ミシガン大学

巨視的配偶 - アメリカを再生する

2月
14

急な下落の後で出生率は横ばいになっている

アメリカ応援団の間での楽観主義の一つの理由は、その国がほかの先進国よりも若く元気な人々を多く持っているということだ。これは、幾分かは移民のおかげで、いくらかは内国民の間でのより高い出生率のおかげだ。逆に、アメリカの衰退について不平を言う人々は、出生率が少しでも下がれば一般的な不安感の兆候だとみなす傾向にある。11月6日に保健省によって発表された2012年の出生についてのデータは、両者に対してなにがしかを提供する。

最も目立った発見は、数年の減少の後で、誕生した子供の絶対数の傾向は、2012年に横ばいになったということだ。これは、出生率が11%下がった大恐慌中のものに比肩する下落であった2007-11年の間の8%の下落の後にやってきた。州別データも同じ物語を語る。危機がひどく影響したアリゾナは、出生率の目立った減少を経験した。フラッキングで道を切り開いたノースダコタは、何の変化も経験しなかった。

これは、子供を作ることとGDPを生み出すことの間のつながりの強い証拠のようだ。しかし、経済成長と出生率との間の相関は信頼できない。1957-73年の間、その期間の多くで経済が活発だったのにもかかわらず、出生数は27%減った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

人生を捕まえろ! - フェイスブックはあなたにとって悪い

12月
15

ソーシャルネットワークを使うことは、人々をより悲惨にするようだ

フェイスブックに参加する衝動に抵抗している人々は、最新の研究を呼んだ時、確かに立証されたと感じるだろう。ミシガン大学のイーサン・クロスとベルギーのルーヴェン大学のフィリッペ・フェドユンによって行われた、パブリック・ライブラリー・オブ・サイエンス誌に掲載されたばかりの研究は、誰かがフェイスブックを使えば使うほど、人生に満足しなくなることを示している。

フェイスブックを使うことは、嫉妬、社会的緊張、孤立、そして鬱と組み合わさるということを、過去の調査は見つけている。しかし、これらの研究は、すべて「横断的」なもの、すなわちその時のスナップショットだ。そう言うものだから、それらは相関と原因を混同する危険がある。たぶん、ソーシャルメディアにより多くの時間を費やす人々は、最初の段階で負の感情を持つ傾向を持っているだろう。クロス博士とフェドユン博士によって行われた研究は、フェイスブック利用者がいかにしてその感情を変化させたかを追うために、長期にわたって彼らを追った最初のものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゴリアテ - 大企業と経済の変動性

9月
08

大企業の運命は経済の変動性を説明する役に立つ

2004年12月に、マイクロソフトは巨大な330億ドルの配当をその株主に支払った。その種の最大の支払いであるそれは、その年のアメリカ人の個人所得の増加の6%を占めた。いかに大企業が大きな影響を持ちうるかの例は、より完全にはやってこない。これらの種類の企業が特定できるものの衝撃は、個々の企業の上昇と下降がお互いを消しあう傾向にあると推測する経済学者のモデルからは一般的に除外される。しかいかに貿易やGDPのようなものが展開するかを理解するために、最大の会社の後を追うことは重要だ。

さっと見ると、その数はトップダウンの見方をすることを正当化しそうに見える。事業の世界は巨大だ。アメリカにはだいたい2,700万の会社がある。英国には480万だ。それぞれの国は、何百もの産業をまたいで何百ものほかの国と取引し、何千もの国と産業の貿易のつながりを作り出している。地球規模のネットワークは、何百万も走っている。経済は何百万もの企業と取引関係からなっているので、それぞれはわずかな埃のように見える。個々の会社と輸出チャネルは問題になるべきではない。これは、共通の衝撃だけが総計の変動を説明することができることを示唆する。一つの企業での労働者のストライキは十分ではないが、ゼネラルストライキは十分なのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

純利益 - インターネットの利益計量化

4月
11

インターネットが消費者にもたらしている利益をいかに計量化するか

彼女の2歳の娘が1992年にがんだと診断された時、ジュディ・モリカは近くの南フロリダの医療図書館で何時間も過ごし、その子の状態についての情報を得るために雑誌を念入りに調べた。よく知らない言葉を見るたびに、彼女は止まって図書館のほかの場所でその意味を追い詰めただろう。それは「暗闇の中を歩く」ようなものだった、と彼女は語る。彼女の娘は回復したが、2005年に違った型のがんを診断された。今回、モリカ女史は彼女のそばにとどまることができた。彼女は記事をオンラインで読み、医学と科学的用語を直ちにウィキペディアで調べ、脚注を追って新しい資料をたどることができた。彼女は、娘の専門医に仲間の医者のように話しかけることができた。ウィキペディアは時間を節約させただけでなく、より大きなコントロール感も与えたと彼女は言う。「それに価格をつけることなどできない。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

限界の呼びかけ - 金融とアメリカの貧者

3月
17

アメリカの金融の主流の端での生活

金融産業が貧しい顧客の前に不適切な商品をぶらぶらさせることよりも悪いたった一つのことがあり、それは、彼らに金融サーヴィスをまったく供給しないことだ。12月に、連邦預金保険公社(FDIC)は、ほぼ12件に1件のアメリカの家計、または1,700万人程度の大人が、当座か貯蓄の口座を持っていないことを意味する「無銀行」であることを見つけた調査を発表した。その調査はまた、5件に1つのアメリカの家計が、銀行口座は持っているが、典型的には、短期小口ローン、小切手割引サーヴィス、ノンバンク資金、または質屋といった題対サーヴィスにも頼らなければならない「過小銀行」であることも見つけた。

すべての無銀行が貧しいわけでも、すべての貧しい人々が銀行口座を欠いているわけでもない。しかし、(FDICの調査では年間所得が1.5万ドル以下だと定義された)低所得家計の間での無銀行率は、全体の率の3倍以上だ。口座なしの貧しいアメリカ人の比率は、他の豊かな国と比べて特に悪い。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

少年から大人へ - サッカーアフリカ選手権

2月
26

最高に追いつくのは、経済よりもサッカーでは簡単だ

ルステンブルクのロイヤル・バフォケン競技場には4.4万人の観衆を収容できるが、キックオフ時にはやっと1/4が埋まっていただけだ。メインスタンドの最前列の角は、現在南アフリカで行われている第29回サッカーアフリカ選手権(Afcon)の優勝候補の一つ、コートジボワールのオレンジをまとったサポーターで満たされている。1月25日の彼らの対戦相手は、太鼓を打ち鳴らす騒がしいファンに応援されたチュニジアだった。グラウンドに散らばっていたのはホスト国南アフリカのチーム、バファナ・バファナ(少年たち)の黄色いシャツを着たサポーターだった。地元の人たちは3-0で勝ったゴールのうち2つが試合の終わりごろに入ったコートジボワールを応援した。それまでに、その競技場は半入りに近づいた。

南アフリカの商業首都ヨハネスブルクの北西にあるルステンブルクは、ゴールポストを融かすには十分なほど暑かった。1週間前にホスト国が小さなカーボ・ヴェルデにスコアレスドローを喫した時、その大会は雨降る夕べにずぶぬれになって始まった。バファナ・バファナの不発は、すでに注意を惹くのに苦労していたその大会の前兆を示した。しかし、アンゴラに勝ち、モロッコと引き分けて南アフリカが決勝トーナメントに進出すると、国の鼓動は少し速くなり始めた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

素材の答え - ダーク・マター

7月
21

宇宙は見えない糸によって縫い合わされている

ヒッグス粒子は、今週その性質が証明されたたった一つの興味深い物質の形ではない。ネイチャー誌に公開されたばかりのミシガン大学のジェーグ・ディートリッヒとその同僚たちによる論文は、ダーク・マターとして知られる物質を(もしその言葉が適切ならば)照らした。

その理論が言うには、ダーク・マターは、電磁力と相互作用できない粒子からなっており、それ故に光と何の交渉も持たない。しかしそれらは、重力に関して相互作用を持つ。実際、銀河が回転するときにバラバラにならないようにしているのはダーク・マターの重力的引力だ。さらに、計算によると、宇宙には普通の物質の5倍のダーク・マターがあるという。しかし、ダーク・マターは単独ではほとんど見ることのできないものだ。暗いものと見える形のものの両方は重力によって影響されるので、彼らは群れを作る傾向にある。

宇宙の進化モデルは、けれども、この群れの形成が副次的なものだと示唆する。若い宇宙は、最初ダーク・マターの糸の格子に満たされており、それから見えるものがそれらの糸の周りに集まり、今知られる銀河を形成したのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ミシガン大学 を購読