IMF

悪い記憶 - アジア金融危機

12月
21

1997-98年の地域金融危機のこだまが騒々しいが、誤っている

同じ川に2度入ることは決してできないが、それは忘れられないほどに親しんで見えるかもしれない。だから、最近アジアの通貨と株式市場がのたうちまわるにつれて、投資家と評論家が1997-98年の金融の嵐の亡霊を召喚するのは、驚くことではない。その危機は最初にタイで起こり、それからインドネシアと韓国がIMFの救済下に入った。それは地域経済を破壊し、インドネシアは32年間のスハルト独裁を倒した。フィリピンとマレーシアは、ひどいけがによろめいた。いま、その地域の市場関係者は、シリアでのアメリカ主導の軍事行動の可能性の帰結についての恐れが増すにつれて、そこが再び感染し、さらに悪くなることに神経質になっている。にもかかわらず、川は変わっており、不注意な人々を押し流しそうもない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

タクソノミクス - 日本の消費税

10月
09

議論を呼ぶ課税での重大な増税は、疑わしいかもしれない

日本人は、世界で最も税金を納めたがらない人々に入る。彼らは付加価値税(VAT)に最も深く気が進まずに留保している。それは、VATの発明者の一人アメリカ人経済学者のカール・シャウプが、それを第二次世界大戦後の占領中の新税の実験台として使ったからかもしれない。日本は間もなくVATをやめ、1989年になってから「消費税」を再導入した。これは素早くその外国人によって課された前身と同じくらい憎まれた。

日本が消費税の再導入以来たった二度目の増税に苦労するとき、外人が再び見ている。IMF、(主に先進国が参加するパリにあるクラブの)OECD、そして地元の組織は皆、一連の増税がGDPの250%に近づくその大きな公的債務を管理するための日本のたった一つの道だと説明する。去年増税を支持する法律を成立させた民主党は、それがなければ日本はすぐにギリシャの道をたどりうると論じた。金融市場は、それからの政権交代にもかかわらず、増税が進むことを織り込んでいる。今週、当局は計画通り進めるかどうか調べるための委員会を立ち上げるということによって、彼らを驚かせた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ティーショク(アイルランド首相)の頓挫 - アイルランド

9月
14

景気後退が戻ってきて、銀行員の悪事が発覚する

アイルランドの首相エンダ・ケニーにとって、銀行員たちの会話の録音が漏れたことほど、イライラさせる時間になったことはほとんどないだろう。6月30日にケニー氏の政府は6か月のEUの持ち回り議長国を終え、その間にEUは予算を仕上げた。そのうまく行った仕事は、アイルランドがヨーロッパで失った権威をいくらか回復するのを助けただろう。

悲しいことに、ケニー氏の成果は、納税者の費用に関わらず破綻した機関を前の政府が救うことを確かめるようアングロ・アイリッシュ銀行の役員が企んだ5年前のテープの暴露によって、影が薄くなった。アングロのテープの調子と中身についての大衆の抗議が起こった。アイリッシュ・インディペンデントに掲載されたその抜粋は、2008年9月に世界的金融危機が展開し、アングロが巨大な預金流出を食い止めるのに苦労していた時の、銀行の役員の間での電話の会話を物語った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゴリアテ - 大企業と経済の変動性

9月
08

大企業の運命は経済の変動性を説明する役に立つ

2004年12月に、マイクロソフトは巨大な330億ドルの配当をその株主に支払った。その種の最大の支払いであるそれは、その年のアメリカ人の個人所得の増加の6%を占めた。いかに大企業が大きな影響を持ちうるかの例は、より完全にはやってこない。これらの種類の企業が特定できるものの衝撃は、個々の企業の上昇と下降がお互いを消しあう傾向にあると推測する経済学者のモデルからは一般的に除外される。しかいかに貿易やGDPのようなものが展開するかを理解するために、最大の会社の後を追うことは重要だ。

さっと見ると、その数はトップダウンの見方をすることを正当化しそうに見える。事業の世界は巨大だ。アメリカにはだいたい2,700万の会社がある。英国には480万だ。それぞれの国は、何百もの産業をまたいで何百ものほかの国と取引し、何千もの国と産業の貿易のつながりを作り出している。地球規模のネットワークは、何百万も走っている。経済は何百万もの企業と取引関係からなっているので、それぞれはわずかな埃のように見える。個々の会社と輸出チャネルは問題になるべきではない。これは、共通の衝撃だけが総計の変動を説明することができることを示唆する。一つの企業での労働者のストライキは十分ではないが、ゼネラルストライキは十分なのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ミルダかエウロパか?

8月
11

なぜいくつかの国は依然としてユーロに参加したいと思っているのか?

ラトヴィア人たちは愛情をこめて彼女をミルダと呼ぶ。その民俗的頭飾りと編んだ頭髪で、彼女は戦間期の最初のラトヴィア共和国の銅貨に現れた。彼女は、ソ連の下で失われた国の象徴になった。亡命者の間でミルダは人気のある贈り物だった。第二次世界大戦中にドイツに住んでいたグンデガ・ミチェレは、5歳の誕生日にブローチにはめられた5ラット通貨を与えられた。1991年のラトヴィアの再興で、ミルダはラトヴィアの紙幣の透かしとして(そして500ラット紙幣に)戻ってきた。今、その政府はその愛されたラットを、来年1月にユーロに変えたいと思っている。(その乙女は1ユーロと2ユーロのコインにだけ現れるだろう。)

多くのラトヴィア人のように、ミチェレ女史はその考えを承認しない。彼女は経済についてほとんど知らないことを認める。しかし、ナチスとソヴィエトの下でのラトヴィアの苦悩を記録するリガの占領博物館の理事として、彼女は象徴の力を理解する。寄付箱の中をじっと見て、彼女はラトヴィアの紙幣が「やわらかくて暖かい色」を持っているという。ユーロ紙幣の特徴のない建築の意匠は「何の感情的なつながりもない。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

恥ずべき鉱物 - コンゴ民主共和国での事業

7月
14

それはどれだけ悪いのか?

コンゴでの事業情勢は「ひどい」、とキンシャサのある政府顧問は語る。どんな無頓着な訪問者もたぶん気づいている。交通警察は理由なく車を止め、割り込み、金を払うまで出ていかない。7-8人で会社の事務所にやってきた徴税人は、もちろん、交渉で値下げしうる要求をする。その中部アフリカの国最大の事業、土を掘って貴重な鉱物を抽出することが、それほど汚れていても、あまり不思議ではない。元国連事務局長コフィ・アナンによって率いられたある専門家パネルは、2010-12年の間に結ばれた5つの協定を見て、政府所有鉱山が売られた総額と、それらの価値についての独自調査を比べた。それは、その国の健康教育年間予算の倍に当たる13.6億ドルの差を見つけた。そして、これらの協定は、行われたすべての安売りのほんの小さな部分だ、と5月10日に南アフリカのケープタウンでアナン氏が発表したその報告は言う。
 

コフィの疑問

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バルトの野望 - ラトヴィアとユーロ

6月
02

ラトヴィアは来年の1月にユーロ圏の18番目の加盟国になりそうだ

ヴァルディス・ドムブロフスキスは、阻止されない。キプロス、スロヴェニア、そして継続するユーロ危機にもかかわらず、そのラトヴィア首相は彼の国を2014年1月1日にその単一通貨に参加させたいと思っている。今週、彼は、スペイン人と並んでラトヴィアのたくらみについてもっとも懐疑的であるフランス人を説得するために、パリに飛んだ。

それにもかかわらず、ラトヴィアは楽勝であるべきだ。その小さなバルト海の国は、努力なくしてマーストリヒトの条件を満たす。今のところ、ユーロ圏はそのすべてに従った国を拒絶したことはない。さらに、ラトヴィアの経済はしっかりと成長しており、その通貨はほぼ10年間ユーロにペグしており、その民間と法人の債務の90%までもがすでにユーロ建てになっている。その北の隣国エストニアは2011年に加盟し、3番目のバルト国家リトアニアは2015年に後に続きたいと思っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

前に傾く - ナイジェリア

5月
20

アフリカの巨人は立ち上がっているが、それは依然としてその足が定まらないようだ

何ラウンドも戦った重量級のボクサーのように、ナイジェリアは時々パンチドランクのようだ。ある時、それはその大きさの徳と顔に浮かべた笑みによってそれは王者のように行動し、次にはそれは病床に就き苦悩にうめくだろう。全体として、その国はよろよろ歩き、その実際の成果と同じくらいその巨大な潜在力に喝さいを送られる。それは依然としてやはり病人だ。

北の地域はかつてないほど貧しく、イスラム主義者のテロリズムによって破壊されている。それを抑えるための警察の野蛮な努力は、普通の北部人を更に不機嫌にする。南部の石油があふれるデルタは無秩序で、継続する大規模石油泥棒によって抜き取られ、ナイジェリアの非常に高い標準に従っても高いレヴェルの汚職に穴だらけにされている。その国中、特に南部やバブルに沸く商業首都のラゴス市内かその周辺の富裕な人々の誘拐は、ますます頻繁になっている。財務大臣ンゴジ・オコンジョ=イウェアラの母親は、5日後に開放されたが、そのような過酷な試練に12月に苦しんだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

戦争に飽き飽きした - ギニア=ビサウ、ギニア、シエラレオネ

4月
03

なぜ、その大陸の多くにわたっての戦いが近年静まっているのか

バスのヘッドライトが、国境を越えた最初の関門の垂れ下がったブッシュの間に立つ、肩に銃をかけた兵士の濡れた人影を浮かび上がらせる。彼は雨の中から急いで暖かいバスに入り、ほとんど思いつきのように彼がその国を通る短い旅をエスコートすると発表する。「我々は止まるが、誰も降りることができない。」彼は語る。

数日前、将校の一団がギニア=ビサウで権力を握った。これは異常なことではない。150万人の小さな国は、過去10年で5回のクーデターを経験している。1974年にポルトガルから独立して以来、任期を完遂した大統領はいない。しかし、これはセネガルからより大きな隣国であるギニアへそして更にシエラレオネとリベリアへのバスにはめったに問題を起こさない。今日のスケジュールのたった一つの変化は、首都のビサウでの正規のバス停で、乗客は乗るかもしれないが、降りることはないということだ。

その兵士は帽子を絞り、不便をわびる。「わかるだろ。」地元の人々はうなずき、それから彼に長広舌を始める。「雨が降っているのはお前のせいだ。」一人が叫ぶ。乗客たちは笑う。彼らは開発の欠如を手におえない軍のせいにする。時折の殺人だけでも十分に悪いが、腐敗はさらに悪い、と運転手は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いかさまの通貨戦争 - 世界経済

3月
10

世界は日本とアメリカの金融的自己主張を歓迎すべきだ

世界最大の経済からの高官たちは、戦争を避けるミッションのために2月15-16日にモスクワで会う。爆弾や銃弾を伴ったものではなく、「通貨戦争」だ。財務大臣と中央銀行総裁たちは、G20の彼らの仲間たちが、その隣国の犠牲の下に輸出を押し上げ経済成長させるために、その通貨を切り下げることを心配している。

ブラジルに率いられた新興経済は、連邦準備銀行が新規発行した金で債券の山を買った2010年にアメリカが通貨戦争を扇動しているとして最初に非難した。その「量的緩和」(QE)は、投資家により良い利益を求めて新興市場に流れ込ませ、その為替相場を引き上げた。今、それらの非難は、日本に浴びせられている。新首相の安倍晋三は、成長を再開し、デフレを破るために、勇敢な刺激策を約束している。彼はまた、輸出を強めるためにより弱い円を要求している。それは(安倍氏が権力に向かっていることが明らかになった)9月以来ドルに対して16%、ユーロに対して19%鈍く下落している。

しかしながら、その不平はやりすぎだ。アメリカや日本の行動を非難するよりむしろ、他の国々は彼らを賞賛すべきだ。そして、ユーロ圏は彼らの例にかなり従うだろう。
 

剣を印刷機に変える

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

IMF を購読