カリフォルニア大学バークレー校

見失って見つかる - 惑星科学

8月
20

天文学用具の成功した部分は死んだように見えたが、その使命は続く

そのケプラー望遠鏡は、太陽以外の恒星の周りを回る太陽系外の惑星を探すために2009年に宇宙に発射された。それ以来、それは、小さく、岩がちで、地球のように表面に水が存在するのに十分なほどその構成から離れている、つまりそして故に生命にとって快適である可能性があるものを含んだ、2,700以上の潜在的な異星人の世界を見つけている。そうする中で、それは「系外惑星」調査を天文学で最も忙しい分野の一つにした。それはまた、惑星ハンターの欲求を刺激した。もともと3年半データを集めるつもりだったその使命は、去年2016年まで延長された。

だから、5月15日にNASAでその望遠鏡を世話している人が、その装置が困難に見舞われたと発表したと、それは衝撃だった。正しい方向(特に琴座と白鳥座の間の星の区画)を指し続けるのを助ける反動輪と呼ばれる三つの部品の一つが詰まったのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

給料が機能するようにする

7月
31

なぜボスは業績連動給与を使うとき注意しなければならないか?

ある企業のすべての入力のうち、その労働者の努力はたぶんもっとも奇妙なものだ。それは、土地、工場、または機械と同じくらい重要だが、管理するのはより難しい。それはしばしば測ることすら困難だ。経営者はその企業の産出を計測できるが、労働者が仕事に費やした時間といった荒っぽい秤以上に彼らがつぎ込んだ努力は計測できない。従業員は情報の刃を持っており、自分の努力、産出、そして技能水準を知っている。この非対称性は、経営者が例えば技能は低いが勤勉なものと熟練しているが怠惰なものの区別をするのを難しくしている。懸命に働く従業員を報奨し、怠け者を罰することは、努力を支えうるが、ひどく逆噴射もしうる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

中所得のはったり - 中所得の罠

3月
18

国々は貧困と繁栄との間で「罠」にはまっているのか?

経済的立ち後れは利点を持つ。産業化にあとから来たものは、前に走っているものが先に切り開いた道に従い、そしておそらくその道に沿ったいくつかの段階を飛ばすことができるのだ。結果として、貧しい国々は、豊かな国々との差を狭めることができる。しかし、この幸福な経済的収斂の原則は、常に支配し続けるわけではない。貧しい国の中には、進むのに失敗するものもある。素早い進歩を遂げた後に道を見失うものもいる。一つ目はしばしば「貧困の罠」の犠牲者として描かれる。2つ目は、ますます「中所得の罠」の犠牲として描かれるようになっている。

世界銀行のインダーミット・ギルと今ブルッキングス研究所にいるホミ・カラスによって名づけられたこの罠は、マレーシアからメキシコまでの政策立案者を心配させている。それは、貧困を抜け出したが、依然として繁栄を待っている国々に絶えず付きまとっており、彼らの熱望を失望に、その経済的奇跡を幻想に変えるよう脅かしている。収斂の偉大な例である中国が罠に屈服するかどうかは、「みんなの心に去来する疑問だ」と、カリフォルニア大学バークレー校のバリー・アイケングリーン、アジア開発銀行の朴東炫、高麗大学のKwanho shinが、先月発表された論文の中で語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

リメンバー、リメンバー - 記憶

3月
04

記憶と忘却についての新しい理解があらわれている

ホルヘ・ルイス・ボルヘスの話の中の人物イレネオ・フネスは、奇妙な悩みの種を持っている。彼は何も忘れず、その条件は彼に分析的考えをできなくさせる。もちろんフィクションだ。しかし、それは要点を強調する。記憶は、するべき仕事を持った進化した構造だ。その仕事は、その持ち主を保全し、彼や彼女の再生産を助けることだ。完璧は求められず、適切さだけだ。まったく、不必要なものの選択的忘却は有用なものの選択的記憶と同じくらい重要だ。そしてその分別の多くは眠っている間に起こる、と今週のネイチャー神経科学の2本の論文は観察する。

このうち一つは、ハーヴァード大学のロバート・スティックゴールドとカリフォルニア大学バークレー校のマシュー・ウォーカーによる、以前の論文のレヴューだ。彼らは、睡眠の過程が、最初に何を維持するかを選び、それからいかにそれが維持されるかを選ぶトリアージの形として行動すると提案する。ウォーカー博士とその同僚のブライス・マンダーによるもう一つの論文は、若者と高齢者のその過程を比較する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

境界の条件 - 地球環境

7月
05

そこを超えると人間が自分の責任で行くだろう、地球規模の環境境界の考えは、地歩を得ている

ばねをひき、放て、そうすればそれは元の形に戻るだろう。それをさらに、そしてさらに引くと、かなり突然それが戻らなくなるまでは、それは戻り続ける。かつてはばねだったものが、役に立たない巻いた線のかけらになり始めている。そしてそれは、要するに、もし地球システムが濫用されたばねのように延ばされすぎたら、そこに何が起こるのかを多くの科学者が心配していることだ。

2009年の秋に起こった、この心配の一つの結果は、惑星境界の考えだ。コペンハーゲンでのその年の気候会議の準備で、スウェーデンのストックホルム回復力センターの賛助のもとで働く関心を持つ科学者グループが、ネイチャー誌の論文の中で、人間の開発にとって安全な運営空間(人々がそれを超えてその惑星を押すべきではない9つの制限の組み合わせ)として彼らが考えるものを定義した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

男性、女性、そして仕事についての真実

5月
27
縮小する中間層は、単に階級の問題ではない。それはジェンダー問題にもなっているのだ
 
最初にマンセッションがあった。それから女性に対する経済的戦いがあった。過去4年にわたって、月次の職の数字は、景気後退や回復からどちらの性が勝ったか、そして負けたかを宣言するルーレットのように回った。4月の数字は、合衆国経済の11.5万の新規雇用のうち女性が73%を得たことを示す。女性が勝ったようだ。
 
そうなのか?その数字は、共和党の挑戦者、ミット・ロムニーの、大統領の経済政策が女性を傷つけているという非難と戦っているオバマ政権にとっては歓迎すべきニュースのようだ。しかし、2009年の7月に景気回復が始まって以来、女性は新規雇用のたった16%しか得ていない。さらに、過去1年かそこら、45-54歳の女性の労働参加率は、「石のように落ちた」とBNPパリバの北米担当エコノミストジュリア・コロナードは語る。「結婚した稼ぎ手が一人の家庭が増えており、既婚女性はますます働かないことを選んでいる。それはいくらかは、給料、通勤、苦労の点で、彼女たちの得ることのできる仕事が単に価値がないと多くの女性が見つけているからだ。」
 
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゼロサム議論 - 資本課税議論の新潮流

5月
16

経済学者は資本が課税されるべきではないという見方を考え直している

役員たちは、アメリカの法人税率が経済の弱さの責任があると激しく非難する。ミット・ロムニーの運動はバラク・オバマの「資本との戦い」の遂行を非難する。実際に、アメリカの資本への課税は過酷というよりも理解しにくい。(州と地方税を含んで)39.2%というその最高税率は豊かな世界で最高水準だが、抜け道のためにほとんどの会社は最終的に26.7%を支払っており、英国の実効税率の27.4%と似たようなもので、ドイツの31.6%より低い。アメリカのキャピタルゲイン課税は15%で、多くのほかの国よりも低い。そしてもし、ロムニー氏がより熱心な資本の守護者ならば、どちらの男も改革の必要性に合意する。これは戦いというよりも小競り合いだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

今回、それは真剣だ - アメリカの事業環境

2月
27
アメリカは事業をするのに魅力的でない場所になっている
 
アメリカはかげっているのか?未来の産業をそれほど支配している国について言うのは奇妙なことのように見える。ほかのどこでフェイスブックが学生の悪ふざけから10年以内に1,000億ドルの会社に成長できるだろう?アメリカは、大騒ぎして戻ってくるためだけに、過去の、特に1970年代の衰退についての心配にとらわれている。しかし、今回は、深刻かもしれない。
 
ほかの国が追い付いてきていることに疑いはほとんどない。1999-2009の間に世界輸出に占めるアメリカの割合は、ほとんどすべての産業で落ちた。航空宇宙で36%、情報技術で9%、通信装置で8%、車で3%だ。市場シェアのいくらかの喪失は、中国やほかの経済が勃興するにつれ避けられない。しかし、絶対値で見ても、心配なわけがある。民間部門の職の増加は劇的に小さくなり、世界的競争にさらされた産業では止まっている。年間所得の中間値は1990-2010の間に弱々しく2%だけ伸びた。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

つかるか泳ぐか - 最適税率

1月
29
いかにして大きな被害を与えることなしに最高税率を上げるか
 
経済的によくやっている人々への増税は、成長を窒息させ、回復を遅らせるのか?それは増税されたときにどのように豊かな人々が行動するかにかかっている。彼らの所得の小さな部分を持つことしか許されなくなったとき彼らは働かなくなるだろうか?彼らはその金を海外に移すだろうか?彼らの所得の大きな部分を税率の低い形にするだろうか?経済学者はそのような質問に答えるために、多くの過去の税率の変化の影響を見つめてきた。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ワシントンの制約

1月
24
経済学者はたくさんの考えを持っている。変化を生むためには、彼らは政治的に実現可能になるべきだ
 
米国経済学会(AEA)の年次総会は、大きな騒々しい分析会議のように機能している。世界経済は担架の上に載せられ、突き刺され、たくさんの条件に傷ついていると宣言された。しかし、経済学者は医者ではないという自覚は、その職業に入り込むことをゆっくりにさせている。医者は(間違ったものだとしても)治療法を提案し、それが行われることにかなり自信を持っているかもしれない。経済学者はそうではない。ユーロ圏の危機はひどい事例だ。問題を解決する考えはたくさんある。しかし、最善の政策は、不安定で不可解なヨーロッパ政治のために、決して日の目を見ることがないかもしれない。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

カリフォルニア大学バークレー校 を購読