シノペック

風車に名前を付けるだけではなく - 中国の国家資本主義

10月
24

中国の国有事業は、海外と国内で、ますます困難に陥っている

今週、バラク・オバマは、民間の中国企業が、オレゴンのアメリカ軍基地のそばに風力発電所を買うのを妨害するのを決めた。大統領の決定が正しいか間違っているかに関わらず、そしてそれは疑わしいほどにアメリカの選挙に近く来るが、中国の事業家と支配者を心配させて当然の傾向にはまる。西洋では、多くの中国の最善の会社は、疑いとともに扱われている。通信大手の華為(Huawei)はアメリカのいくつかの市場で妨害され、国有石油会社のCNOOCがカナダのネクセンを買収しようとする入札は嵐を引き起こしている。そしてそれは西側だけではない。ミャンマーの指導者たちは、ほとんど民主的な資本主義者ではないが、またいくつかの中国の企業に顔をそむけている。

この疑いの後ろに、その国の巨大な国有事業(SOEs)の再出現によって強化された、中国の事業はあまりに共産党に近すぎるという認識がある。体制の中の多くは、SOEsの成長が中国の勃興を助けていると信じている。その反対は正しい。SOEsは中国の進歩で儲けている。はるかに重要なことに、彼らは今、将来それを妨げるのが確かだとみる。
 

国家の後退

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中国国際基金(CIF)

10月
17

中国国際基金は、発展途上国で大規模な国家再建計画や社会資本建設に出資する、香港に拠点を置く中国人所有の公式には民間会社だ。CIFと香港やシンガ ポールにあるその関連会社は、主に不安定なアフリカの独裁国家に200億ドル以上投資した。彼らはアンゴラやギニアの政府と、それらの国々の様々な資源を 探索するために、協定を結んでいる。これらの協定は、その二つの国々へ何十億ドルもの金が投資されたことにつながるだろう。その会社は「鍵となる人物が中 国の国有事業や政府機関とつながりを持っている」ので、国有企業ではないかという疑念を持たれている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

クイーンズウェイ・シンジケートとアフリカ貿易 - 中国国際基金

8月
22

中国のアフリカとの石油取引はある不透明な企業連合に支配されている。普通のアフリカ人は、そのかなり儲かる取引から不当な分け前しか得ていないようだ

中国の次の国家主席になりそうな男がアフリカの石油会社の幹部に会う時、人はその王子が優位に仕切ると期待するだろう。しかしながら、マニュエル・ヴィセンテとの間ではそうは行かない。今年の4月15日に、そのアンゴラの国有石油会社であるソナンゴルの会長でCEOは、北京の真ん中にある贅沢な花に飾られた部屋に大股で入り、中国の副首席で中国共産党の次期総書記と目される習近平と握手した。ヴィセンテ氏はアンゴラ政府で何ら公的地位を持っていないが、あたかも国の長の称号を与えられたかのように、習氏はその客に中国は「相互の政治的信頼強化」を望むと再確認した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカの中国人 - 協働への試行

4月
26

アフリカ人は、中国が彼らの昼食を作ってくれるのか、それとも食べるのかを問うている。

Zhu Liangxiuは、ナイロビのバーでケニアのラガーをがぶがぶ飲み、中国の警句を暗誦した。「人は同じ川に2度入ることはできない。」Zhu氏は香港近くの仏山出身の靴製造者で、彼の2度目のアフリカへの旅の最中だ。彼はこの場所が好きになり始めたというが、彼の声には失望が見て取れた。

3年前の彼の最初の旅で、Zhu氏はノート1冊の注文を受け、アフリカ人は彼と取引したいだけではなく、彼の会社を楽しんでいることに驚いた。「私は多くの国に行ったが、ここほど温かく歓迎されたところはない。」と彼は語る。知らない人が、彼の母国の、発展途上国に対する大きな関与を祝福した。中国はアフリカの一番大きな交易相手で、3分の1以上の石油をその大陸から買っている。多くの新しい学校や病院のために金が支払われた。地元の人たちは、中国は貧困を終わらせるために他のどの国よりも良くやっている、と誇りを持ってZhu氏に語った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
シノペック を購読