南シナ海

南シナ海 – トラブルを抱える水域での石油

2月
11

紛争中の海での二つのケーススタディ

その小さな隣国たちには迷惑なことに中国の領海主張がますます独断的になっている南シナ海での操業で、二つの中国の石油会社が対照的なやり方を示している。一つの会社の行動はその地域での緊張を高めており、一方もう一つはそれを緩和するやり方の兆候かもしれない。

去年の7月、香港に上場しており本土の有力者とつながりを持っているブライトオイル(光進石油)は、アメリカの会社ハーヴェスト・ナチュラル・リソーシズから620万エーカー(250万ヘクタール)の海底採掘権を買った。その区画には、議論を呼ぶ歴史がある。それは650海里(約1,200km)以上中国の沿岸から離れており、ヴェトナムからは発った200海里しか離れていないが、中国はWBA-21と呼ばれるその地域に「歴史的権利」があると主張する。それは、北京の曖昧なその海域での領有権主張を示すU字型の「九段線」の南西の端にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

手を取り合って - 日本と東南アジア

8月
09

安倍晋三は、東南アジアに押し込むための経済的と同様に外交的な理由を強いている

5月26日にテイン・セイン大統領が安倍晋三をミャンマーの首都ネピドーに歓迎した時、それは相互尊重のすべての乾杯と吐露だった。安倍氏は1977年以来その国を訪れた最初の日本の首相だった。どちらの指導者も、西側が野蛮な軍事態勢を避けた10年間でさえも、長きにわたって比較的良好だった外交と経済のつながりを固めるよう決心したように見えた。ミャンマーの野党指導者アウンサンスーチーにも会った安倍氏は、テイン・セイン氏が2011年に始めたその国の新しい改革への関与を支持するための「すべての可能な支援」を約束した。

日本の行為はその素晴らしい言葉にあった。安倍氏はミャンマーの18億ドルの債務を帳消しにし、更なる5億ドルの援助融資を約束した。これは、商業首都のヤンゴンのすぐ南のティラワの経済特区を含んだ、過去18か月間ですでに合意された日本の関与の上に来る。日本は、今かなりいっぱいになったヤンゴンの古い港にとってかわる新しい港を含むだろう、2億ドルのティラワへの初期投資をしている。何十人もの日本の会社役員もまた、安倍氏とともに、彼が機会を探すよう促しているミャンマーにやってきた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ASEANでのすべての変化 - 東南アジアと中国

3月
05

今年の新たな管理の下での、穏やかな時への望み

東南アジア諸国連合(ASEAN)のもっとも熱心な支持者でさえも、去年がその10か国のグループにとってかなり悲惨だったと認めざるを得ない。その地域のふつう穏やかな合意方法にとってかわったのは、すべてその首脳会談でとてもおおやけに屈辱的に示された、けんかと口論の前例のない勃発だった。

そのすべての根は、南シナ海での中国の領有権主張についての議論だった。そのグループで中国に最も近く2012年のASEAN議長国だったカンボジアは、その同盟国の主張を押そうとした。これは、特にヴェトナムやフィリピンといった自身その領有権を主張するASEAN加盟国のいくつかからの厚くなった反応を惹き起こした。去年数週間にわたって、フィリピン海軍は議論になっているスカボロー礁のそばで中国艦船と緊張したにらみ合いに巻き込まれた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

分割された我々はよろめく - 危機にあるASEAN

9月
02

インドネシアは東南アジアの深まる裂け目をいやすことができるのか?

何十年もの間、東南アジア諸国連合(ASEAN)は、巨大な政治的経済的違いを持った地域に優しく首尾一貫性をもたらそうとしたので、世間の注目によるきらめきで困難に見舞われることなく、かなり非難のない存在を率いている。例えばヨーロッパ連合のような高みと悲惨な低みはASEANのものではない。そのすべては、今、突然変わっている。その45回目の誕生日に、新聞やブログはついにASEANに多くの注目を集めている。けれどもそれは賞賛というよりも失望によってより記録された。そのまさに生存を問うものすらいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中国のチェッカー - アジアの海洋外交

7月
29
大国のライヴァル関係のスペクトルがASEANの会議をダメにする
 
10か国の東南アジア諸国連合(ASEAN)が先週カンボジアの首都での外相会談に着席した時、それは2015年までにEU型の経済ブロックに向かって進歩したいと望んだ。その会議が7月13日に終わるころ、それはユーロ圏と同じくらいほとんど機能していないように見えた。
 
45年前にASEANが設立されてから初めて、コミュニケなしでその会議の一つが終わった。そこには大きな損失はない。そのような声明はすぐに忘れられる傾向にあるのだ。しかし、その欠如は、進行を司ったカンボジアと、フィリピンやヴェトナムといった加盟国の間の不和を反映していた。これは、ひいては、中国に忠実なASEAN諸国と、それと南シナ海で領土を争いますますアメリカの支援を求めている集団である国々との間の、アナリストが言うところのけんかが大きくなっていることを反映していた。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

海域を濁らせる - 南シナ海

7月
16
南シナ海で中国とヴェトナムの間の緊張が持ち上がっている
 
東南アジア諸国が、中国とフィリピンが南シナ海での対決から手を引いているように見えることに安心の一息をついているまさにその時に、同じ海域で中国とヴェトナムとの間に新たな緊張が持ち上がっている。ここ数日、二つの国は、そのライヴァルの主張を押し戻すために軍事的解決の兆候すらも見せながら、列島と近くの石油採掘権を巡ってのスパーリングを増大させている。差し迫った紛争を予測するものはほとんどいないが、中国とヴェトナムとの間の古い敵意の復活は、その地域内での巨大な裂け目を開きうる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

完全非閉鎖? - 南シナ海

3月
28
石油やガスの探索が激しくなるにつれ、口論も激しくなっている
 
「南シナ海は、今では穏やかで平和だ。」今週の人民日報は書き留める。そうである限り、中国共産党の代弁者は全く正しい。しかし、その海はまた、その島々や岩礁、水域の一部かすべてを主張している中国と他の5つの国々との間の議論が残ったままだ。それはまた、超大国の張り合いの原因となっている。アメリカは海洋航行の自由を自国の「国益」だと断言し、その海の領有を主張する東南アジア諸国のように、中国を脅威とみている。それについて、中国自身の立場を包む曖昧さは大いに関係がある。
 
二つの最も活発な議論は、その海をそのような価値のあるものにしている炭化水素の巨大な埋蔵量があるかもしれないことの探索権に関わることだ。3月15日にヴェトナムは中国の国有海上石油会社による19鉱区での掘削権入札を求めたという発表に抵抗した。ヴェトナムは一つの鉱区がそれが主張しており1974年に中国によってそこから追い立てられたパラセル環礁から1マイルのところにあることを指摘した。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

買い物騒動 - 東南アジアの軍事支出

3月
28
国々はたくさんの武器を買っているが、それは軍拡競争に数えられるのだろうか?
 
小さな島国のシンガポールはたった500万人強の人口を持つに過ぎないが、銀行、法務、そしてゴルフの静かなきちんとした中心地としての十分受けるに値する評判を持っている。しかし、フェアウェイを超えて、それは武器が満ちあふれている。
 
ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)の報告によると、シンガポールは今では、中国、インド、パキスタン、そして韓国といった明らかな巨人たちの後にくるだけの、世界で5番目の武器輸入国だ。シンガポールは武器輸入の世界の総支出の4%を占めている。その一人あたり防衛支出は、アメリカ、イスラエル、そしてクウェート以外のどの国よりも上だ。今年、97億ドル、または国家予算の24%が防衛に費やされる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

水辺には無い理想郷 - 南シナ海は永遠の議論の地域になる

6月
14

中国とアメリカはアジア太平洋の安全保障についての雰囲気を作る。1年前、政策官僚と防衛高官がシンガポールのシャングリラホテルに集まり、その主題について年次「対話」を行ったとき、空気は冷たかった。アメリカの防衛大臣のロバート・ゲイツは、当時寒冷前線を掲げていた中国からの無作法な拒絶に不平を言った。会議に出席していたタカ派の中国戦略家は、非を認めず、アメリカは「中国を敵として扱っている。」と怒鳴った。

今年、6月4日に会議が再召集されたとき、シンガポールは連続する熱帯性の土砂降りで水浸しだったが、辞める間際のゲイツ氏は晴れ晴れした雰囲気で、中米関係の改善を讃えた。中国は、初めて防衛大臣の梁光烈を送り込み、ロンドンに拠点を置くシンクタンクの国際戦略研究所によって準備されたそのイヴェントを賞賛さえした。長々と演説をぶつ標準的な中国人軍人として、梁将軍は特に愛想良く、アメリカとの「協力的パートナーシップ」を讃えた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
南シナ海 を購読