バーティ・エアテル

もっとも熱い辺境 - アフリカ投資

5月
03

急成長する大陸で金を働かせる戦略

ハイパーインフレの中で小売店を破産させないようにするとき、副業を持つことが役に立つ。「我々は、靴やカバンのためにわに革をエルメスやグッチに売る事業を持っている。」ジンバブエの首都ハラレが本拠の企業複合体インスコアーの社長ジョン・コウミデスは語る。ジンバブエの通貨が崩壊した2008年にその店が在庫不足に陥った時、この異国風の輸出品から稼がれた外貨はスパーの店舗を含んだその会社の他の部門の生命線だった。

インスコアーは生き残った。わに革事業を脱ぎ捨てていても、それはかさばった事業の混合のままだ。しかし、それはアフリカ消費者の新階級の出現から利益を得ようとする投資家の注意を惹いている。去年、その株式は50%上がった。その企業の大黒柱でほとんどの関心を興奮させている部分は、チキン・インやピザ・インを含んだブランドのファストフードだ。その代理店は、今ではナイジェリアを含んだいくつかの他のアフリカ諸国にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカへの案内

3月
22

なぜフロンティア市場の投資家は案内人を必要としているのか

段ボール箱は格好良くない。しかし、それは有益だ。ローリーいっぱいの卵を包装なしで農場から店に移そうとすることを想像してみるとよい。箱はものを持ち運ぶのを簡単にするので、それにより店は幅広い品種のものをより安い価格で並べることができる。だから、段ボール工場をアフリカで経営することは、アフリカ人の皿の上により多くのより良い食料を置くことになる。

ウガンダのライリー包装工場は、すごい光景だ。壁から壁まで、そして床から天井まで、それは大量の巻紙を詰め込んでいる。訪問者は、トイレットペーパーの山を見つめる蟻のように感じる。経営コンサルタントは訊ねるかもしれない。なぜライリーは、3か月分というこれだけ多くの在庫を遊んで床に積み上げて持つ必要があるのか?確かにその会社の資本を使うより方法があるのでは?

Posted By gno-eagrai 続きを読む

次のフロンティア - アフリカの情報技術

3月
17

技術系企業はアフリカに目を注いでおり、IBMがそれを主導している

ママドゥ・ンディアェは、セネガルで育った。彼の両親は、「貧しくはなかったが、豊かでもなかった」。彼は数学に魅了され、ダカールのシェイク・アンタ・ジョップ大学でそれを学び、それからアメリカで勉強するという彼の夢を追うのに貯金するために数年間コートジボワールで教えた。

彼はニューヨークに行き、コロンビア大学での統計学修士のための資金のために、事務用品チェーンのステイプルスで働いた。ンディアェ氏の助言に感銘を受けたある顧客が、そのセネガル人に彼の勤め先のIBMの職に応募するよう提案した。それは15年前だった。今、ンディアェ氏は去年の5月にダカールで開業したビッグ・ブルー事務所の管理者として本国に帰った。

セネガルのその事務所は、IBMがアフリカが何十億もの利益を生ずるだろうと信じる兆候のただ一つだ。それは新参者ではない。それはその最初の装置を1911年に南アフリカの鉄道に売り、1964年にガーナの中央統計局にメインフレームコンピューターを売った。最近、それはその大陸に特別な関心を寄せている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

追い上げている - アフリカのインド人

5月
30

長い間国際問題に及び腰だったインドが、波を起こしはじめている。

その象のような重さにもかかわらず、インドは長い間鼠のような外交的な影響しか示してこなかった。歴史的に、その外交は国内の貧困、特にパキスタンや中国と言った隣人との緊張関係、冷戦下でどちらかに肩入れするこのへの恐れといったことに制限されていた。今日でも、その外交力は非常に人員不足で、ニュージーランドやシンガポールの方がより多くの外交官をもっている。今、インドは注目を集めるよう努力している。

時は来た。インドの成長する経済と人口は自国で簡単に生産できるよりはるかに多くのエネルギーを必要とし、そのためには目を遠く離れた地平に向けなければならない。すでに世界で4番目の石油消費国だが、15年以内にほとんどすべての石油を輸入するようになる。インドは供給先を中東以外に多様化し始めている。ますますインドは供給を中央アジアやアフリカから期待している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
バーティ・エアテル を購読