NASA

沈黙の音 - 技術と社会

1月
31

デザイナーは、エネルギーを節約し売上を上げることができる、少ししか雑音を出さない製品の考案に、より注意を払っている

気を散らせる雑音の迷惑を規制する努力は、シュバリスのギリシャ植民地が血の気の多い男どもと一緒に板金工と陶工は騒音を出すので町の外に住まなければならないと命じた、少なくとも紀元前6世紀にまでさかのぼる。25世紀程度後に、コンピューター研究の先祖の一人として思い出される英国の数学者チャールズ・バベッジは、手回しオルガン奏者などのストリートミュージックに対する一連の運動を行った。デザイナーが雑音を少なくする製品を考案するのに最近より注意を払い始めたことを、どちらも確かに認めるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

歯列矯正器から宇宙飛行士の座席まで - 3D印刷

1月
10

3D印刷が製造業を変えている兆候があるが、それは期待するかもしれないような方法ではない

プラスティックや金属で一度に層を作りそれらを積み上げることによって固い物質を作る能力である3D印刷に、数年前に人々が気づいて以来、意見は二つの極端な方向に逸れている。アメリカに多いそのファンは、それが劇的な影響を持ち、大量生産の経済を侵食し、西側に職を送り返すと主張する。ハーヴァード・ビジネス・レヴューによれば、「中国は世界の大量生産の工場になることを諦めなければならないだろう」、と言う。批判者は、それをやりすぎのインチキだと非難する。中国の製造大手であるフォックスコンの社長テリー・ゴウによると「ギミック」だというのだ。彼は、もし彼が間違いだと証明されれば名前を後ろから書き始めるだろうと語る。

実際、3D印刷はその両方の予言を無視するやり方で進化している。それは、はっきりと大きな経済的影響を持つ真面目な技術だ。しかし、それは必ずしも旧式の工場や中国人たちを傷つけるものでもない。
 

アメリカで大きく、中国でより大きく

Posted By gno-eagrai 続きを読む

見失って見つかる - 惑星科学

8月
20

天文学用具の成功した部分は死んだように見えたが、その使命は続く

そのケプラー望遠鏡は、太陽以外の恒星の周りを回る太陽系外の惑星を探すために2009年に宇宙に発射された。それ以来、それは、小さく、岩がちで、地球のように表面に水が存在するのに十分なほどその構成から離れている、つまりそして故に生命にとって快適である可能性があるものを含んだ、2,700以上の潜在的な異星人の世界を見つけている。そうする中で、それは「系外惑星」調査を天文学で最も忙しい分野の一つにした。それはまた、惑星ハンターの欲求を刺激した。もともと3年半データを集めるつもりだったその使命は、去年2016年まで延長された。

だから、5月15日にNASAでその望遠鏡を世話している人が、その装置が困難に見舞われたと発表したと、それは衝撃だった。正しい方向(特に琴座と白鳥座の間の星の区画)を指し続けるのを助ける反動輪と呼ばれる三つの部品の一つが詰まったのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

量子の慰め - 暗号法

7月
31

秘密通信の盗聴は、まさに難しくなろうとしている。

暗号法はアリスとボブそしてイヴの間の軍拡競争だ。これらは暗号作成者が、内密に通信しようとする二人の人々と、三つ目は彼らの会話を傍受し解読しようとする人に与える名前だ。現在、アリスとボブが少しだけ前を行っている。しかし、イヴも追いついている。アリスとボブは、それ故に、秘密を守るためのまったく新しい方法を探している。そして彼らは間もなく、量子機構のおかげで、それを手に入れるかもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

軌道に乗ったオービタル - 民間宇宙旅行

6月
16

競争が天体トラック輸送業にやってくる

2012年5月25日、スペースXというあるカリフォルニア企業が、国際宇宙ステーション(ISS)への最初の民営の供給事業を行った。それは、そのような業務を民間部門に外注するというNASAの決定の証明だった。だが、潔癖屋は、何かが残っていると論ずることができるかもしれない。正しい市場には競争があるが、スペースXだけしかそれをすることができなかったのだ。

それは変わりそうかもしれない。4月21日に、ヴァージニアにあるNASAのワロップ飛行センターで、ヴァージニアのオービタル・サイエンスという別の会社によって作られた別のロケットが、何回かの遅れの後に、発射台から打ち上げられた。4月17日に試みられた発射は、データケーブルが離れて中止された。4月20日の別の挑戦は、強風のために中止しなければならなかった。けれども、今回は何もおかしなことはなかった。発射の数分後、そのアンタレスロケットは無事軌道に乗り、喝采と安堵のため息が漏れるのを促した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

革新の巨人 - 巨大科学とビジネス

6月
16

ビジネスは巨大科学から何を学ぶことができるのか?

技術的な偉業として、アトラスはいくらかの打撃を与える。それは世界最大の顕微鏡で、物質の根本構造を探るためのジェノヴァのそばにある巨大研究所であるCERNの物理学者に使われている。その、全長45メートル、高さ25メートル、そして重さがエッフェル塔と同じだけある樽型の本体は、スイスの田舎の地下100メートルの洞窟の中で、ジャンボジェットに入っているものの倍近くの数の10メートルの部品から組み立てられた。それは、ツイッターが生み出すもの以上のデータを毎日生み出す。

それはまた、特筆すべき組織的な達成だ。その部品は、何十もの組織からの何百人もの科学者と技術者によって設計された。それらは、その後に、4つの大陸からの400強の業者から、4.35億ドルで調達された。どの時点でも、その実験は38か国の175の機関からの3,000人を超える研究者を巻き込んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

宇宙人へのスペクトル - 民間宇宙産業

4月
14

アメリカの通信規制者は、商業的ロケット技師に支援を与えることを狙う

アメリカの主たる通信監視機関の連邦通信委員会(FCC)は、地表から離れられない会社の間に音波を割り当てていたものだ。それはまた、衛星のいくつかへの周波数も監視している。今、それはさらに宇宙に向かっている。その委員長のジュリアス・ゲナチョウスキは、民間ロケット発射に使うことができる特別なラジオ周波数を作り出す計画を間もなく発表することが期待される。

この事業は今、離陸し始めている。そのドラゴン宇宙船が国際宇宙ステーションに再補給しているスペースXはすでに、そのファルコン9ロケットの5基の発射を準備している。そして来月、別のアメリカ企業オービタル・サイエンスが、そのアンタレスロケットの試験発射をする予定だ。民間宇宙産業が発展するにつれ、その支持者は、それが天空に宇宙飛行士からその遺物を宇宙に託したいと思う人々の灰まですべてを運ぶだろうことを望んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

本当の宇宙戦争 - 小惑星防衛

3月
18

アメリカの十分活用されていない宇宙機関がすべき有益なこと

地理は問題になる。1908年に、ひとつの町区画の大きさの岩が、地球の大気に秒速15キロで激突した。その爆発はロンドンの大きさの地域を平らにした。しかし、問題の土地はシベリアにあり、だからほとんどの人は知らされず、そうされた人もほとんど影響がなかった。けれども、それがヨーロッパか北アメリカの町を破壊したと想像してみよう。最高の科学と工学の頭脳がいかにしてそれが再発しないようにするかという問題について導くようされたので、20世紀の歴史は違っただろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

軌道で膨らんだ - ふくらますことのできる宇宙船

2月
07

宇宙ステーションを作るのに巨大な風船を使う計画

国際宇宙ステーション(ISS)は、空の人類の別荘だ。すべてのそのような家と同じように、それは(1,500億ドルかかり、さらに増えている)ぜいたく品だ。そして、地球上の多くのほかの計画のように、所有者はそれを弄ぶのに抗することができない。1月16日に、NASAがISSが拡張されると発表したことは、その精神だった。これは、地球ではよくあることかもしれないように、温室でも屋根裏改装でもない。そうではなくて、それはBEAM(ビゲロー拡張可能活動モジュール)だ。

アメリカのホテル事業家で宇宙マニアのロバート・ビゲローは、宇宙ステーションが鉄ではなく織物で作られるべきだという考えを何年も押している。それは、それらが打ち上げの時に折りたたみ、軌道でふくらますことができることを意味する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アル=カーイダがねぐらを支配するところで - 分割されたマリ

10月
12

アル=カーイダとつながったイスラム主義戦士たちは、北西アフリカの一帯を支配する

エジプト、リビア、そしてチュニジアでの西側の外交職への攻撃は、北アフリカムスリム過激派にスポットライトを当てている。しかし、はるか南のサハラ砂漠では、アル=カーイダとつながりを持つ集団が前進している。民族の権利のために戦う反乱軍とともに動き、彼らはフランスほどの大きさの地域である北部マリを3月の終わりのたった3日で征服した。そして、過激派からの避難所が不安定なパキスタンやイエメンとは対照的に、ここでは彼らは完全に支配している。

伝説的な町トンブクトゥから外に広がる人口密度の低い土地は、暴力的なイスラム主義者が自由に新兵を訓練し、武器を運び、テロ攻撃を計画する広大な無法地帯になっている。それは、ベンガジのアメリカ領事館への最近の攻撃の後ろにいたと考えられるAnsar al-Shariaを含んだ、地中海からギニア湾にいたるあちこちで同盟者を持つイスラム・マグレブのアル=カーイダ(AQIM)の指揮下にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

NASA を購読