ジュリアス・マレマ

悲しくて遺憾な衰退 - アフリカ民族会議

9月
11

ネルソン・マンデラの下で勝利を収めた与党は洗浄をひどく熱望しおり、さもなければそれは最後には打ち負かされるのに値するだろう

与党アフリカ民族会議(ANC)は、多くの古い革命組織と同じように、記念日を好む。有権者たちに世間の注目を集めている英雄的なネルソン・マンデラのイメージとともに過去の闘争と勝利を思い出させることは、依然として選挙に地滑り的に勝つ役に立つ。2009年の前回、次点の白人が率いる民主同盟(DA)のたった17%に対して、それは投票の2/3を勝ち取った。その100周年を祝うグランドファンファーレを調整した後で、ANCは民主主義支配20周年を記念して2014年に別の大きなパーティーを準備している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉱山だけじゃない - 南アフリカ

9月
28

虹の国とその与党は、彼らの理想に恥じない行動をするのに失敗している

「我々は悪夢を見ているのかと思った。」南アフリカのノーベル平和賞受賞者でアパルトヘイトに対する戦いの退役兵であるデスモンド・ツツ司教は語った。しかしそうではない、彼は叫んだ。「それは2012年の我々の民主主義の中にいる、我々なのだ。」彼の怒りのうめき声と不信感は南アフリカ中にこだましている。先月ノースウエスト州のマリカナ近くのプラチナ鉱山で34人のストライキ中の作業員が警察によって殺された後で、その国民の多くがかつての恐怖がフラッシュバックするのを経験した。

国の検事が、アパルトヘイト下で施行され2003年に憲法裁判所によって制限された形で維持された「一般目的」法を引用して、衝突の後で逮捕された259人の鉱山労働者を告発した後で、不信感が増した。

鉱山労働者が告発されたことは、奇怪で衝撃的だった。法律には残っているが、「怠惰な検事の法」と表現されているものの使用は、国中で怒りを促した。数日後、検事たちは法の中での彼らの健全さを主張したが、殺人罪は取り下げられた。彼らが政府からもともとの罪にするか撤廃するかどちらかにするよう政府からの圧力にさらされたかははっきりしないが、その事象が国の検事の独立性に疑いをもたらしているのは避けられない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

穴の中で - 南アフリカの鉱山

9月
14

命取りになったストライキは、政府の美辞麗句によって悪くなったたくさんの経済的問題を強調する

与党アフリカ民族会議(ANC)の創設者の一人、ソル・プラーチェは、1914年に黒人鉱山労働者を「昼夜を分かたずほんのわずかな手当てのために、一般的な「落盤」に命をなげうつ地下の英雄たち」と表現した。それは昔のことだ。8月16日、北の町であるマリカナの近くのプラチナ鉱山で、今ではANCの管理下にある警察が34人のストライキ中の鉱山労働者を殺害し、78人にけがをさせた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ぬかるみの数カ月先 - 南アフリカの政治

7月
26

一連の犯罪陳述で、政府はここ数年で最大の危機に直面している

南アフリカ警察のベキ・ツェレ警視総監は、ジェイコブ・ズマ大統領の友人との何百万ドルにもなる取引に関わる違法な指揮により訴えられている。彼に対する訴えを向けたオンブズマンは、彼女自身、詐欺の疑いで逮捕すると脅されていた。ツェレ氏に対する調査で彼女を助けた警察特別調査部長もまた、不正の調査を行われている。念入りにその物語を破ったジャーナリストは、彼は「マークされており」、彼を殺すために殺し屋が雇われたと警告を受けてから、少なくとも1度は危害から逃れた。そして、「最高機密」諜報報告の中でツェレ氏をズマ氏に対する疑わしい陰謀に関連付けた警察の犯罪調査機関のトップは、すでに一度免罪されている10年以上前の殺人事件で訴えられている。すべての関係者は罪を否認している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ジュリアス・マレマの昇進 - 南アフリカ

7月
13

白人に対して無作法な黒人はよくやっている

彼はかつて無知な道化者として解任された。彼の人気取りのわめきちらしや、鮮やかな人種差別の長演説は、退屈な日の新聞のコラムの穴埋めに役立っ た。しかし、今、ジュリアス・マレマが、与党アフリカ民族会議(ANC)の強力な青年部門の指導者として対立候補なく再選された成功を受けて、南アフリカ 人は、主要野党の民主同盟の指導者ヘレン・ツィレがあだ名をつけたように、「今にもやってくる独裁者」を生み出していないのか、と疑い始めている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
ジュリアス・マレマ を購読