ボスコ・ンタガンダ

より大きな銃が途中にある - コンゴ民主共和国

8月
22

東コンゴの新たな国連介入軍が、もっともしっかりした司令を持っている

その国で2番目に大きな町ゴマの空港に到着した後で、新たな国連軍によってコンゴでみられた最初の道路の広がりは、前に何が横たわっているかを完全に指し示すものだ。舗装されている部分が珍しいその道路は、中央の支配に反対したツチの兵士たちによるそれほど昔ではない素晴らしい勝利の場所だ。重装備した彼らは、去年の遅くに、火山の丘から、国連軍が間もなく拠点を置くだろう小さな町のサケへの道に沿ってキヴ湖の浅い岸へさっと下り、復員したコンゴ軍兵士たちを彼らの前に押している。道路の両側にある人の高さの草には、数日間制服を着た死骸が散らかり、ハエがゆっくりしたもの、酔っぱらい、そして不運なものの上に群がっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

平和のヒント - コンゴ

4月
21

ある軍閥の逮捕は、騒々しい地域を少し落ち着かせる役に立つかもしれない

コンゴの軍閥ボスコ・ンタガンダをハーグの国際刑事裁判所(ICC)で3月26日に目にしたのは、前進の兆しだ。しかし、コンゴ民主共和国に耐久力のある平和をもたらすためには、さらに多くの外交的国際的威圧が必要とされるだろう。

ンタガンダ氏は、3月18日に、隣のルワンダのアメリカ大使館に自首した。彼は、たぶん彼自身の運動の騒ぎの結果として、殺されることを明らかに恐れていた。彼は、10年以上にわたってコンゴの東側でテロを広げてきた。彼は鉄拳をふるった。彼自身の反乱軍の最初のものは隣のルワンダに支援され、それから今後の国軍に入り、そしてついに、去年、再び誰にも所属していないように見える反乱軍として立った。ルワンダの大統領のポール・カガメのようにツチ族のンタガンダ氏は、他の民族集団の人々へのテロの多くを指示した。

ほとんど5年間、彼は図々しくもICCによって発行された逮捕状を無視し、コンゴの国連平和維持部隊を困惑させ、コンゴの大統領ジョセフ・カビラが彼の国を支配する主張をあざけった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

強い男 - ルワンダ/ポール・カガメ

10月
05

ルワンダの戦いなれた大統領ポール・カガメは西側の攻撃にさらされている。彼は戦いの準備ができている

アフリカの真ん中に位置するルワンダで、キガリはその真ん中に位置し、そしてその町を二等分する木製の棟には一層の政府合同庁舎があり、そこでほぼ毎日ほとんどの時間、大統領のポール・カガメが机に向かっている。しかし、地理と勤労だけがカガメをアフリカでかつてないほどの中心的な人物にしているわけではない。1994年に世界が躊躇した時にジェノサイドからその国を救った反乱軍司令官は、それ以来大統領としてルワンダを素晴らしい再生に導いている。過去10年間で、ルワンダの経済成長は平均8.2%で、国家予算における援助の割合は85%から41%に下がっており、幼児死亡率は半分になっており、小学校への入学は3倍になっている。その記録は彼を突然成長と機会が爆発している新しいアフリカの化身にしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

かつて安定していたことがあるのだろうか? - コンゴ

5月
16

コンゴの無法な東部で別の反乱が吹き荒れている

「ターミネーター」とあだ名されたボスコ・ンタガンダ将軍は、国際司法裁判所から2002-03年に東コンゴで戦争犯罪を犯したとして指名手配されている。3月に、その裁判所は、少年兵を使ったとして別の東部地域を荒らした、別の元コンゴ人反乱軍指導者トーマス・ルバンガに有罪判決を下した。つぎはンタガンガ氏のためにその裁判所が来ているという噂が東コンゴの丘を渦巻いた。だから、彼は300人の兵士を率いて、農場と愛する牛たちを持っており多くの地元民が彼の仲間のツチである北キヴ州の中心地に深くひきこもった。

過去20年間地球上でもっとも死者が多く出た場所の一つである東コンゴが、それ以来災害の瀬戸際で揺れてきた。それはまたやってきたのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ボスコ・ンタガンダ を購読