ドイツ銀行

ゴム男爵 - 東南アジアでの伐採

7月
07

森林破壊は続く

カンボジアの北の遠隔地の7号線沿いに、「鉄のバッファロー」と呼ばれる何十もの小さなトラクターが、高速道路の荒廃したところを往復している。暗闇に覆われて、彼らは切られたばかりの木材を近くの材木工場に運ぶ。運転手はマスクをし、彼らのトラクターは前面のたった一つの薄暗いランプをつけている。それぞれは、地元の人が言うにはヴェトナム・ゴム・グループ(VRG)によって所有されるドン・ナイ・ゴムプランテーションの中かそばで切り倒されたという、3-6本の材木を運ぶ。違法伐採と土地強奪は、長い間カンボジアで問題になっている。ロンドンの環境監視団体グローバル・ウィットネスによって「ゴム男爵」名づけられた新しい報告は、その問題を再び強調している。3,000ヘクタールの森林が違法に切り払われた時、中国での家具と西洋のギターで多く需要されているローズウッドのような高級材が選り抜かれたと主張するその報告の中で、ドン・ナイが芽だって主役を演じる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

夢の大陸 - アフリカの銀行業

3月
31

アフリカ中で、銀行は拡大しているが、彼らの収入はそうではない

「昨日はぎっしり、明日もぎっしり、でも今日のジャムはない。」それは、南アフリカで設立され今では世界的に営業する特化銀行のインヴェステックの最近の業績発表での株主の不平だった。その嘆きは、アフリカの急成長する多くの銀行の投資家に一般的なものだ。その地域の借り手は、その大陸中に拡大するにつれ、素晴らしい収入を約束している。彼らの野望は、自家製の地域原動力の集団を作り出している。しかし、支店網を作り、成長に投資する費用が掛かるので、そのような収益は遠い未来のままだ。

アフリカの銀行市場の主要な魅力は、それが潜在的に巨大で事実上未開発なことだ。その大陸の10億人の住民への銀行の浸透は、国によって大きく異なるが、例えば、セネガルとタンザニアの人口の帯は、事実上まったく銀行へのアクセスを持っていない。

国内での相違も著しい。例えば南アフリカは、ヨハネスブルグの主要な銀行地区のエアコンの効いた事務所と緑に覆われた芝生から、世界クラスのサーヴィスと技術を提供する。しかし、ほんの少しバスに乗れば、多くの人々が依然として現金をそのマットレスの下にしまっている、貧困に悩まされたアレクサンドリアの町がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争ゲーム - 通貨切り下げ競争

2月
06

通貨切り下げを成し遂げるための別の戦い

多くの英国サッカー場は観戦の問題を抱えている。最近では健康と安全上の理由から競技場はすべて座席だが、ファンの中には座ることを拒絶するものもいる。彼らは試合中立ち、その後ろの人たちにそれに続くことを強いる。最後には、競技場のその部分のみんなが立ち上がる。誰の視界も改善しないが、みんなが大きく快適さを損なう。

外国為替市場は、今のところ同じような問題に直面している。ほとんどすべての国が、その輸出業者が価格競争力を持ち市場シェアを得ることができるように、その通貨を弱くしたいと思っている。しかし、ある通貨が下がれば、ほかのものは上がらなければならない。これらの国々はその通貨を戻そうとし、世界は最後には最初に戻る。

ブラジルの財務大臣グイド・マンテガは、2010年9月にその過程を「通貨戦争」と表現し、今週ロシア中央銀行の第一副議長アレクセイ・ウリュカエフは、次の切り下げ競争の警告をよみがえらせた。財務大臣の集まりユーロ・グループの長ジャン=クロード・ユンケルは今週、単一通貨の為替市場が「危険なほど高い」と呼んだ。ノルウェーの中央銀行は、たとえその国が住宅ブームのさなかにあるとしても、クローネの強さが金利を引き上げることに用心深くなる原因となるだろうというヒントを得た。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

日本の教訓 - 世界的破滅

8月
18

危機から5年がたち、ユーロ圏は日本型の経済停滞の危険にさらされている。

5年前、事態は楽観的に見えた。2007年8月の第一週、投資家と主要な中央銀行によるその年の予測は、アメリカとヨーロッパで2-3%の成長率だ、というものだった。しかし、2007年8月9日、すべてが変わった。フランスの銀行、BNPパリバはサブプライム担保投資で大きな損失を発表した。同じ日、ヨーロッパ中央銀行(ECB)は緊急の流動性として(当時の1,300億ドルに当たる)950ユーロの注入を強いられた。危機が始まったのだ。

1年目の間、政策立案者は日本を案内としてまたはむしろ警告としてみた。日本の債務バブルは1991-2001年の「失われた10年」の原因となった。アナリストは共通して三つの教訓を引きだした。日本型の停滞を避けるために重要だったことは、一つ目に早く行動すること、二つ目に傷ついた貸借対照表をきれいにすること、そして三つ目に勇敢な景気刺激策を供給することだ。もし日本が基準とみなされるのならば、アメリカと英国は複雑な記録を持っている。ユーロ圏はまるで日本になっているかのようだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

次の10億の買い物客のための戦い - 消費財

7月
14
プロクター&ギャンブル(P&G)とユニリーヴァの永遠の戦いは発展途上世界で激化している
 
パリへの旅は誕生日を祝うのにふつう悲惨な方法ではないが、今年のボブ・マクドナルドにとってはそうだった。6月20日に59歳になった時、過去3年間P&Gの社長だった彼は、そこでドイツ銀行によって開催された会議にて口ごもり申し訳なさそうな演説をした。その世界最大の家庭用品と個人医療製品の会社にとって次の四半期が期待よりも低いものになると予測し、革新とより広いその戦略の執行の両方でその会社が根深い問題を持っていることを認めたのだ。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
ドイツ銀行 を購読