ポルトガル

一から始める - 都市の夢のような情景

1月
18

未来の都市を建設することは、費用がかかり難しい

マスダール・シティを建設する計画が2006年に発表された時、その計画は、SF古典の「デューン/砂の惑星」から出てきたもののように感じられた。その惑星最大の化石燃料の埋蔵の上のアブダビの砂漠の中に、世界最大の炭素中立で廃棄物ゼロの町が立ち上がるだろう。しかし、それは直接砂から立ち上がるわけではない。すべてのその建物は、高架式プラットフォームの上に立つだろう。下では、市民たちは自動運転のポッドでブンブン走り回り、上では、砂漠の風を冷却することによって掃除されうるような方法へと向けられた日陰の狭い道のような主に賢い都市計画によって、焦がすような気温にもかかわらず、彼らは快適に感じるだろう。

6年以上後には、その未来はそれほど幻想的ではなく見える。英国の建築家ノーマン・フォスターの管轄下で設計されたマスダールのほとんどは、土台の上には立たない。自動運転ポッドの模型は博物館に居場所を見つけるかもしれないが、そのポッド自身はメニューから外されたのだ。伝統的な車か、せいぜい電気自動車が、代わりに道をさまよう。さまようための道がある時には、そういうことだ。その都市は2016年までに完成するよう想定されていたが、その日付は2020-25年に延ばされている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

格安の食事 - ビッグ・マック指数

9月
19

通貨への我々の気楽な指針は、ユーロ圏を近くで見てみる

連邦準備銀行による資産購入終了の見通しは、外国為替市場での回転を惹き起こしている。新興市場通貨が下落し、ドルへの強気の買いが増すにつれて、パンの間を読むべき時だ。ビッグ・マック指数は、エコノミスト誌の為替レートのはかりだ。それは、長期的には為替レートは財とサーヴィスの同一のバスケットの価格が国境をまたいで同じになるように調整してしかるべきだという購買力平価(PPP)理論に基づいている。我々のバスケットには、ひとつのものしか含まれていない。(牛ではなく鶏肉を使ったインドのマハラジャマックを例外として)ほとんどどこでも同じ内容物を使っている、ビッグ・マックだ。バーガーを買うには、アメリカで4.56ドルなのに対して、ノルウェーでは市場の為替レートで7.48ドルかかるので、ノルウェーのクローネは我々のはかりでは65%過大評価されている。

ほかの通貨はとても生焼けのように見える。ドルは、アメリカよりも南アフリカでは2.5倍多くバーガーを買え、インドでは3倍買える。しかしながら、労働費用がより貧しい国では低いので、先進国の価格を途上国のものと比べるのは、問題だ。中国の元は我々の基本的なはかりでは43%過小評価されている。一人あたりのGDPで調整すると、それは公正価格のたった4%下なだけだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

クロアチア人とつながり続ける - 欧州連合の拡大

9月
09

クロアチアの加盟の後で、ヨーロッパはさらなる新加盟国を認める準備ができているべきだ

欧州連合がユーロ危機によって不活発に傾いていると言う批判者は、間違っている。それにもかかわらず、競争、エネルギー、統一市場、そして通信といったような分野での政策立案は続いている。そして7月1日に、そのクラブは28番目の加盟国クロアチアを認めるだろう。

多くにとって、これはある過程の終わりの始まりを記録する。ほとんどの人々は、西バルカンは最後にはそのクラブに参加しなければならないと受け入れているので、加盟交渉はモンテネグロまで続き、そして来年セルビアと始めるだろう。しかし、すでにほぼ凍結されているトルコとの更なる交渉は、ドイツの主張で、トルコのデモ参加者への弾圧のために、10月まで延期されている。そして、誰もモルドヴァ、ウクライナ、またはコーカサスの加盟可能性について提起すらしない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新世界 - ラテンアメリカと移民

5月
03

長く才能の輸出国だったラテンアメリカは、今それを輸入している

ラテンアメリカの移民の歴史は昼食の話題にぴったりだ。1,200万人のメキシコ人がそこに住んでいるので、タコスとトルティージャの露店が合衆国中に広がっている。マドリーでは2000年代初めの経済危機から逃れたアルゼンチン人たちによって給仕されたパリージャの上でステーキがジュージューいう。そのような珍味を洗い流すために、どの大きな都市のバーも亡命キューバ人によって振られたモヒートを出す。

最近、料理の考えは両方向に流れる。メキシコ・シティは、スペインのタパスバーでいっぱいだ。新しいポルトガルのベーカリーがサンパウロで跳ね上がっている。アメリカの簡易食堂でさえも国境の南に浸透している。その理由は、ラテンアメリカが意欲的な移民の出発点であるのと同様に目的地になっているということだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新興都市の教会 - アフリカのカトリック

4月
14

ヴァチカンの支部は、激しい競争にもかかわらず、強くなっている

受難節の4回目の日曜日に、ゴスペルの讃美歌がガーナの沿岸の静かな道路に出現する。5人組の楽隊が大西洋の上の丘の単純なカトリック教会の祭壇に香を焚く司祭を歓迎する。楽隊は別にして、ミサは伝統的だ。讃美歌はヨシュア記からの一節と互い違いに歌われた。教区民は、時折歌と手拍子の短い爆発に足を向けるよう奮起させて、熱心に見物する。

ここケープ・コーストでは、ピーター・タークソンが教会指導者として20年前に最初の経験を積んだ。現在枢機卿のその64歳は、教皇候補として目され、その教会のアフリカでの急速な繁栄を強調する。ヴァチカンによれば、アフリカには世界全体の16%の1.86億人のカトリックがおり、半世紀前と比べて数で6倍以上になっている。

そのアフリカ教会の活気は、その大きさだけではなく、その信仰への献身によっても注目される。「アフリカ人は度し難いほどに信心深い。」アクラの大司教チャールズ・パルマー・バックルは説明する。ワシントンのピュー・リサーチ・センターによる2010年の調査は、サブサハラアフリカを世界で最も信仰心の厚い場所に位置付けた。キリスト教は伝統的なアフリカ宗教にとってかわったけれども、かつてのアニミズム的な儀式の熱意は伝えられている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争に飽き飽きした - ギニア=ビサウ、ギニア、シエラレオネ

4月
03

なぜ、その大陸の多くにわたっての戦いが近年静まっているのか

バスのヘッドライトが、国境を越えた最初の関門の垂れ下がったブッシュの間に立つ、肩に銃をかけた兵士の濡れた人影を浮かび上がらせる。彼は雨の中から急いで暖かいバスに入り、ほとんど思いつきのように彼がその国を通る短い旅をエスコートすると発表する。「我々は止まるが、誰も降りることができない。」彼は語る。

数日前、将校の一団がギニア=ビサウで権力を握った。これは異常なことではない。150万人の小さな国は、過去10年で5回のクーデターを経験している。1974年にポルトガルから独立して以来、任期を完遂した大統領はいない。しかし、これはセネガルからより大きな隣国であるギニアへそして更にシエラレオネとリベリアへのバスにはめったに問題を起こさない。今日のスケジュールのたった一つの変化は、首都のビサウでの正規のバス停で、乗客は乗るかもしれないが、降りることはないということだ。

その兵士は帽子を絞り、不便をわびる。「わかるだろ。」地元の人々はうなずき、それから彼に長広舌を始める。「雨が降っているのはお前のせいだ。」一人が叫ぶ。乗客たちは笑う。彼らは開発の欠如を手におえない軍のせいにする。時折の殺人だけでも十分に悪いが、腐敗はさらに悪い、と運転手は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らは誰だ? - ルネサンス期のアフリカ人

3月
26

なぜ16世紀のヨーロッパ人アーティストがアフリカ人に魅了されたのかを問う新たな展示

ルネサンスの良く知られたアーティストの多く(ピーテル・パウル・ルーベンス、アルブレヒト・デューラー、そしてヤコポ・ダ・ポントルモなど)は、アフリカ人の肖像を描いている。しかし、彼らが描いた男たち、女たち、子供たちは誰なのだろう?何世紀にもわたって、これらのモデルはほとんど知られていなかった。ボルティモアのウォルタース美術館のキュレーター、ジョアニース・スピーサーが更なる発見をしようと決めた時までは。たとえ彼女がそれぞれの個人の名前を当てはめることができなくても、彼女は彼らの人生についてそして彼らがどこから来たのかについてより多く知りたいと思った。彼女の忍耐力は報われた。ウォルタースで始まり、今は6月9日までプリンストン大学美術館で開かれている「ルネサンス期ヨーロッパのアフリカ人の存在を明らかにする」は、啓蒙的で興奮させる展示だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

少年から大人へ - サッカーアフリカ選手権

2月
26

最高に追いつくのは、経済よりもサッカーでは簡単だ

ルステンブルクのロイヤル・バフォケン競技場には4.4万人の観衆を収容できるが、キックオフ時にはやっと1/4が埋まっていただけだ。メインスタンドの最前列の角は、現在南アフリカで行われている第29回サッカーアフリカ選手権(Afcon)の優勝候補の一つ、コートジボワールのオレンジをまとったサポーターで満たされている。1月25日の彼らの対戦相手は、太鼓を打ち鳴らす騒がしいファンに応援されたチュニジアだった。グラウンドに散らばっていたのはホスト国南アフリカのチーム、バファナ・バファナ(少年たち)の黄色いシャツを着たサポーターだった。地元の人たちは3-0で勝ったゴールのうち2つが試合の終わりごろに入ったコートジボワールを応援した。それまでに、その競技場は半入りに近づいた。

南アフリカの商業首都ヨハネスブルクの北西にあるルステンブルクは、ゴールポストを融かすには十分なほど暑かった。1週間前にホスト国が小さなカーボ・ヴェルデにスコアレスドローを喫した時、その大会は雨降る夕べにずぶぬれになって始まった。バファナ・バファナの不発は、すでに注意を惹くのに苦労していたその大会の前兆を示した。しかし、アンゴラに勝ち、モロッコと引き分けて南アフリカが決勝トーナメントに進出すると、国の鼓動は少し速くなり始めた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

西の夜明け - アイルランドとユーロ危機

1月
07

なぜアイルランド人は、彼らの救済計画を後にするために手助けするのに値するのか

ほとんどのユーロ圏の周辺のほとんどの見通しは暗いままだが、西にかすかに表れる望みがある。2013年の終わりまでに、アイルランドはその救済計画を後にし、再び自分の足で立つことができるかもしれない。

アイルランドの回復は、アイルランドとその首相エンダ・ケニーと同様に、ヨーロッパとその事実上の指導者アンゲラ・メルケルドイツ首相への一押しを提供するだろう。救済の対価として課された緊縮と構造改革の議論を呼んだ治療がうまくいくということを示すだろう。それは、特に秋に投票に行くドイツの有権者といったヨーロッパの中核の選挙民に、ギリシャの場合とは違って救済が彼らに終わりなき税金の要求を宣告することではないと安心させるだろう。そして、アイルランドによる債券市場への維持された収益は信頼をより一般的に押し上げ、ポルトガルやスペインのようなほかの救済された経済を助ける。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

遺産への嗜好は地方の品種を後押しする - ワインの多様化

1月
04

土着ブドウの賞賛が、単にメルロー、カベルネ、またはシャルドネ以外の地球規模の多様化を促進している

10年間でどれほどの違いがあらわれたことか。1990年代の中ごろ、ワインの世界を巡って撮影したBBC2のためのテレビシリーズを作った。私は憮然とした予測でそれをチリで終えた。「私は未来を見、それはメルロー、カベルネ、そしてシャルドネだ。」

あたかも世界のヴィニョロンが地元のブドウ品種を根絶し、みんなが聞いたことのある「国際的な」ブドウの認められた魅力に置き換えようとしており、当時、それは本当にそう見えた。

たった10年後、反対方向への振り子の元気な振れは、すでに目立っており、現在の専門のワインバイヤーは、伝統的に育てられていた世界のわずかな場所の一つで育てられていなければ、メルロー、カベルネ、またはシャルドネに触れるのは難しいだろう。

彼らは、ヘアルームトマトのブドウ版である「ヘリテージ品種」と呼ばれる明白に地元のブドウであるものを嗅ぎ当てることにより関心を持っている。それは単にワインのトレンドというだけではない。それは、自然との調和、トレーサビリティ、地産地消運動、そして生物多様性の重要性への我々の認識の増加といったことへの我々の一般的な欲望と調和しているのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

ポルトガル を購読