アフリカ開発銀行

アフリカでの珍しい食肉の成功 - ザンビーフ

8月
18

ある急成長する食品会社が、その本国を越えて顧客を探している

ザンビアの首都ルサカの贅沢な場所にあるショッピングセンターのマンダヒルの上得意は、とても締まって大ぶりなその牛肉と鶏肉が好きだ。そのモールにある、南アフリカのスーパーマーケットチェーンショップライトの支店で売られている肉は、12切れにまで切られてトレイでやってくる。肉は週に3回届けられる。切断、整え、味付け、そして包装は、展示キャビネットの後ろにあるガラス張りの部屋で、厳しい基準に沿って行われる。見ることのできる肉屋たちは、車でそこに買い物に来る富裕なルサカ人にとって、新鮮さの象徴のようなものだ。その店は全ショップライト帝国の中で最も繁盛していると言われる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

もはや何とか切り抜けることはできない - 南アフリカの経済

8月
11

ゆっくりとした成長と下落する通貨は、より深い不調への警告すべき症状だ

ほとんどのアフリカが繁栄し始めるにつれ、その大陸最大の経済は伸び悩んでいる。5月28日に発表された数字は、南アフリカのGDPが第1四半期に年率換算でたった0.9%しか伸びていないと示した。アフリカの経済的見通しを知らせるアフリカ開発銀行(ADB)と先進国のシンクタンクOECDからの新しい報告は、その経済的見通しの点で南アフリカを52か国中低い48番目に位置付ける。

しかし、南アフリカの2013年の2.8%のGDP成長という予測は、すでにあまりに楽観的に見える。失業と貧困を削減するために必要だと政府が言う、維持された5%の率は、世界が違うようだ。

第1四半期のGDPの数字の数少ない明るい点の一つは鉱業だが、その産出は再び下がっており、ストライキの恐れがその直近の見通しを曇らせている。南アフリカの総輸出のだいたい1/4が、景気後退に陥っているヨーロッパ向けだ。国内支出も弱い。ウォルマートが一部所有するスーパーマーケットチェーンのマスマートだけが、みすぼらしい売上を報告した最近の大きな小売業者だ。消費者の信認は9年来の低い値にある。銀行は、最近まで個人向け融資を沈ませないようにする役に立っていた無担保信用を削減している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

私の方法でそれをする - エチオピアとケニア

4月
05

二つのまさに反対の経済モデルの間でのイデオロギー的な競争

メテマでの到着ターミナルでエチオピア国境警備がすべてのパスポートを手書きの望ましからぬ人物リストとあわせ、それらをはじき出す。ここは、国家がもっともよく知っている国だ。それは、訪問者にとって面倒かもしれないが、それはエチオピアをアフリカの開発の星の一つにしている。国境から離れる新たに建設された道路は、コーヒーについてエチオピアで二番目に大きな輸出品のゴマの集約的な畑に囲まれている。収穫された茎の黄金の束が、小川の脇の畑に置いてある。ボブ・ゲルドフがその国について「かつてなにも育ったことがなく/雨も降らず川も流れず/彼らは今がクリスマスの時期だって知っているのだろうか?」と歌った飢饉に襲われた1984年から長くたった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

保留の痛み - ルワンダへの援助

1月
27

ルワンダの広く賞賛された開発計画は今行き詰っているのか?

一人の新参者が西のコンゴ民主共和国からルワンダを東に分かつ、深くて危険な水のキヴ湖に到着した。ハイテクのはしけがルワンダ側のキブエの港できらめく鋼鉄タンクとともに錨をおろしていた。近くには、赤いブイの並びが、木製ボートの漁師たちが縦横に通る水路に伸びる新しいパイプラインへの道に印をつけている。

周りの火山からの二酸化炭素とメタンを吸い込んで、キヴは世界で最も爆発性の湖だ。もしそのガスが突然発散されれば、その爆発(地学的に言うところの「湖水循環」)は、おそらく岸に住む200万人の人々を窒息させるか焼き尽くすかして、「人類が経験した中で最大の大惨事」になりうる、とフィンランド人技術者ジャーモ・グメルスは語る。彼は、メタンを取出し電気に変えようとしているアメリカのエネルギー会社コントゥアーグローバルによって作られたそのはしけの上で働いている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

年金責任者は国境を越えた信頼を打ち立てることを狙っている - 南アフリカの社会インフラ

11月
08

ファンドはより広い投資を探る

南アフリカの国有の公共投資公社(PIC)は、その管理下に1兆ランド(1,140億ドル)以上を置くアフリカの年金ファンド管理者の巨人だが、その大陸中での投資を動かそうと計画している。

PICの社長エリアス・マシレラは本誌に、500億ランドに上る額を他のアフリカ諸国に展開しているその100年企業が、アフリカチームを募集しており、32か国で営業している汎アフリカ的なグループであるエコバンクの株式の20%の最近の2,500万ドルの買収を買い増そうとしている。

「我々は機会に突き動かされている。どの部門を優先するのか率直に言うのは難しい。」マシレラ氏は語る。「しかし、我々の見方は、経済的・社会的インフラ、通信、電力、道路、ダム…に影響のあるものは、我々が見ている種類のものになっている。」

南アフリカの国境を越えた焦点は、PICにその半分はアフリカのほかの部分に向けられるだろうその資産の10%までを母国外に投資できるようにした2010年の決定にまでその根をたどることができる。

その根拠の中には、南アフリカの経済成長が部分的にはその大陸の仲間の発展に依存するだろうというものがある、とマシレラ氏は語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

銀行は新たな市場を追い求めてカネを追いかける - 南アフリカの金融拡大

11月
08

その大陸は世界で最も早く成長している経済のいくつかの故郷だ

スタンダード・バンクの子会社であるCFCスタンビックが今年南スーダンにその最初の支店を開いた時、それはその大陸中で拡大のペースを加速する南アフリカのより深遠な例を記録した。

アフリカでもっとも新しい国の南スーダンは、その大陸でもっとも未開発で最貧の国の一つだ。それは、独立を成し遂げて16か月後にも、その北の隣国スーダンとの急な武力衝突に入る売る緊張に、依然として悩まされている。

しかしながら、それは、特に石油といった原材料に富んでいる。CFCスタンビックのジュバ支店が公式に開店した時、スタンダード・バンク・アフリカの頭取のクリス・ニューソンは、南スーダンの天然資源の潜在力は「強い成長を駆動し、エネルギー部門、社会資本開発、そして農業で投資を惹きつけるよう期待された」、と語った。

その開店は、資産においてアフリカ最大の銀行で20%が中国のICBCに所有されているスタンダード・バンクが、南アフリカを除いてその大陸で17か国にその存在を拡大したことを意味した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

強い男 - ルワンダ/ポール・カガメ

10月
05

ルワンダの戦いなれた大統領ポール・カガメは西側の攻撃にさらされている。彼は戦いの準備ができている

アフリカの真ん中に位置するルワンダで、キガリはその真ん中に位置し、そしてその町を二等分する木製の棟には一層の政府合同庁舎があり、そこでほぼ毎日ほとんどの時間、大統領のポール・カガメが机に向かっている。しかし、地理と勤労だけがカガメをアフリカでかつてないほどの中心的な人物にしているわけではない。1994年に世界が躊躇した時にジェノサイドからその国を救った反乱軍司令官は、それ以来大統領としてルワンダを素晴らしい再生に導いている。過去10年間で、ルワンダの経済成長は平均8.2%で、国家予算における援助の割合は85%から41%に下がっており、幼児死亡率は半分になっており、小学校への入学は3倍になっている。その記録は彼を突然成長と機会が爆発している新しいアフリカの化身にしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

買い物に出かける大陸 - アフリカの消費財

9月
07

アフリカの急速に成長する中産階級は支出する金を持っている

アフリカの消費者は十分に供給されておらず、過大請求されている、とユニリーヴァのアフリカ責任者フランク・ブラエケンは説明する。最近まで、アフリカ人の髪に特化して作られたシャンプーや黒い肌のための化粧品を欲する南アフリカ人は、高価なアメリカの輸入品以外にはほとんど選択肢がなかった。ユニリーヴァは機会を見つけた。そのモーションズ・ブランドのシャンプーとコンディショナーが今ヒットしている。

その英国オランダ系の消費財大手は、アフリカの消費者のために製品を仕立てる大きな努力をしている。買うことのできる食品、水節約型の洗剤、そして現地の好みに合った身づくろい製品だ。それはまた、ほかの事業も助けている。去年、ユニリーヴァはヨハネスブルグにモーションズ・アカデミーを開設した。毎年、それは自分のサロンを開きたい5,000人もの理髪師を訓練する。それはまた、製品をテストし、新たなビジネスモデルを試してみる研究所でもある。もしそれがうまくいけば、ユニリーヴァはそれをアフリカの他の所でまねする計画を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

太陽は明るく輝く - アフリカの有望な経済

12月
12
その大陸の印象的な成長は続きそうに見える
 
オプラ・ウィンフリーは30億ドルの富によってアメリカでもっとも裕福な黒人の地位を何年も守ってきた。しかし、彼女はもはや世界でもっとも裕福な黒人ではない。その名誉は今ではナイジェリアのセメント王のアリコ・ダンゴートのもとへ行った。批判者は彼があまりにその国の汚れた政治的階級に近すぎると不平を言う。にもかかわらず、彼の100億ドルの富は稼いだもので、着服したものではない。ダンゴート・グループは1977年に小さな貿易会社として始まった。それは、建設と同様、砂糖から運輸に至るまで手を広げた汎アフリカ的な複合企業になり、しかもそれは実業で略奪的な詐欺師ではない。
 
正統的な独立独行のアフリカの億万長者たちは希望の先駆者だ。数こそ少ないが、彼らはより一般的になっている。彼らはどれほどアフリカが進歩したかの実例となり、その高成長率が続くかもしれないと信じる理由を与える。その大陸の地中海沿岸の政治が今年の見出しを独占したかもしれないが、サハラの南の新しい好況はより多くの生活に影響する。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

アフリカ開発銀行 を購読