ヘンリー・キッシンジャー

鉱物以上に - アフリカと中国

4月
16

中国のアフリカとの貿易は成長し続けており、新植民地主義への恐れは誇張されている

北京からの5人の旅行者集団が、フィーヴァーの木の黄色い幹と霧のような枝に囲まれた埃っぽい飛行場に着陸する前に、彼らの自家用機でケニア山を低空で通り抜け、リフトヴァレーに向かった。彼らはシマウマやキリンがうろつく草の生えた広場を横断し、襲ってくるバッファローを見続けながら写真を撮る。彼らがテーブルに座る時、彼らは空腹のようだが、くつろいでいる。「去年、私は何人かの友人とともに南極に行った。」と二人の主婦のうち一人が言い、永久凍土の上のペンギンの群の写真をiPhoneで見せる。中国人たちはアフリカにかつてないほどの大人数でやって来て、それを訪問、仕事、そして取引の快適な場所だと見つけている。推計100万人が、今アフリカに住んでおり、10年前の数千人から増えており、更にやって来続けている。中国人は南アフリカに4番目に多くやって来ている人々だ。その中には、その指導者としての最初の外遊でタンザニアとコンゴ民主共和国も訪れる、中国の新しい主席習近平も含まれるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

核の最終段階 - 大きくなるゼロの訴え

6月
21

爆弾の禁止は難しいが、不可能ではない

世界から核兵器を取りのぞくことは長い間平和主義左翼の理想だった。しかし、過去数年間、主流派の政治家や退役将校、そして学会の戦略家らが、どのように成し遂げるかについてはとても異なった考えを持っているとはいえ、同じ目標を共有し始めている。それは部分的にはグローバルゼロという来週ロンドンで3度目の年次「サミット」を開催する運動団体のおかげだ。

グローバルゼロは、2006年の終わりにブルース・ブレアによって設立された。彼は、元大陸間弾道弾発射管理官で、数年前にワシントンD.C.でシンクタンクの世界安全保障研究所を始めたブルッキングス研究所のフェローである。彼は、既存の非核化努力とは全く異なった世界的な運動を一から始めることに着手した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

天下に新しいものは何もない

6月
20

中国が世界だった時に哲学者達が考えたこととそれが今の中国にどのように役立つか

ヘンリー・キッシンジャーが1970 年代の初期に中国へ先駆的な訪問を行った時、その国は最近亡くなった共産党の信用を失った指導者である林彪と孔子の両方を非難するキャンペーンに掴まれていた。後者が明示されていたので、それはまるでアメリカの報道機関がリチャード・ニクソンとアリストテレスを中傷していたようなものだ。しかし、中国の指導者がよくその外国の交渉相手に思い出させようとするところの5,000 年の歴史という、その過去はその国内政治とその世界観に絶え間ない存在感を持っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ヘンリー・キッシンジャー を購読