ザンビア

銅の解決 - チリの鉱業

6月
16

鉱業はチリで豊かになっているが、その未来は不安定だ

土産物屋は、磨いた銅の装飾品を売る。建設に次ぐ建設が、少しの銅の被覆を見せびらかす。チリの首都、サンチャゴのタクシー運転手でさえも、銅の価格を知っている。何がその国最大の輸出品なのか推測するのは難しいことではない。

銅はずっと地理に親切だ。それは、GDPの20%と輸出の60%を供給する。そのおかげで、インフレと失業がうらやましいほどに低い一方で、チリの経済は年に6%近く拡大している。貧困率は急落している。公共サーヴィスはほとんどが良い。チリには、農業、観光、そしてハイテクすらも含んだ、他の強みがある。しかし、銅価格の小さな変化も見出しになる。

銅鉱山自身は首都から離れている。世界最大の銅山(で世界供給の5%を超える部分の素となっている)エスコンディダは、北に1,300キロ行ったアタカマ砂漠の真ん中にある。世界最大の鉱山会社BHPビリトンは、そこで二つの巨大な穴を掘っている。深い方は幅が3.9キロで、深さが650メートルだ。家ほどもあるトラックが、休むことなく、1日に150万トンの岩をエスカンディダから運び出す。管理者たちは、シフト中に150キロ運転するかもしれない。去年、その鉱山は100万トンの金属を吐きだした。全体で、チリは世界の銅の1/3を生産する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉱物以上に - アフリカと中国

4月
16

中国のアフリカとの貿易は成長し続けており、新植民地主義への恐れは誇張されている

北京からの5人の旅行者集団が、フィーヴァーの木の黄色い幹と霧のような枝に囲まれた埃っぽい飛行場に着陸する前に、彼らの自家用機でケニア山を低空で通り抜け、リフトヴァレーに向かった。彼らはシマウマやキリンがうろつく草の生えた広場を横断し、襲ってくるバッファローを見続けながら写真を撮る。彼らがテーブルに座る時、彼らは空腹のようだが、くつろいでいる。「去年、私は何人かの友人とともに南極に行った。」と二人の主婦のうち一人が言い、永久凍土の上のペンギンの群の写真をiPhoneで見せる。中国人たちはアフリカにかつてないほどの大人数でやって来て、それを訪問、仕事、そして取引の快適な場所だと見つけている。推計100万人が、今アフリカに住んでおり、10年前の数千人から増えており、更にやって来続けている。中国人は南アフリカに4番目に多くやって来ている人々だ。その中には、その指導者としての最初の外遊でタンザニアとコンゴ民主共和国も訪れる、中国の新しい主席習近平も含まれるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

下にある富 - ザンビア、ジンバブエ、ボツワナ

4月
06

商品は、潜在的にはの未来にとって最大の脅威だ

北ザンビアを2つに分けるグレート・ノース・ロード上のエアコンの効いた車の後ろから、アフリカが豊かでよく統治されるようになりうると論じることは簡単だ。その国の道路制度はとても良いので、多くの訪問者は車を借り、自分で運転する。警察は優しく、休息所はたくさんある。同じことアフリカは南部アフリカの多くで当てはまる。舗装道路は肥沃なサヴァンナと開けた砂漠にわたってすべての方向に広がる。

ほとんどの道路はその下に埋まっていたものを元手に作られている。鉱物と金属の富だ。1世紀以上前にセシル・ローズが到着して以来、現地の採掘者は巨万の富を生み出し、来るべきアフロ楽観主義を起こさせている。植民地時代の鉄道から現代的空港まで、公的社会資本はこの資源の富がなければ存在しないだろう。タンザニアの南西国境から車で1日のカッパーベルトの中央で、1895年以来銅が掘られている。煙を吐く精錬所とスラグ置き場の山が町の向こうに現れる。高電圧電線と2車線の道が田舎を切り裂いている。「最初の子は弁護士になってほしいんだ。」鉱山の警備をする3人の子の父親は言う。「できると思うんだ。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

私の方法でそれをする - エチオピアとケニア

4月
05

二つのまさに反対の経済モデルの間でのイデオロギー的な競争

メテマでの到着ターミナルでエチオピア国境警備がすべてのパスポートを手書きの望ましからぬ人物リストとあわせ、それらをはじき出す。ここは、国家がもっともよく知っている国だ。それは、訪問者にとって面倒かもしれないが、それはエチオピアをアフリカの開発の星の一つにしている。国境から離れる新たに建設された道路は、コーヒーについてエチオピアで二番目に大きな輸出品のゴマの集約的な畑に囲まれている。収穫された茎の黄金の束が、小川の脇の畑に置いてある。ボブ・ゲルドフがその国について「かつてなにも育ったことがなく/雨も降らず川も流れず/彼らは今がクリスマスの時期だって知っているのだろうか?」と歌った飢饉に襲われた1984年から長くたった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大物よさようなら - コートジボワール、ガーナ、ナイジェリア

4月
03

アフリカの多くでの統治は見た目に改善しているが、進歩は平たんではない

午前7時にコートジボワールの商業首都アビジャンを去ると、公務員ラッシュアワーと呼ばれるものに飛び込む。大統領は、行政官はその机に午前7時半につかなければならないと命令し、ほとんどはそうしている。ある西側の大使は疑い深い態度でいう。「もし会議に5分遅れれば、5分間失っているんだ。」

かさ上げされた2車線を走って事務所に向かうと、公務員たちがエレヴェーターに乗り込み、近代的なガラス張りの塔の上階の机に上る。こそこそと暇つぶしのためのiPadなどの電化製品を持っているものもいる。

コートジボワールの統治は見えるほどによいものではめったにない。賄賂は依然として会議よりも早く問題を解決する。野党は意地悪くもっとも最近の選挙をボイコットした。政治風景の間に深い裂け目が通っている。だがしかし、国家会計は秩序を保っており、債務は減っており、新しい道路が建設されている。これが、アフリカの多くでの絵だ。ナイジェリアのような資源の豊富な国では特にさらに多くのことをする必要があるけれども、ガーナでのように権力の分配はより公平になっており、その使用はより要求にかなうようになっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

望みにあふれる大陸

4月
02

アフリカ人の人生はすでに過去10年で大きく改善している、とオリヴァー・オーガストは語る。次の10年はさらによいだろう

3人の学生が、世界で最も貧しい大陸の西の端のセネガルのヴェルデ岬のビーチカフェでiPadを覗き込んでいる。彼らは、ヨーロッパで最も悲惨な国の一つモルドヴァについてのオンラインのニュース物語を読んでいる。一つの見出しは「4人の酔っぱらった兵士が女性を強姦する」と読める。他のものは、モルドヴァの男性は過剰飲酒で死ぬ可能性が19%あり、58%が喫煙関係の病気で死ぬ、と言う。もう一つは正売買を取り扱う。そのような物語は、ギリシャからの緊縮の物語とともに、アフリカの反映するメディアの重要商品になっている。アフリカの病気と無秩序の物語が長い間豊かな世界でされていたように、それらは憐れみと信じられなさを引き起こす。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

粗い辺境の王 - アフリカの債券市場

3月
31

利回りの追求は投資家たちを異国的な領域に連れて行っている

合衆国財務省証券のつまらない利回り以上のものを求める投資家は、(アメリカ以外で発行されたドル債券が知られているときに)コートジボワールのユーロ債を考えるかもしれない。それは、コートジボワールが10年前にデフォルトしたときの債券への補償として2010年に発行された。これらの債券は、ひいては元アメリカ財務長官のニコラス・ブレイディの発明で、貧困国の債務負担を救うために設計されたブレイディ債券だった。

コートジボワールのユーロ債は、それ故に、2度嫌われている債務の残りなのだ。その債券は2032年まで満期が来ない。その発行国が内戦に巻き込まれたのはそんなに昔ではない。だが、それほどにも緊急なのは、2012年の初め以来その利回りが7%に半減した先進国政府国債の代替への欲求なのだ。退職者により多くの金利を支払う債券追求は、単にあらわれている過去の市場である先進諸国を越えて、報償そしてリスクがより大きな「辺境市場」まで、主流派年金基金でとられている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いい男たちはしばしば悪い - 南アフリカの歴史

2月
02

いかに陰謀の過去が現在に影響しているか

「外部の使命:亡命中のANC 1960-1990」 スティーヴン・エリス著 書評

“External Mission: The ANC in Exile, 1960-1990” By Stephen Ellis

行間から明らかに痛みを伴い明白な、亡命中のアフリカ民族会議(ANC)の、スティーヴン・エリスによる歴史の真のメッセージは、いかに陰謀の過去が現在の与党に影響しているかということだ。それは、なぜ今南アフリカを動かしている亡命中のANCの諜報部門長だったジェイコブ・ズマ大統領とその僚友たちが、意見の多様性と異議への寛容性がどんな機能するきちんとした民主主義の中心でなければならないかの概念を受け入れることがそれほど難しいと考えているかを説明しようとしているので、不快な読み物になっている。

エリス氏はアムステルダム自由大学でデスモンド・ツツについての講義を担当し、長い間ANCを批判的に見てきた。1990年代後半に、彼は、アパルトヘイト体制による複数の虐待を主に調査したが特にアンゴラ、タンザニア、ウガンダ、そしてザンビアでのそのゲリラキャンプでの亡命中に自国民に対してANCによって行われた人権侵害の調査には特に熱心ではなかった南アフリカの真実和解委員会の研究者だった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

警告とともにみられたヨハネスブルグ証券取引所の計画 - 南アフリカの証券取引所

11月
15

果たされていないがくじけもしない野望

ヨハネスブルグ証券取引所(JSE)は、その大陸ではるかに最も大きく、最も流動性があり、もっともよく規制された市場として目立っており、近年それは、国境を越えて到達するためにその地位を使おうとしている。

しかしその野心は、今のところ、ほかの南アフリカの組織のようにそれがその国の支配力、国益、そして仲間のアフリカ市場の低開発の性質についての恐れに直面しているので、かなりが満たされていない。

2009年に、JSEは、その大陸中から上場企業を呼び集め、国際的投資家のアフリカへの関心を生かすための試みとして、「アフリカ・ボード」を設立した。

しかし、それは、ナミビアのトラストコとボツワナのワイルダーネス・サファリスという、どちらもその後そのアフリカのボードからJSEの本体に変わった、たった二つの会社しか惹きつけなかった。

JSEの社長ニッキー・ニュートン=キングは、アフリカ・ボードが「調整しそこなって」いると語り、「我々は、その大陸でやろうとしていることに関して、我々が好んだだろう物ほど成功していない」と認める。

アフリカ・ボードは、その大陸からのほかの会社がJSE本体に直接上場することから効果的に締め出している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ストライキは他の所のリスクに新たな側面を提供する - 南アフリカ鉱業

11月
07

その暴動の前ですらも、会社はリスクをとることを控えていた

南アフリカの鉱業部門を通して衝撃波を送った産業ストライキの盛り上がりの間に、アングロゴールド・アシャンティの社長マーク・クティファニは警告を発した。

「我々は皆、刃の先に立っている。」彼は語った。「私は資本を脅し始めているのではないが、はっきりともし我々がその問題を解決しなければ、いかにして私は株主に対して南アフリカに投資し続けなければならないことを正当化するのか?」

クティファニ氏は、世界で3番目に大きな金の生産者であるアングロゴールドが、その国で働いているその3.5万人の労働者のほとんどが9月後半に道具を置いて、南アフリカの操業を停止するよう強いられた後に話した。それは、18年前のアパルトヘイトの終了以来、その産業で最大の危機の引き金を引いた無謀なストライキの波の最も劇的な拡大だった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ザンビア を購読