トニー・ブレア

金の卵を産んでいる - カザフスタンの首都

9月
16

宇宙船ヌルスルタンでのパーティーの時間だ

カザフスタンの首都アスタナは、7月6日に、その15周年をオイルマネーが火をつけたパーティーで祝った。それはたまたま、中央アジアのステップから引きあがられた夢のような大言壮語の典型を命じたその国の独裁的大統領ヌルスルタン・ナザルバエフの73歳の誕生日でもあった。

祭りの間、ソ連の灰から現れたその国を代表するつもりの高い白い円柱の浅浮き彫りから情け深い態度で見下ろしたその大統領の偶像としての、アスタナの建築的ランドマークの周りに、群衆が集まった。ナザルバエフ氏は西ヨーロッパの広さに散らばる1,700万の人口を持つこの国を、鉄拳で支配している。彼は、1991年のソ連崩壊前から権力に就いているたった二人の中央アジアの指導者のうちの一人だ。隣のウズベキスタンのイスラム・カリモフがもう一人だ。(彼らはお互い嫌っている。)

Posted By gno-eagrai 続きを読む

いつも一緒にいるわけではない - 貧困

8月
09

世界は、2030年までに10億の人々を極貧から救い出す驚くべき可能性を持っている

2000年9月に、147の政府の元首たちは、1990年の貧困線を基本線として使って、2015年までに地球上の最もひどい貧困で生活する人々の割合を半分にするということを約束した。それは、国連の「ミレニアム開発目標(MDGs)」に祀られた最初の立派な狙いの嘆願だった。妊産婦死亡率を3/4、そして乳幼児死亡率を2/3削減するといったこれらの狙いの多くは、達成されていない。しかし、貧困半減の目標はされている。まったく、それは5年早く達成されたのだ。1990年に、発展途上国の人口の43%が(当時1日1ドルでの生活だと定義されていた)極貧状態で生活していた。その絶対数は19億人だった。2000年までに、その割合は1/3下がった。2010年にはそれは21%(または12億人。購買力の違いで調整した2005年の価格で15の最貧国の自分たちの貧困線は当時1.25ドルだった)だった。地球規模の貧困率は20年で半減されたのだ。

それはある明白な疑問を提示する。もし極貧が過去20年間で半減されることができたのならば、なぜ次の20年で更なる半分を取り除かないのだろうか?2010年に21%が可能だったのならば、なぜ2030年に1%が可能にならないのだろうか?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

社会主義インターナショナル – アレックス・ファーガソン卿

6月
30

アレックス・ファーガソン卿は世界を抱きしめ、それを征服した。彼の左翼のファンは注目すべきだ

英国の歴史は、政治的偉大さのウィンストン・チャーチルによる定義では、「天気を作った」男女によってちりばめられている。しかし、マンチェスター・ユナイテッドの監督アレックス・ファーガソン卿だけは時を作ると信じられる。

泣く子も黙る意思の力で、26年間赤い悪魔を監督しているアレックス卿は、彼のチームがひどくゴールを必要としているときはいつでも、数分を付け加えるよう審判を脅したと言われる。彼のとりこになったサポーターや気分を害したライヴァルはそれを「ファギー・タイム」と呼ぶ。その存在を論ずる者もいる。しかし、世界で最も豊かで人気のあるスポーツクラブの一つのほぼ1,500試合の責任者を務めた後で、5月8日に差し迫った引退を発表したアレックス卿の偉大さは、疑いがない。いかなる分野でも、ここ最近で、彼ほど成功を収めた英国人はほとんどいない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大物よさようなら - コートジボワール、ガーナ、ナイジェリア

4月
03

アフリカの多くでの統治は見た目に改善しているが、進歩は平たんではない

午前7時にコートジボワールの商業首都アビジャンを去ると、公務員ラッシュアワーと呼ばれるものに飛び込む。大統領は、行政官はその机に午前7時半につかなければならないと命令し、ほとんどはそうしている。ある西側の大使は疑い深い態度でいう。「もし会議に5分遅れれば、5分間失っているんだ。」

かさ上げされた2車線を走って事務所に向かうと、公務員たちがエレヴェーターに乗り込み、近代的なガラス張りの塔の上階の机に上る。こそこそと暇つぶしのためのiPadなどの電化製品を持っているものもいる。

コートジボワールの統治は見えるほどによいものではめったにない。賄賂は依然として会議よりも早く問題を解決する。野党は意地悪くもっとも最近の選挙をボイコットした。政治風景の間に深い裂け目が通っている。だがしかし、国家会計は秩序を保っており、債務は減っており、新しい道路が建設されている。これが、アフリカの多くでの絵だ。ナイジェリアのような資源の豊富な国では特にさらに多くのことをする必要があるけれども、ガーナでのように権力の分配はより公平になっており、その使用はより要求にかなうようになっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

平和の進展 - 紛争解決を売る

3月
08

北アイルランドは助言のたくさんの輸出者になっている

何年もの間、北アイルランドは、その困難をいかに終わらせるかの助言の大きな純輸入者だった。ネルソン・マンデラは、完全には成功しなかったけれども、1997年に統一派と共和派を和解させようとした。その2つの陣営はお互いとても敵対していたので、南アフリカの当時の大統領は彼らに別々に演説しなければならなかった。アメリカの元上院議員ジョージ・ミッチェルは、準軍事的集団にその武器を捨てるよう刺激した。これらの努力は、北アイルランドをほとんど平和的な場所に変えるのを助けた。そして、助言のやり取りは壮観に反転している。

北アイルランド議会の元議員のアルダーダイス卿は、エジプト、ネパール、フィリピンなどの世界の現在の最近の問題を抱えた場所を旅してまわり、その地域の物語を聞かせる。バーレーン、イラクや多くのほかの国々から、その変化を目撃するために、使節団がベルファストを訪れる。「ある種の魔法がすり落とすことができるという感覚がほぼある。」トニー・ブレアの首席補佐官として北アイルランドの平和仲介を助けたジョナサン・パウエルは、ミャンマーから電話で語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

外国でのヨーロッパ - ヨーロッパの海外派兵

2月
05

軍隊を外国に展開するヨーロッパの能力は落ちているが、マリはそれが依然として必要だと示す

若い男たちが戦争に行く時、危険を避けたものに憤りが向かう。イラクでは、アメリカ人たちはフランス人をチーズを食べる降伏した猿だと非難した。マリへの介入で、フランスの政治家は、聖戦士たちとの戦いで特にヨーロッパの仲間がいないことによって狼狽している。

フランスの保守的な野党指導者ジャン=フランソワ・コぺは、「いまのところ、わが国だけが前線に立っている。」と不平を言うものの一人だった。ル・モンド紙の漫画家プラントゥは、フランソワ・オランド大統領を戦いに乗り込むタンタンとして、そしてヨーロッパ連合をその車から「あなたと一緒にいるよ!」と呼びかける喜劇的に不適切な警察官のデュポンとデュボンとして描いた。

そのような批判は厳しい。英国人、ベルギー人、デンマーク人、イタリア人、ドイツ人、そしてカナダ人は空輸支援を申し出た。アメリカ人は諜報と空中給油を申し出ることを考えている。普通EU外相のキャシー・アシュトンをあざけるフランスの高官たちは、1月17日に彼女が緊急外相会談を開き、マリへの計画された軍事訓練ミッションの展開のスピードを上げる準備ができていることに喜んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ソロス、ブレア、そしてコナクリのうわさ好きたち - コンデの顧問

11月
20

ギニアの鉱物を巡る争いは、情報戦争を始めている

ライヴァルたちは広報工作や報道へのリークについて話し、会社を擁護するつもりのものもいれば、アルファ・コンデ大統領やその仲間の政府を汚すつもりのものもいる。広報会社や法人諜報集団が雇われている。

ジョージ・ソロスとベニー・シュタインメッツとの間の噂になっている個人履歴さえも、コナクリで広まっている噂の素になっている。

その億万長者たちは、ソロス氏が勝った1997年のロシアの通信民営化で、敵対関係にあるコンソーシアムのメンバーだった。そのハンガリー生まれのヘッジファンド投資家の財団は、シュタインメッツ家に替わって管理しているコングロマリットが株式を持つルーマニアでの金鉱山の計画を批判している。

ギニアでは、ソロス氏は、シュタインメッツ家の事業を含んだ過去の鉱山計画の見直しを命令しているコンデ氏の助言をしている。ソロス氏が設立し、より大きな透明性のための彼の運動の一部として資金を出しているコンサルタント会社の収入監視研究所が、コンデ政権の鉱山改革への技術的支援を提供している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

裏に何があるのか - ギニアの鉱業

11月
19

ギニアは、世界最大の鉄鉱床の一つへの権利が、いかにしてアフリカ中での反不正努力へのテストケースだと証明しうるものだと認められたかを調査している

マハムド・ティアムは、誰かが彼のゴミ箱をあさっていると理解する。

彼のマンハッタンの住居は、2010年12月まで支配していた軍事政権の下で鉱業大臣を務めていた故郷のギニアから4,000マイルの所にある。ギニアの、選挙で選ばれた政府による、過去の独裁者たちによって取り決められた鉱業取引への厳密な調査は、その惑星のもっとも切望される鉱物の貯蔵のいくらかを巡るけんかを再開させている。ティアム氏は、政治、事業、そして流血の15年の物語の最新の縺れである、どんないかがわしい取引を探すことも、はるばる彼の玄関口につながっていると信じている。

6大陸からのライヴァルたちがギニアの富を求めて争うにつれて、1,000万人の人口を抱えた憂いに満ちた西アフリカの国の未来と同様に、何百億ドルもの金が一進一退の攻防を繰り広げる。その国の鉱物についての土壇場の対決は、天然資源が輸出の2/3を占めるが、繁栄よりもむしろ闘争を生み出す傾向にある、その大陸でのテストケースを証明しうる。一つの賞がほかのものの上で輝く。おそらく世界で最高の未開発の鉄鉱床の上にそびえる山のシマンドゥだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ギニアの金持ちたちが25億ドルの取引を危険にさらす乱闘 - ギニアの鉱業

11月
04

アフリカの鉱業のヴェテランの言葉を借りれば、それは「大当たり」だった。2010年4月に、アフリカなどでのダイヤモンド取引で富をなした勇敢なイスラエル人億万長者のコングロマリットが、そのギニアでの鉱業利益の51%を25億ドルで売るという取引をした。

ベニー・シュタインメッツの標準でさえも、ブラジルの鉱業大手のヴァーレへのその売却は、かなりの収益のように見えた。彼の会社は、熱い緑に覆われ鉄鉱石でいっぱいの山であるシマンドゥの半分を採掘する権利にたった1.6億ドル費やしただけだった。

今では、しかしながら、いくつかの世界で最も切望される鉱床の故郷であるその熱帯の西アフリカの国でのそのグループの見通しは、脅かされている。ギニアは、その国の宝物を、当局が厳しく見るかつての独裁制のもとで行われた鉱業取引として、数十億ドルの乱闘を再燃させている。

本誌は、ある政府委員会が不正の調査を始めており、どのようにしてベニー・シュタインメッツ・グループ・リソーセズ(BSGR)が、2年前に英豪系の鉱業会社リオ・ティントから取り上げられたシマンドゥの半分の権利を2008年に保全したのかの答えを要求していることを聞いている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

強い男 - ルワンダ/ポール・カガメ

10月
05

ルワンダの戦いなれた大統領ポール・カガメは西側の攻撃にさらされている。彼は戦いの準備ができている

アフリカの真ん中に位置するルワンダで、キガリはその真ん中に位置し、そしてその町を二等分する木製の棟には一層の政府合同庁舎があり、そこでほぼ毎日ほとんどの時間、大統領のポール・カガメが机に向かっている。しかし、地理と勤労だけがカガメをアフリカでかつてないほどの中心的な人物にしているわけではない。1994年に世界が躊躇した時にジェノサイドからその国を救った反乱軍司令官は、それ以来大統領としてルワンダを素晴らしい再生に導いている。過去10年間で、ルワンダの経済成長は平均8.2%で、国家予算における援助の割合は85%から41%に下がっており、幼児死亡率は半分になっており、小学校への入学は3倍になっている。その記録は彼を突然成長と機会が爆発している新しいアフリカの化身にしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

トニー・ブレア を購読