アンゴラ

鳩舎の中のコロンブスたち - 鳥の磁気感覚

9月
20

鳥は地球の磁場によって航行することができる。彼らがいかにそうするかということは、依然として謎だ

磁石がなければ、人々はどこにいるだろうか?短い答えは、道に迷う、だ。人類に(今のところは目に見えない地球の磁場を感知する能力である)第6感を与えることによって、コンパスはこれまでで最も重要な発明の一つだと証明された。それにより、船員は夜の空の光景なしに航行する。そして、それは、現代世界の政治的地理を作りだした発見、貿易、そして征服の旅へ導いた。

それならば、自分の作り付けのコンパスを持っている動物は何を成し遂げることができるか想像してみよう。彼らはグラインドボーンやヘンリーでイングランドの季節を楽しみ、モンバサの暖かさで冬を越すかもしれない。彼らは大胆な開拓者のように、アンゴラからアンカレッジに出発するかもしれない。彼らは、もし本当に旅行熱にとらわれ、暗闇を嫌っているのならば、極から極へ移動することによってほぼ年がら年中日の光の下で生活すらするかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

遅れたが、手ぶらではない - アフリカのバラク・オバマ

9月
07

アメリカの大統領は、4年たってからその父の大陸を訪れる

アフリカ人たちは、少なくともヨーロッパの探検者が、派手な陶磁器類や蔵書すらも満たしたトランクをたくさん持った荷物持ちの長い列の先頭で、サヴァンナをだらだら歩いて以来、大きな随員たちを連れ異国風の荷物を持った訪問者たちに慣れている。しかし、バラク・オバマが6月26日にアフリカに足を踏み入れる時、彼はさらによいことをするだろう。病気になったとき用の最高水準の病院を備えた軍艦が最初のアフリカ系アメリカ人の最高司令官に同行し、ジェット戦闘機が止まることなく空を警護し、3台のトラックが彼の寝るホテルへの防弾ガラスを運ぶ。しかし、チーターやライオンに対して狙撃種を雇うことに高官の木が進まなかったので、大統領のサファリはキャンセルされた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

芸術的な解決 - 現代アート

8月
20

ヴェネツィア・ビエンナーレの主要テーマは、いかにして世界はそのような混乱に陥ったか?だ

世界最大の芸術祭ヴェネツィア・ビエンナーレは、単に芸術についてだけではなかった。1930年に、イタリアのファシスト独裁者ベニート・ムッソリーニは、そのビエンナーレの潜在力をプロパガンダのショーケースとして見、彼の執務室からそれを運営した。彼はそのイヴェントがとても成功したとみなしたので、4年後にヒトラーをパーソナルツアーに連れ出した。第二次世界大戦以来、国の関与はより距離を置くようになっている。例えば、英国館はブリティッシュ・カウンシルによって運営されており、アメリカ館に責任を持つ国務省派遣団はヴェネツィアにあるペギー・グッゲンハイム・コレクションへのものだ。

今年、国別館を満たすよう選ばれた芸術家の多くは、ふたたび彼ら自身の国の鼓動を話している。(10年の中断後の)ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、バハマ、(ベスト・パヴィリオン賞をかっさらった)アンゴラ、ツヴァル、そして教皇庁を含んだ、10の新参加国がある。ヴァチカンは、その初登場を、その計画を監督するテレビ映りのいい高位聖職者のラヴァージ枢機卿の言葉で「芸術と信仰との関係を再建する」ために使っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

離陸への準備が十分とは言えない - アフリカの航空会社

8月
19

アフリカの低価格航空ファストジェットは立場を打ち立てるのに苦労している

最近、ウォルザー・オニンゴがケニアの首都ナイロビでの大学の仕事から故郷に戻るのは、飛行機で45分だ。その工学教授が湖畔の町キスムに到着するには、骨をゆするバスに8時間乗ることが必要だったものだ。今、彼は週末にさっさと帰る。彼は、そのバスが「することのない人々」のためのもので、時間を因数分解すると飛んだ方が安い、と語る。

片道バスチケットは15ドルだが、格安航空のFly540の到来で、彼は110ドルで飛ぶことができる。以前には、国営航空会社のケニア航空でのチケットは200ドル近かった。混雑した金曜の朝の便には、スーツを着た弁護士、大きな帽子をかぶった結婚式参加者や日帰りの葬式参列者がいた。午後の戻りの便は、徴税人に人気がある。最近まで、彼らの多くは穴の開いた高速道路を車でがたごと走ったものだ。

国際的航空会社団体のIATAは今週ケープタウンで年次総会を開き、アフリカ政府に、飛行機旅行の能力のほとんどで成長を押し上げさせるために、航路を自由化し燃料やチケットへのしばしば煩わしい税金を削減するよう要求した。「アフリカ大陸ほど飛行機産業の潜在力が大きなところはない。」IATAの事務総長のトニー・タイラーは語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

別のソマリア? - ギニア湾

7月
30

西アフリカでの海賊行為が盛り上がっている

アンティグア・バーブーダ船籍のコンテナ船MVアモイ市は、完全武装の14人の海賊がその船に乗り込みその隠し部屋に押し入った4月25日の夕方に、ナイジェリア沿岸から約160キロ離れたところにいた。彼らは、発表されていない額の現金と、たぶん身代金が支払われた後の5月13日に解放された5人の船員を連れて逃げ去った。

その事件は西アフリカのギニア湾での典型的な海賊行為だ。それは暴力的で、素早く、そしてほぼ全員がナイジェリア人だった。1990年代に、ニジェールデルタでの政府の不正に対する平和的な抗議運動は、暴力的で犯罪的な反乱に堕落した。武装したギャングが漁船を捕らえ、石油をパイプラインから盗んだ。石油会社はより多くの操業を海上に移すことによって反応した。ギャングは後を追った。2006-09年の反乱の高みの間に、彼らはその広がりをナイジェリア海域を超えて拡大した。それ以来、南はガボンから西はリベリアに至るまでの間で、船が目をつけられている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

恥ずべき鉱物 - コンゴ民主共和国での事業

7月
14

それはどれだけ悪いのか?

コンゴでの事業情勢は「ひどい」、とキンシャサのある政府顧問は語る。どんな無頓着な訪問者もたぶん気づいている。交通警察は理由なく車を止め、割り込み、金を払うまで出ていかない。7-8人で会社の事務所にやってきた徴税人は、もちろん、交渉で値下げしうる要求をする。その中部アフリカの国最大の事業、土を掘って貴重な鉱物を抽出することが、それほど汚れていても、あまり不思議ではない。元国連事務局長コフィ・アナンによって率いられたある専門家パネルは、2010-12年の間に結ばれた5つの協定を見て、政府所有鉱山が売られた総額と、それらの価値についての独自調査を比べた。それは、その国の健康教育年間予算の倍に当たる13.6億ドルの差を見つけた。そして、これらの協定は、行われたすべての安売りのほんの小さな部分だ、と5月10日に南アフリカのケープタウンでアナン氏が発表したその報告は言う。
 

コフィの疑問

Posted By gno-eagrai 続きを読む

平和のヒント - コンゴ

4月
21

ある軍閥の逮捕は、騒々しい地域を少し落ち着かせる役に立つかもしれない

コンゴの軍閥ボスコ・ンタガンダをハーグの国際刑事裁判所(ICC)で3月26日に目にしたのは、前進の兆しだ。しかし、コンゴ民主共和国に耐久力のある平和をもたらすためには、さらに多くの外交的国際的威圧が必要とされるだろう。

ンタガンダ氏は、3月18日に、隣のルワンダのアメリカ大使館に自首した。彼は、たぶん彼自身の運動の騒ぎの結果として、殺されることを明らかに恐れていた。彼は、10年以上にわたってコンゴの東側でテロを広げてきた。彼は鉄拳をふるった。彼自身の反乱軍の最初のものは隣のルワンダに支援され、それから今後の国軍に入り、そしてついに、去年、再び誰にも所属していないように見える反乱軍として立った。ルワンダの大統領のポール・カガメのようにツチ族のンタガンダ氏は、他の民族集団の人々へのテロの多くを指示した。

ほとんど5年間、彼は図々しくもICCによって発行された逮捕状を無視し、コンゴの国連平和維持部隊を困惑させ、コンゴの大統領ジョセフ・カビラが彼の国を支配する主張をあざけった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

チアリーダーと否定的な人々 - 南アフリカ

4月
06

誰がアフリカの将来について正しい呼び出しをしているのか?

過去10年にわたって、南アフリカ政府は、アパルトヘイト時代の象徴的な町のソウェトの改装に、鉱山収入を使っている。道路に穴はなく、警察の巡回は安全の手段を提供し、子供たちは学校へ行く。しかし、彼らの両親には仕事がない。多くがその日中を先進世界からまっすぐやってきたショッピングモールのマポニャモールで、そして夜を黒人が合法的にはバーに行くことができなかったときに最初に開店した民間の飲み屋街のシェビーンズで過ごす。公式な全国失業率は25%だが、本当の数字は40%を超えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

私の方法でそれをする - エチオピアとケニア

4月
05

二つのまさに反対の経済モデルの間でのイデオロギー的な競争

メテマでの到着ターミナルでエチオピア国境警備がすべてのパスポートを手書きの望ましからぬ人物リストとあわせ、それらをはじき出す。ここは、国家がもっともよく知っている国だ。それは、訪問者にとって面倒かもしれないが、それはエチオピアをアフリカの開発の星の一つにしている。国境から離れる新たに建設された道路は、コーヒーについてエチオピアで二番目に大きな輸出品のゴマの集約的な畑に囲まれている。収穫された茎の黄金の束が、小川の脇の畑に置いてある。ボブ・ゲルドフがその国について「かつてなにも育ったことがなく/雨も降らず川も流れず/彼らは今がクリスマスの時期だって知っているのだろうか?」と歌った飢饉に襲われた1984年から長くたった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

頑張れ、わが勇者 - ニジェール、アルジェリア、リビア、エジプト、スーダン

4月
05

アフリカの中央は貧しくて紛争がはびこったままだが、行動主義が起こっている

その大陸の乱雑な中央部は、ナイジェリアの首都の1時間北から始まる。運転手は数マイルごとの関門で止まらなければならず、夜間外出禁止を遵守しなければならない。主要な北部の都市カノの郊外では、武装した兵士が銃身に固定された銃剣を持って道を警護している。その知事の事務所は要塞で、その周囲の道路はすべて人の高さのコンクリート障壁で封鎖されている。自身をボコ・ハラム(西洋の教育は罪)と呼ぶイスラム過激派集団は、自動車爆弾や奇襲隊襲撃で、年に何百人もの人を殺す。治安維持軍の高圧的な反応は、さらに多くを殺す。その知事は彼の設置した新しい街灯を自慢するが、住民たちはナイジェリアの石油の富をほとんど何も見ていないので、怒り狂っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

アンゴラ を購読