世界銀行

送金者 - 中央アジアとそのロシア依存

1月
18

ロシアはタジキスタンとキルギスがその衛星国に戻るよう試みている

元ソ連の二つの最貧で弱い継承国家のタジキスタンかキルギスのどちらかで一つの村を取りあげると、そこで多くの男を見つける可能性はない。それは、彼らが作業場で忙しいからではない。むしろ、彼らはロシアに去っているのだ。

世界銀行によれば、タジキスタンは世界中のどの国よりも海外送金に依存しているという。去年、移民労働者はタジキスタンのGDPの47%に相当するものを故郷に送った。たぶん、労働年齢の男性の半分は外国、そのほとんどがロシアにいるだろう。キルギスは、リベリアに次いで、その世界銀行のランキングで3番目だ。1/5の労働力が移民労働者だ。

これら二つの国々の経済的依存は、そのかつての帝国主義の主人に大きな影響力を与えている。外国の軍事基地への好ましい契約をうまく手に入れることができなかったり、母国での愛国主義を強調したいと思うときはいつでも、ロシアは中央アジア諸国にヴィザを導入すると脅す。そして、ロシアは安い労働力を必要とするけれども、タジキスタンとキルギスはそれよりも多く職を必要としている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

貧乏の肖像

10月
03

人々を貧困から引き上げることについての合意は、驚くほど最近のことだ

7月17日に、インドは最新の貧困の数字を発表した。それらは、勇気づけられる物語を語る。貧困線以下のインド人は、2004-05年の37%を超えるところから下がって、2011-12年には22%に少し満たないところになったのだ。選挙がそれほど遠くないので、これらの数字は異論なくは通らないだろう。否定的な態度を取る人は、すでにその数字が政府をよく見せるために早く発表されていることに不平を言っている。しかし、政治的反対派がそれについて頑張って戦う時でさえも、彼らが論議しないことについて注記することは価値がある。誰も貧困の減少が悪いことだとは言っていない。そして誰も、政策立案者が大量の貧しい人々を貧困から出すことを助けようとするべきだということについて論じていない。これは、世界的な合意を写している。国連であれ世界銀行であれ、雑多な役人であれ意識の高い有名人であれ、誰もが貧困の軽減は望ましくかつ可能だと考えている。その議論は詳細についてだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

誇大妄想 - タジキスタンの水力発電

9月
30

巨大建築偏向をもった大統領は、母なる地を搾り取る

ヴァフシュ川の崖の上で、ログンのぐらぐらの広場は、タジキスタンの大統領エモマリ・ラフモンと「ログンはタジキスタンの明るい未来だ」といった彼の金言を取り上げた少なくとも4枚の広告板を自慢する。ログンは、首都ドゥシャンベから100キロ程度離れた町であり、そして長く停滞した夢でもある。世界で一番高い水力発電ダムを建設することだ。赤貧だが水の豊富なタジキスタンは、電気をアフガニスタンや南アジアに売りたいと思っている。理論的には、高さ335メートルのそのダムは、その発電能力を倍にして、タジキスタンを貧困と孤立から救うことができる。しかし、その計画は、完全な妄想ではなくとも、空想的なようだ。それは60億ドルもの費用がかかるだろう(2012のGDPは約76億ドルだった)。大きな隣国のウズベキスタンは、激しく反対している。そしてその投資環境は腐敗によって曇っている。そのダムへの計画は、ソ連崩壊のずっと前に作成されたが、タジキスタンが内戦から回復した2000年代初めに復活した。毎冬、エネルギー不足がGDPを推定3%削り落とす。ログンはすべての問題を解決する、と国のプロパガンダと多くのタジク人は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

MOOCsの攻撃 - 高等教育

9月
26

新しいオンラインコースの軍は、伝統的な大学を脅して正気をやめさせている。しかし、それらは実行可能な事業モデルを見つけることができるのか?

ドットコムマニアは高等教育にやってくるのにゆっくりだったが、今それはその脆弱な産業を固くその手の中に握っている。巨大開放オンラインコースMOOCsを通して無料教育を提供する二つのシリコンヴァレーの新興企業ウダシティとコーセラの去年はじめの立ち上げ以来、学問の象牙の塔はその基礎を揺さぶられている。いくつかの場合何世紀にもわたって打ち立てられた大学ブランドは、情報技術が急速にその既存の事業モデルを時代遅れにするだろう可能性をじっくり考えるよう強いている。一方、MOOCsは、まだ自分たちの事業モデルを理解することなしに、数、資源、そして学生募集を増やしている。

自身の(一般的に無料の)学生にオンラインコースを提供する以外に、大学はそれによってギロチンをかけられるのを避けるためにMOOC革命に参加するよう強いられていると感じている。コーセラは、多くのアメリカの最上位機関を含んだ、世界中の83の大学や単科大学と提携している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

利益なしの名誉? - 高等教育事業

9月
11

ビジネススクールが民間企業と結びつくことは興味深い事例研究だ

ビジネススクールを経験する種類の人々は、利益のために提供されている教育という考えに何の問題も感じないだろう、と思う人がいるかもしれない。しかし、アリゾナの苦闘している学校サンダーバードが教育会社のローリエートとの提携を計画していると3か月前に発表した時、卒業生と学生の間に騒ぎがあった。その契約の保留を求める嘆願はほぼ2,000の署名を集めた。「売り払う」ことによって、サンダーバードの経営陣は学校のブランドを薄め、その学位を安くしている、とそれは言う。

サンダーバードは、第二次世界大戦後の元空軍基地に建てられたその学校自身、非営利のままだ、と主張する。その提携は、その学校のオンライン教育と幹部のためのコースを拡大し、学士号を導入するための外国キャンパスを作り出すために使われるだろう。しかし、去年上院委員会によって発行されたアメリカの営利高等教育会社への破滅的な報告は、その取引についての疑念を説明する役に立つ。それは、2009-10年の学校年度にそのような組織は政府から320億ドルの学生援助を得たことを見つけた。彼らは州立大学よりも高い料金を課すが、教育にそれほど費やしていない。その落第率は警告すべきものだ。2008-09年に、中央値の学生はたった4か月しか続かなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ナイジェリアでの安全な交わり - 新興市場での石油会社

8月
25

法廷の書類は、シェルとENIが巨大なナイジェリアの石油鉱区と勝ち取る動きとその産業のジレンマに光を当てる

油田の契約は、そこからくみ上げられるものと同じくらい不透明になりうる。しかし、提携者がけんかし、法廷に行く時、時に光が売買過程に当たり、それがあらわすものはいつもきれいなわけではない。それは、アフリカ全てに7年間供給するのに十分な90億バレルもの石油を持った巨大なナイジェリアの石油鉱区OPL245のもつれた事例には、確かに当てはまる。

何年もの法的闘争の後で、2011年に、イタリアのENIと提携関係にあるシェルは、この鉱区のために合計13億ドルを支払った。ナイジェリア政府は、その鉱区のもともとの所有者であるマラブ石油ガスと呼ばれる影の多い地元の会社へ、その資金のほとんどが向けられるための導管として働いた。マラブによって雇われたナイジェリア人とアゼルバイジャン人の二人の仲介者は、それから、取引仲介料が支払われていないと主張して、その会社をロンドンで(それぞれ高等法院と仲裁裁判所に)別々に訴えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

珍しい協力 - 国連と世界銀行

8月
11

二つの世界機関を率いる男たちは、同じ言葉と言うだけ以上のことを話している

眼鏡をかけた二人の韓国人がコンゴ民主共和国の混雑して混沌とした首都のキンシャサのスラムにはためく巨大な横断幕から笑いかけた。広告されているその二人の主役は、国連の事務総長潘基文と、世界銀行の総裁で韓国系アメリカ人の医療専門家ジム・ヨン・キムだ。彼らは、二つの広がる組織の新たな提携を始めるために、5月22日に一緒にアフリカのもっとも暑苦しい巨大都市を訪れた。

そのもっとも簡単な形で、彼らの考えは、国連の政治的議題を支持するために世界銀行がその金融力を使うようにするというものだ。アフリカの大湖地域の場合では、世界で最も燃え上りやすい地域の一つである東コンゴで平和を守るための国連の新たな努力を支持するために、その銀行は開発基金として10億ドルを約束している。キム氏が潘氏に皮肉を言ったように、「あなたがたが軍隊を持ってきて、我々がカネを持ってくる。」のだ。

その二人の男たちは、ある明白な関係を持っている。その一組がその地域を一緒に旅行した時、その国連の男の厳粛な演説は、その若き対応者のより速くより砕けた話し方にうまく合っていた。側近は、彼らの間での韓国語での長くて生き生きした議論について話す。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

子供の買収 - チリの人口動態

8月
11

出生率を上げる試み

1990年に戻って、チリの出生率は女性一人につき2.6人だった。2011年までに、世界銀行によれば、その数字は1.8に下がり、南アメリカの最低をブラジルと争っているという。徐々に下がる出生率に直面して、チリの大統領セバスティアン・ピニェラは、その同胞により多くの子供を持つよう懇願している。先月、彼はそうすることに対して彼らにお金を払うことを提案した。

その大統領は、3番目の子供を持った母親に200ドルの支払いで報いる法案を議会に送った。4番目の子供はさらに300ドルのメリットがある。更なる子どもは400ドルの純額を得る。結婚の可否や富に関わらず、すべての母親が適格だ。

その発表は、かなりの量の下品なジョークを促した。異なった母親で3人の子供を持った父親に支払われたのならば、チリ人男性は希望を持って頼まれた。その支払いはすぐに影響力のある保守的なカトリックの分派にちなんで「オプス・デイ・ボーナス」とあだ名された。その批判者が言うには、それは、驚異的な多産さで有名な豊かな保守的な家族を報奨するために設計されたという。女性がより大きな家族を持つためには、より良い保育といったより保守的なやり方がある、と批判者は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いつも一緒にいるわけではない - 貧困

8月
09

世界は、2030年までに10億の人々を極貧から救い出す驚くべき可能性を持っている

2000年9月に、147の政府の元首たちは、1990年の貧困線を基本線として使って、2015年までに地球上の最もひどい貧困で生活する人々の割合を半分にするということを約束した。それは、国連の「ミレニアム開発目標(MDGs)」に祀られた最初の立派な狙いの嘆願だった。妊産婦死亡率を3/4、そして乳幼児死亡率を2/3削減するといったこれらの狙いの多くは、達成されていない。しかし、貧困半減の目標はされている。まったく、それは5年早く達成されたのだ。1990年に、発展途上国の人口の43%が(当時1日1ドルでの生活だと定義されていた)極貧状態で生活していた。その絶対数は19億人だった。2000年までに、その割合は1/3下がった。2010年にはそれは21%(または12億人。購買力の違いで調整した2005年の価格で15の最貧国の自分たちの貧困線は当時1.25ドルだった)だった。地球規模の貧困率は20年で半減されたのだ。

それはある明白な疑問を提示する。もし極貧が過去20年間で半減されることができたのならば、なぜ次の20年で更なる半分を取り除かないのだろうか?2010年に21%が可能だったのならば、なぜ2030年に1%が可能にならないのだろうか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

良いニュースを伐採する - インドネシアの森林

7月
29

大統領は森林保護についての議論を変える助けをしている

インドネシアの大統領スシロ・バンバン・ユドヨノは、信念の政治家としては知られていない。むしろ、彼の指導力は妥協によって特徴づけられている。けれども、環境については、ユドヨノ氏は異常に勇敢だ。気候変動を遅らせるための「ロードマップ」に合意するために、世界の指導者たちがバリ島で会った2年後の2009年に、ユドヨノ氏はインドネシアが2010年までにその炭素排出を少なくとも26%削減すると約束した。それから、2011年には、ノルウェー政府との10億ドルの協定の下で、森林伐採免許に2年間の猶予を課した。その資金は、森林伐採と森林劣化からの排出を減らすための国連計画を支援するつもりのものだ。5月16日に、ユドヨノ氏は再び彼の環境的な根性を示した。商業的利益からの強烈な圧力にもかかわらず、彼は猶予期間をさらに2年延長する法令に署名したのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

世界銀行 を購読