東京電力

集団主義 日本

12月
06

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

日本の再建(1) - 3月11日-日本の0時 船橋洋一

7月
05

2011年3月11日の地震は、文字通り日本の地勢を変えた。デジタル地図とGPS装置は結果として5メートル以上外れたようだ。この地勢的変化以上に、その余震は日本の生活の多くの局面にわたって反響している。政治、経済、社会制度、そして外交において大変動を引き起こしたのだ。多くの日本人が一度も経験したことのないようなやり方で、我々の国民意識は揺さぶられている。

日本の歴史を通して、地震災害はしばしば時代の劇的な終わりを特徴付けてきたようだ。今、重大な疑問は、東日本大震災がどのような変化を表すのか、ということだ。日本はもはや「優美な衰退」や「小さいことはいいことだ」といった3月11日以前に多くに訴えかけていた思い違いをした意見を追う余裕はない。我々の選択肢は再生か没落かだ。

地震と津波の最も直接的な帰結は計り知れない損失だ。その中には少なくとも計測可能なものや予見できる未来にはそうできるものもある。特に、犠牲者数や消滅した共同体、破壊された財産といったものだ。しかし、同時に無形の損失もある。地震、津波、核事故の複合危機は安心安全の国日本というイメージを粉々にした。日本を危険や不便さのない避難所と見るかわりに、世界中の人々は今その国を危険で不快に満ちたものだと認識している。この認識は、たしかに、外国投資や観光地としての魅力に影響している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

なにか与えなければならない - 日本の起業家たち

6月
29

日本の起業家たちは変化に圧力をかけている。保守派が抵抗する

3月に地震が日本を襲ってから100日以上が経過したが、3万人の生存者がまだ避難所に密集しており、政治家たちは口論に戻り、日本株式会社は普通のビジネスに戻った。二人の最も目立った起業家たちはこれをいいことだとは思っていない。

地震は核災害を引き起こした。だから、携帯電話大手のソフトバンクの社長の孫正義は日本の原子力依存を考えなおす時だと考えた。彼は20程度の県で10の太陽光工場を建てると話した。日本の未耕作地の1/5を太陽光発電に変えれば、50ギガワットの発電能力があり、それは(ほとんど独占の)日本最大の電力会社東電のピーク発電量に等しいと彼は語る。

日本の保守的な事業者は、これは不必要な混乱を招くと考える。そして孫氏の自信過剰さが多くを困惑させる。ある者は彼を「寄生虫」と呼び、根絶されるべきだといった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

誰が指導者を必要としているのか? - 日本の復興

6月
14

3月11日の災害の結果は、日本の強さは東京の外、地方にあることを示している

3ヶ月前に日本を襲った地震、津波、そして核事故はその国にとって何か重要なことを明かにした。日本人自身すらも驚いた社会の基盤にある強さと落ち着きと言う特徴だ。この復元力は、東京の国会議員が優柔不断さに自己陶酔しているにもかかわらず、家族、家、生活の糧を失った膨大な数の被災者が、その不幸に対処する助けになるだけでない。特に浅はかな中央政府に比べ、日本にその地域社会の隠れた深さを思いださせることによって、それはまた、経済漂流の年月を終わらせ、どのように日本が危機からより強くなって現れるかの感覚を提供する。

一つのもっとも英雄的な地域精神の例は、震源地近くの漁港である南三陸で拡声システムを使って住民にやってくる津波から逃れるために何ができるかを説得し続けた24歳の遠藤未希さんだ。彼女はその持ち場で溺れた。テレビの一場面では、津波がやってくる中彼女の忘れられない声が波の上を響いているのを流していた。その街の18,000人のうち1,000人以上が亡くなった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

未来を探し求めて - 日本の地震後の経済

5月
25

日本の経済は思ったよりも早く回復している。広範な改革も素早くやってくるのだろうか?

5月13日に津波に襲われた宮城県の知事村井嘉浩は、ある東北地方沿岸の豊かな漁場を長い間管理してきた協同組合のボスから怒りに満ちた嘆願を受け取った。彼らのスローガンは、「私たちは漁師をサラリーマンにはしない。」だ。彼らは知事の以下のような提案に反応した。彼らの粉々になった暮らしを再建するための資金の代わりに彼らは民間企業に宮城沖での操業を認めるべきだ、と言うものだ。かつてパイロットでもあった村井氏は、彼らの抵抗にはくじけず、彼らの多くは60 歳以上で、産業はいずれにしても死にかけている、と語った。のちに彼は、宮城沿岸の規制緩和は国単位での改革のモデルケースになるべきだと、エコノミスト誌に語った。「革命は痛みを伴う。」彼は語った。

3月11日の地震と津波そしてその後の核危機が日本国民の国に対する、そしてその指導者に対する信頼を揺さぶったので、その決心はより普通になった。今の疑問は、改革派の熱意が破壊された東北の再建だけに止まるか、それとも供給過剰・高い公的債務そしてデフレといった災害前から日本を苦しめていた問題を解決するためにさらに進むのか、と言うことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

東京電力 を購読