オックスフォード大学

MOOCsの攻撃 - 高等教育

9月
26

新しいオンラインコースの軍は、伝統的な大学を脅して正気をやめさせている。しかし、それらは実行可能な事業モデルを見つけることができるのか?

ドットコムマニアは高等教育にやってくるのにゆっくりだったが、今それはその脆弱な産業を固くその手の中に握っている。巨大開放オンラインコースMOOCsを通して無料教育を提供する二つのシリコンヴァレーの新興企業ウダシティとコーセラの去年はじめの立ち上げ以来、学問の象牙の塔はその基礎を揺さぶられている。いくつかの場合何世紀にもわたって打ち立てられた大学ブランドは、情報技術が急速にその既存の事業モデルを時代遅れにするだろう可能性をじっくり考えるよう強いている。一方、MOOCsは、まだ自分たちの事業モデルを理解することなしに、数、資源、そして学生募集を増やしている。

自身の(一般的に無料の)学生にオンラインコースを提供する以外に、大学はそれによってギロチンをかけられるのを避けるためにMOOC革命に参加するよう強いられていると感じている。コーセラは、多くのアメリカの最上位機関を含んだ、世界中の83の大学や単科大学と提携している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

歴史の始まり - 日中戦争

9月
08

[書評]

いかに日本の野蛮な占領に対する闘争が現代中国を形作ったか
China’s War with Japan, 1937-1945: The Struggle for Survival  By Rana Mitter

日本軍が1937年に中国の首都南京に進むにつれて、中国政府の高官周仏海(Zhou Fohai)は、その町を食い尽くすパニックと恐怖について彼の日記に書いた。彼はその破壊と、彼の国へのその示唆を予想した。「中国にはこれ以上の歴史がないだろう。」彼は書いた。

日本の侵略が浴びせるだろう荒廃は、実に衝撃的だった。しかし、ラナ・ミターがその日中戦争についての啓蒙的で注意深く調査された新しい本で示すように、中国の歴史は南京の陥落で終わらなかっただけではなく、多くの点でその戦争は現代中国を作り出すのを助けた。それは、新たな国が作られたカナトコだったのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

印刷に備える - 生体繊維

5月
12

生きた組織を人工的に作る新しい方法

ウディ・アレン監督主演の1970年代の未来ファンタジー「スリーパー」のクライマックスは、アレン演ずるマイルスが独裁者の切り離され保存された鼻を蒸気ローラーの下に投げるところだ。オーガスマトロンや車大のバナナがいっぱいの映画で、悪漢を打ち負かすのは最後の馬鹿げた行為だ。けれども、もしその映画が現在作られたら、これらの悪漢は単に別の鼻を印刷したかもしれない。

器官を印刷するという考えは、(固いものを作り出すために、一度に素材の層を置く)三次元印刷の技術が改善するにつれて、幻想の領域を超えて動いている。移植可能な器官は依然として手に届かないけれども、研究者たちは、細胞の層を生きた組織に仕上げる技術を使っている。そして、オックスフォード大学の化学生物学者ハーガン・ベイレイによる今週のサイエンス誌のものを含んだいくつかの最近の論文が示すように、このやり方は急速に進化している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大物よさようなら - コートジボワール、ガーナ、ナイジェリア

4月
03

アフリカの多くでの統治は見た目に改善しているが、進歩は平たんではない

午前7時にコートジボワールの商業首都アビジャンを去ると、公務員ラッシュアワーと呼ばれるものに飛び込む。大統領は、行政官はその机に午前7時半につかなければならないと命令し、ほとんどはそうしている。ある西側の大使は疑い深い態度でいう。「もし会議に5分遅れれば、5分間失っているんだ。」

かさ上げされた2車線を走って事務所に向かうと、公務員たちがエレヴェーターに乗り込み、近代的なガラス張りの塔の上階の机に上る。こそこそと暇つぶしのためのiPadなどの電化製品を持っているものもいる。

コートジボワールの統治は見えるほどによいものではめったにない。賄賂は依然として会議よりも早く問題を解決する。野党は意地悪くもっとも最近の選挙をボイコットした。政治風景の間に深い裂け目が通っている。だがしかし、国家会計は秩序を保っており、債務は減っており、新しい道路が建設されている。これが、アフリカの多くでの絵だ。ナイジェリアのような資源の豊富な国では特にさらに多くのことをする必要があるけれども、ガーナでのように権力の分配はより公平になっており、その使用はより要求にかなうようになっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉤によってか曲りによってか - アンゴラの選挙

9月
20

その人気への信念を欠き、与党はその反対派を買収し脅す

もしあなたが年老いてゆく独裁者ならば、誕生日プレゼントがほとんどないことはある選挙の勝利を打ちのめす。アンゴラ大統領のジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントスは、彼の党アンゴラ解放人民運動(MPLA)が勝つことが確実とみられていた8月31日の投票の3日前に、その70歳の誕生日を祝った。史上二度目となる2008年の選挙で、それは投票の82%を得た。2010年に導入された新たな憲法は、その国を1979年から運営し、特に人気があるとは言えないドス・サントス氏を困惑から守る。それは、大統領選挙を取り除き、議会最大政党の指導者が自動的に大統領になるという制度に置き換えた。

マニュエル・ヴィセンテを含んだ、一団の現職の仲間は、MPLAのその国における財務的執事の立場が、投票でそれをとても人気のあるものにしたと主張する。アンゴラは、実にアフリカで最も早く成長する経済の一つだが、ほとんどが巨大な海上石油のおかげだ。陸上には、自慢するものははるかに少ない。非公式に、MPLAの指導者は、彼らの党が2002年に終わったばかりの30年の内戦後の国民的疲労から依然として利益を得ていると認める。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

化粧の違い - 南アフリカのエイヴォン

9月
07

口紅がリンポポ川の南の人生を変える

何年もの間、アリス・メティニは、召使としてかろうじて生活を保ってきた。2009年に「エイヴォン・レディ」になったことは、すべてを変えた。販売の才能を発見して、彼女はその最初の月にほかの女性にエイヴォンの化粧品やファッション用品のために1万ランド(1,190ドル)支払うよう説得した。彼女は今、子供たちを私立学校に入れるほど稼いでいる。彼女はラップトップと車(依然として運転の仕方を学んでいるところだが)を買った。「エイヴォンは私の人生だ。」彼女は笑う。

その世界最大の化粧品直販者は、最近についてほとんど歓迎すべきことを持っていない。悪い管理と貧弱な投資は、その株価を下落させる原因になっている。しかし、南アフリカでは、それはよくやっている。「博士の部屋に行けば、誰もがパンフレットを得ることができる。」南アフリカの多くのエイヴォン・レディの別の一人であるユニセ・マセコは語る。「あなたは考え始める。私はどこへ売りに行ったらよいのか?」彼女は笑う。エイヴォンのような直販会社の策略は、人々にその製品を買わせることではなく、人々にそれを売らせることだ。それは、1/4以上の女性が失業中で、教育を受けた求職者でさえも公式な仕事が希少な国ではより簡単かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

他のマラリア - 三日熱マラリア

6月
01

多くの人々がマラリアを一つの病気だと考えている。それはそうではない

「病気が病気でなかったらどうする? 」これは子供の疑問のように聞こえる。けれども、一つの答えは「三日熱マラリアならね」かも知れない。マラリアを無視している世界の医療体制を誰も批難で きなかった。まさに、全世界的組織である、エイズ・結核・マラリアと戦う世界基金は明白にそれの根絶を目指している。しかし、マラリアにはいくつかの型が あり、そのうちの二つが広がっている。それらは関連した寄生虫、熱帯性マラリアと三日熱マラリアによって引き起こされる。それらは両方ともハマダラ蚊に よって媒介される。そして、蚊が繁殖する沼地の排水といった多くの行動や、アルテミシニンといった多くの薬はどちらにも効果がある。しかしそれは同じ病気 であるということを意味するわけではない。実際にはほとんどの世界のマラリア対策の努力は熱帯性マラリアに向けられている。三日熱を研究する人々はしばし ば彼らが注意を向ける対象は目に見えないと感じる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

オックスフォード大学 を購読