環境技術

海洋 – いかにしてとりすぎの男たちを捕えるか

1月
25

ビッグデータによりさかなはかつてないほどに保護できるようになっている

海洋資源保護の困難さは、いくらかはコモンズの悲劇にある。共有地での違法な漁獲が後を絶たないのだ。しかし、それは「ビッグデータ」の利用により変わっている。無線応答機や衛星観察といったものからの情報を、全ての船の後を追うために組み合わせることができるのだ。この見通しのある仕組みは、政府が既存の規則を施行しさえすれば機能する。

多くの政府の特に自国の船が他国の水域で漁をするときの規則適用についての複雑な対応を考えると、その新技術は企業がその供給網を守るのにも役立つだろう。警備技術の存在はまた、魚が卵を産むことができる海洋保護区を立ち上げるのを簡単にするだろう。この発展にはうまい皮肉がある。過漁は、人間の強欲さだけではなく、技術の産物でもある。技術が今、魚だけでなく違法漁獲を捕える仕事の為にもあるというのは、祝福すべきことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

沈黙の音 - 技術と社会

1月
31

デザイナーは、エネルギーを節約し売上を上げることができる、少ししか雑音を出さない製品の考案に、より注意を払っている

気を散らせる雑音の迷惑を規制する努力は、シュバリスのギリシャ植民地が血の気の多い男どもと一緒に板金工と陶工は騒音を出すので町の外に住まなければならないと命じた、少なくとも紀元前6世紀にまでさかのぼる。25世紀程度後に、コンピューター研究の先祖の一人として思い出される英国の数学者チャールズ・バベッジは、手回しオルガン奏者などのストリートミュージックに対する一連の運動を行った。デザイナーが雑音を少なくする製品を考案するのに最近より注意を払い始めたことを、どちらも確かに認めるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

木ひと山 - 電池技術

9月
15

古い素材が電池で新たな利用法を見つけるかもしれない

ハイテクに応用する先端素材のリスト上で、木が一番上の近くにあるのを予想しないかもしれない。しかし、メリーランド大学の李騰(Teng Li)と胡良兵(Liangbing Hu)による実験は、間もなくそれをそこに置くかもしれない。ナノ・レターズに書いた李博士と胡博士は、今電池のある階級で使われているリチウムをナトリウムとともに置き換えるようにすることによって、いかに木が電池を安くするのにつかわれるかもしれないかを、ちょうど描いている。

どんな高校の科学者でも知っているように、リチウムとナトリウムは化学的に似ている。ナトリウムイオン(正の荷電の、ナトリウムイオンから電子を一つとったもの)は、しかしながら、リチウムイオンの5倍の大きさだ。電池はイオンをその陰極と陽極との間で往復させることによって働くので、それは問題だ。イオンが大きくなれば、この往復がより多くの被害を与え、帰結として電池の寿命を短くする。これまでは、それがナトリウムを電池の妥当な内容物として不可能にしていたのだ。しかし、ナトリウムはリチウムよりもはるかにたくさんあるので、技術者は依然として商業的に実行可能なナトリウム電池を案出したいと思っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

溶剤(解決法)を醸造する - ごみからカフェインを取り除く

5月
12

遺伝子工学はコーヒーの加工をきれいにするかもしれない

コーヒーは大事業だ。一つの帰結は、カフェインが汚染物質なので否応なしに捨てることのできない、たくさんのカフェインを含んだゴミだ。それは苗木の発芽と成体の成長の両方を抑制するので、集められ認められた場所に捨てられなければならない。

これは二つの理由で残念だ。一つは、それがコーヒー1杯の費用を増すことだ。もう一つはそのゴミは養分が豊富なことだ。もしそれからカフェインを除去できれば、それは動物のエサとして使われ、故にコーヒー会社の収入を減らすよりもむしろ増やすかもしれない。しかし、それはカフェイン除去の安いやり方を必要とするだろう。それが、オースティンのテキサス大学のジェフリー・バリックとその同僚が見つけたいと思っていることだ。シンセティック・バイオロジー誌に掲載された彼らの研究は、その答えが遺伝子組み換えバクテリアにあるということを示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

太陽の中のその瞬間 - 太陽光発電飛行

3月
31

太陽光発電の飛行機で世界中を飛び回る試み

革命的な太陽光発電の飛行機が最近シリコンヴァレーの真ん中にあるモフェット飛行場に着陸した。しかしながら、747貨物機の腹部で分解されて到着した時、シャンパンの栓は抜かれなかった。その飛行機は3月の終わりまでに組み立てなおされ、飛行テストを始める。もしすべてがうまくいけば、5月までに、それはニューヨークに到着する前に4つの町に止まり、アメリカを横断して飛ぶ準備ができて当然だ。しかしながら、この飛行機は、より大きな利用のためのただの実験的試作品にすぎない。

ソーラー・インパルスと呼ばれるその計画の裏にいるチームは、彼らの試作品を、太陽の力だけを使って地球を周航する能力がある2番目の飛行機を作るために必要なることを学ぶのに使っている。スイスのペイエルンの飛行場の彼らの拠点から試作機のいくつかの成功したテスト飛行を実行した後で、彼らの2番機の制作が始まった。しかし、去年の7月、ソーラー・インパルス計画は大きな妨げに苦しんだ。2号機が重要な安全チェックに失敗したのだ。どの飛行機の背骨でもあるその主翼桁が、構造テストの間に壊れたのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

雨粒を数える - 気象学

3月
10

天気予報のためにいかに携帯電話網を使うか

転機を予想するには、大量のデータが必要になる。これらのデータの多くは、衛星やレーダーといったハイテク手法で集められ、世界で最も早いスーパーコンピューターのいくつかで、20年前よりもはるかに正確な予測にかみ砕かれる。しかし、特に屋根の上に取り付けられる漏斗付の管以上のものではない旧式の雨量計のようなロウテクの道具も重要だ。

それぞれの技術には上側と下側がある。レーダーと衛星は広域を覆うことができるが、詳細には欠ける。雨量計はより正確だが、正確さの対価として点でしか覆うことができない。けれども、今、オランダ王立気象研究所のアールト・オフェリームとその同僚は、雨に目を凝らし続ける別のやり方を考え付いたと説明する。それは広いカヴァレッジと細かい詳細を提供すると彼らは信じる。何よりまず、それはすでにどこにでもあるものに頼っている。携帯電話網だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バッテリーは含まれていますか? - エネルギーの未来

3月
04

電気をためるより良い方法の追求が激しくなっている

シカゴのそばのレモントにあるアルゴンヌ国立研究所の産業化学者クリス・プペックは、空気中で力強く白い粉のチューブをふる。電池の調査で次の印象的な素材になる潜在性を彼の分析の仲間が調べるのには、ほんの一つまみあれば十分だ。しかし、プペック博士は一つまみを扱わない。彼の仕事は、潜在性が実用にかえられるかどうか、つまり光の性質をもった何かが安く大量にできるかどうかを見つけることだ。もしできるのならば、それは試験のために産業に渡される。望みは、少なくとも一つのチューブが革命を始めることだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

履歴損失削減 - 燃料節約型タイヤ

1月
21

米のもみ殻から抽出されたシリカはより環境にやさしいタイヤを作る

タイヤは工学の注目すべき一片だ。滑りやすい曲がり角での高速運転で、それらはたった数平方センチメートルしか道路と接触しないが、それらは運転手がその過度の周りで安全にハンドルを切るのを助ける。かつて、それらは完全に天然ゴムからできていた。最近、それらはまた、ゴムのようなポリマー、鉄を編み込んだ層、そして繊維の補強物を含んでおり、そのすべては成績を改善し、燃料消費を削減する。今、イタリアのタイヤメーカー、ピレリは、彼らの材料の一つを籾殻から抽出することによって、さらに環境にやさしい燃料節約タイヤを製造している。

燃料を節約する一つの良い方法は、幾分かは車の重量が繰り返しそのタイヤを押しつぶすことによっておこる回転抵抗を減らすことだ。タイヤが弾むとき、それらは運動エネルギーを熱に変え、ゆえにそれを無駄にする。履歴現象損失として知られるそれは、タイヤのゴムに強い化学結合を持つ粉末素材を混ぜることによって削減できる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

炭素捕獲は開発のために熟した機会だ - エネルギーと環境技術

1月
07

その過程は機能するが、公的な動機づけはほとんどない

数年前、温室効果ガスの管理に反対する合衆国のテレビで放映される広告は、次の言葉で結ばれた。「二酸化炭素。彼らはそれを汚染と呼ぶ。我々はそれを生命と呼ぶ。」

その広告は、なぜ誰かがCO2に懸念を持っているかもしれないのかの理由のその皮肉な困惑のために、環境運動家たちによってあざ笑われた。だが、それは、気候変動の脅威を解決するもっとも見通しのあるやり方の一つであるようにいま見えるものを指し示す。二酸化炭素を解決されるべき問題ではなく、利用すべき機会としてみるのだ。

もし世界が大気中の温室効果ガスの長期的な上限を持っているのならば、燃焼する化石燃料からの排出を捕らえ貯蔵することは重要なことのように見える。

石油、ガス、そして石炭は世界のエネルギーの約80%を供給し、いかに今後数十年間でそれが必要不可欠ではあり続けないようにするかを見極めるのは難しい。

しかしながら、彼らの温室効果ガス排出の管理を管理するのは、極度に難しい。1時間当たりのメガワットの電気ごとの排出をほぼ半分にした石炭から天然ガスへの発電方法の交替は合衆国でいくらかの印象的な影響があったが、どれだけ進歩ができるかについては制限がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新鮮な目がジレンマを解決するかもしれない - 環境技術の革新

1月
07

企業とNGOは専門的な助けを見つけるためにネットワークの力を利用する

セミナーやネットワークイヴェントに参加するのと同様に、今週のサンフランシスコでのグリーンビルドエキスポへの訪問者は、フランスの建築素材グループ、サンゴバンからの重役が10分間の売り込みの強さに基づいて3つの良い考えを選ぶ間の「スピード・デーティング」セッションを見ることができた。

その会社が「アウトヴェーション」と呼ばれるやり方の一部であるそのセッションは、環境技術を見つけるために使われている多くの開放的革新方法の一つだ。

「まったく単純に、新鮮な目は答えを提案する。」合衆国の環境グループである環境防衛基金(EDF)で法人提携計画を指揮するグウェン・ルタは語る。

去年、EDFは、事業での環境革新の速度を上げるためにオンライン開放革新会社のイノセンティヴとの提携を始めた。ルタ女史は語る。「もし内部で行っている手に負えない環境問題があるのならば、それを外に開くことによってもしかしたらより進歩できるかもしれない。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

環境技術 を購読