イスラエル

何が英雄的な紛争にするのか - 内戦の科学

5月
04
内戦の勃発と拡大を予測できるコンピューターモデルが開発されている
 
過去10年かそこらの間、世界で最も進んだ軍隊を指揮する将軍たちは、伝統的な戦闘の発生の正確な予測に頼ることができてきた。天候と地勢そして交戦国の数、兵器類、場所、訓練と士気の高さの情報があれば、ワシントンDCのデュピー研究所によって設計された戦術的数値決定論モデルといったコンピュータープログラムは誰が、どれだけの速さで勝ち、どれだけの死傷者が出るかを予測できるのだ。
 
しかしながら、ゲリラ戦争は、この種の開かれた戦争に比べてモデル化するのが難しく、しばしばそれに先立つ内乱はさらに難しい。最近そのような紛争が支配的な戦いの形なので、将軍の見方では残念なことだ。難しさの理由は、一般的な蜂起の燃料がハードウェアではなく、コンピュータープログラムがそのアルゴリズムではとらえるのが難しい型の社会的要素だからだ。フェイスブックやツイッターへの投稿や村のグループの間での電話の会話による感情的な温度を解析することは、戦車の射程距離や軍隊の弾薬や燃料の在庫のような物理的な情報を解析するよりも、常に難しくなる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

きわどい、そして新鮮になっている - カリフォルニアの水技術

4月
09

脱塩ノウハウの世界の発祥地は、それを使い始めたいと思っている

もしカリフォルニアがシリコンヴァレーとハリウッドですでにそれほど有名になっていなければ、サンディエゴ郡の水技術企業の群れで有名になっていたかもしれない。海水と排水を変えるものを携帯型に取り換える仕組みである逆浸透(RO)らせんモジュールは、サンディエゴで1964年に特許化された。今ではその地域の何十もの会社が、ペルシャ湾やイスラエルからオーストラリア、中国、シンガポール、そしてスペインまで、世界の大雑把にいって1.3万のRO施設の多くを供給する。

しかしながら、南カリフォルニアでも、今のところそれ自身の技術の大きな利用者ではない。それは、アメリカの南西部全体が水問題に直面していることを考えると、驚くべきことだ。しかし、北のサクラメントデルタと東のコロラド川から水を運ぶ巨大な送水路からなる現存する社会資本は、気候が温かくなり人口が増えるにつれて十分ではないだろうという合意が、少なくとも今では増している。量がわずかで塩気のある地下水しかなく、現在その水の90%を輸入している、サンディエゴのような場所では、その答えは、できるだけ多くを再利用してより大きく保全し、残りのほとんどを海から持ってくることだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

買い物騒動 - 東南アジアの軍事支出

3月
28
国々はたくさんの武器を買っているが、それは軍拡競争に数えられるのだろうか?
 
小さな島国のシンガポールはたった500万人強の人口を持つに過ぎないが、銀行、法務、そしてゴルフの静かなきちんとした中心地としての十分受けるに値する評判を持っている。しかし、フェアウェイを超えて、それは武器が満ちあふれている。
 
ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)の報告によると、シンガポールは今では、中国、インド、パキスタン、そして韓国といった明らかな巨人たちの後にくるだけの、世界で5番目の武器輸入国だ。シンガポールは武器輸入の世界の総支出の4%を占めている。その一人あたり防衛支出は、アメリカ、イスラエル、そしてクウェート以外のどの国よりも上だ。今年、97億ドル、または国家予算の24%が防衛に費やされる。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

英国のビル・ゲイツはどこに? - 起業家精神と技術

8月
10

英国政府は何もないところから技術大企業を魔法のように出すことはできないが、それを助けることはできる

英国のビル・ゲイツに会う。彼はコンピューターサイエンスをケンブリッジで勉強し、近くの「シリコン・フェン」でその経歴を始めることに落伍した。それから彼は、東ロンドンにある新しい技術企業の中心である「シリコン・ラウンドアバウト」に拠点を置き、自分の会社を立ち上げた。シティからの資金に支えられ、彼は、最終的にはロンドン証券取引所に上場するという、外資の乗っ取りの魅力に抗した。

それは、必要なアニマルスピリッツを加えると、もっともらしい伝記だが、想像上のものだ。英国には、技術を商業的指導力に変えた18世紀の産業革新家のデジタル版はいない。その、より最近の製薬や生命技術での優れた能力は、デジタル面では機能していない。デヴィッド・キャメロンの政府は、この失敗について考え、その理由の的を絞るべきだ。運がその内の一つだが、国とヨーロッパの規制や起業家に対する熱意のない雰囲気もその理由だ。
 

デジタル商店主の国

Posted By gno-eagrai 続きを読む

永遠の汚れ ー ジンバブエとそのダイヤモンド

7月
12

ロバート・ムガベはその国民の損害の上に再び人気を集めている

キンバリー・プロセス(KP)は崩壊の危機を迎えている。2003年に始まったそのシステムは、不正に内戦の資金源となる「血のダイヤモンド」の取引を終わらせるためのものだ。しかし、コンゴの議長は単独でジンバブエの議論になっているマランゲのダイヤモンド鉱山からの販売を再開すると決めた。アメリカ、EU、カナダ、そしてイスラエルは、激しくその動きに反対した。75のダイヤモンド生産、そして取引国を代表する49の会員団体による決定は全会一致だとされている。

2006年に東ジンバブエのマランゲにある6万ヘクタールの敷地で最初にダイヤモンドが発見されて以来、殺人、拷問、不正、賄賂、略奪、密輸、そして政治的インチキの報告に満ちている。その危険は巨大だ。ジンバブエの財務大臣のテンダイ・ビティは、その場所を「人類の歴史で最大のダイヤモンドの沖積土の発見」だと表現している。潜在的な収入は年間10億ドルから20億ドルだと推定されている。その地域に関わっているある採掘専門家は、「そこにはもっともっと」あると考えいる。IMFは去年のジンバブエの全GDPを75億ドルとしている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

イスラエル を購読