラジュデは、その一つだ。他には、テシャニ、ビイェリナ、ヴィソコがある。そのような場所には、一般的に精力的な市長や起業家がおり、ドイツとの強いつながりを持つ。ゴラジュデはその三つをすべて持っている。

ほとんどがボスニア人ムスリムのその町は、戦争以来徹底的に再建されている。それは豊かではない。毎晩、人々がその石炭ストーヴに火を入れるにつれて、煙のとばりがゴラジュデにおりる。しかし、その地理的条件と労働力は、そこをドイツの拡大仕事場の一部にしている。ドイツ企業が部品を調達する近くの低費用諸国の後背地だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地域は外国との提携に信頼を置いている - 中東欧のアウトソーシング

11月
27

トップ企業は新たに設立された経済的成功の戦利品を分け合う準備をしている

BPが2009年に中欧に事業サーヴィスセンターを立ち上げはじめた時、その英国に本社を持つエネルギー会社はハンガリーを選ぶ前に半ダースの国を調査した。

「我々がサーヴィスセンターを作り出すとき、費用節減を第一とはしておらず、価値を作り出すことを優先している。」BPのヨーロッパ事業サーヴィスセンター長のフィリップ・ウェランは先月のブダペストでの事業セミナーで語った。

「我々にとって、それはすべて、人々の能力、市場に価値を置く技能、産業の安全、経済、そして社会資本についてなのだ。それは政府の支援についてなのだ。」

彼は競争が厳しかったことを認める。「たくさんのほかの国がとてもこれに長けている。同じようにBPがサーヴィスセンターを立ち上げたクラクフは素晴らしい場所だ。しかし、我々がすべてのパラメーターを満たしたとき、ただハンガリーが一番合っていると感じたんだ。」彼は語る。

3年がたち、ウェラン氏は今後12か月でブダペストでの職員数を現在の850人から1,000人を超えるまで増やすことを予想して最近事務所を借り増した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ヨーロッパに向かってじりじり進む - モンテネグロ

7月
01
小さなバルカンの国がヨーロッパのドアをたたく
 
ヨーロッパ連合の指導者たちは、6月28-29日の首脳会談でユーロ危機を議論する。おそらく驚くべきことに、モンテネグロもまた議題に上る(そしてそれは、ギリシャがその例に続くかもしれないと推測するものもいる、ユーロ圏に入っていないにもかかわらずユーロを使っているためでもない。)ほとんどの国は、60万人を少し超えた人口を持つ6歳のバルカンの国との加盟交渉を開くことに好意的だ。しかし、それは起こらないかもしれない。ブルガリア人はこの段階でモンテネグロを引き留めることは公平ではないだろうというが、スウェーデンだけが組織犯罪と不正に対する真の戦いのより多くの証拠を望んでいるのではない。
 
その国の法廷はいくらかの助けを提供したところだ。6月5日に、ブドヴァの元市長が不正で投獄された。彼とともに投獄されたのは、彼の元副市長だったドラガン・マロヴィッチだ。偶然にも、マロヴィッチ氏の兄弟は、モンテネグロの政治を20年以上支配し、与党の党首を務めるミロ・ジュカノヴィッチの政治的な敵だった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
セルビア を購読