ジェイコブ・ズマ

Powered by Drupal

配信

配信 を購読

ジンバブエから活気を盗む - ジンバブエの選挙

ロバート・ムガベは、投票における更なる疑わしい勝利を主張する

7月31日のジンバブエの選挙の1日前の天気の良い午後に、ロバート・ムガベは外国人記者からの質問にうまく答えた。彼の公邸であるステート・ハウスの中庭に座って、その89歳はその大きく予言された死去について冗談を言った。彼は、その敵によって何度も死んだと思われた、といった。「しかし、彼らは決して私の復活については語らない。」

数日後、ムガベ氏の政治的幸運はほとんど誰も予想しなかったやり方で生き返ったことがはっきりした。大統領選に投じられた350万票のうち61%を得て、彼はその主敵の民主変革運動(MDC)のモーガン・ツァンギライを負かした。ムガベ氏のZanu-PFは210議席中158議席を得て、議会選挙でもMDCを圧倒した。

投票は踊る - ジンバブエの投票

長く遅れた選挙は、今、心配なほどに急いでいるように見える

もし交通渋滞が活気の何らかの指針ならば、ハラレは繁栄している。ジンバブエの首都の地元政治家は、かつては通勤に20分かかっていたのが、今ではその倍かかっていると不平を言う。その国が7月31日の総選挙と大統領選挙に準備するにつれて、その経済は、2008年の3月の前回投票の時よりも、良い形をしている。当時、ハイパーインフレが吹き荒れ、モノは少なかった。いま、店はいっぱいで、価格は安定している。

その投票は、33年間の悪政の後でロバート・ムガベと彼のZanu-PFを追い出す、今までで最高の機会を提供する。しかし、そのかけ率は、もし選挙の準備がハラレの交通のペースで進んだのならば、小さくなるだろう。数週間前まで、さらなる改革への時間があるように、選挙は9月に起こると考えられていた。しかし、ムガベ氏は、早い日付を布告することにより、選挙への道を滑らかにする責任がある地域的組織の南部アフリカ開発共同体(SADC)に不意打ちを食らわせた。ジンバブエの憲法裁判所が投票を2週間遅らせるようにと言う訴えは、無効の宣言をされた。急いだ選挙は現職に有利だ。

そのワニに再びズルをさせるな - ジンバブエの選挙

アフリカの他の指導者、特にジェイコブ・ズマが、ロバート・ムガベに説明させる時だ

ロバート・ムガベの33年間の君臨がついに終わるかもしれないことは、想像でき、それをより強く言うことは無邪気だろう。もし7月31日に予定される総選挙と大統領選挙がかなり自由で公平ならば、モーガン・ツァンギライと彼の民主変革運動(MDC)は、ムガベ氏と彼の暴力的で無能で腐敗したZanu-PFを打ち負かすだろうことを、証拠が示唆する。

2008年の前回、MDCは議会選挙に勝ち、ツァンギライ氏はムガベ氏を大統領選の1回目投票で気持ち良く打ち負かしたが、ごまかしと暴力によって挫折した。ツァンギライ氏が2回目投票から身を引き、それからムガベ氏がツァンギライ氏とMDCをぎこちない連立政権に参加させるよう強いられすらしたのは、200人強のMDCの運動家が殺された後になってからでしかなかった。今回、Zanu-PFによる散発する暴力と、すべてがムガベ氏やその党と共謀した軍、警察、国有メディア、裁判所、選挙管理委員会、そして有権者登録管理者の努力にもかかわらず、ジンバブエの人々は、薄いけれども、その年老いた独裁者を追い出す可能性を持っている。

悲しくて遺憾な衰退 - アフリカ民族会議

ネルソン・マンデラの下で勝利を収めた与党は洗浄をひどく熱望しおり、さもなければそれは最後には打ち負かされるのに値するだろう

与党アフリカ民族会議(ANC)は、多くの古い革命組織と同じように、記念日を好む。有権者たちに世間の注目を集めている英雄的なネルソン・マンデラのイメージとともに過去の闘争と勝利を思い出させることは、依然として選挙に地滑り的に勝つ役に立つ。2009年の前回、次点の白人が率いる民主同盟(DA)のたった17%に対して、それは投票の2/3を勝ち取った。その100周年を祝うグランドファンファーレを調整した後で、ANCは民主主義支配20周年を記念して2014年に別の大きなパーティーを準備している。

もはや何とか切り抜けることはできない - 南アフリカの経済

ゆっくりとした成長と下落する通貨は、より深い不調への警告すべき症状だ

ほとんどのアフリカが繁栄し始めるにつれ、その大陸最大の経済は伸び悩んでいる。5月28日に発表された数字は、南アフリカのGDPが第1四半期に年率換算でたった0.9%しか伸びていないと示した。アフリカの経済的見通しを知らせるアフリカ開発銀行(ADB)と先進国のシンクタンクOECDからの新しい報告は、その経済的見通しの点で南アフリカを52か国中低い48番目に位置付ける。

しかし、南アフリカの2013年の2.8%のGDP成長という予測は、すでにあまりに楽観的に見える。失業と貧困を削減するために必要だと政府が言う、維持された5%の率は、世界が違うようだ。

第1四半期のGDPの数字の数少ない明るい点の一つは鉱業だが、その産出は再び下がっており、ストライキの恐れがその直近の見通しを曇らせている。南アフリカの総輸出のだいたい1/4が、景気後退に陥っているヨーロッパ向けだ。国内支出も弱い。ウォルマートが一部所有するスーパーマーケットチェーンのマスマートだけが、みすぼらしい売上を報告した最近の大きな小売業者だ。消費者の信認は9年来の低い値にある。銀行は、最近まで個人向け融資を沈ませないようにする役に立っていた無担保信用を削減している。

結婚破壊者 - 南アフリカ

コネを持ったインド人一族への親切は、政府の期待に反している

豊かなインド人の結婚は、目立った消費で有名で、数日間続きうる。お客リストは何千にもなるかもしれず、請求書は何百万にもなるかもしれない。しかし、大物の支出習慣が単にかなり豊かな人々にまねされるにつれて、記憶に残るパーティーを行うのは難しくなる。

南アフリカで、コンピューター、鉱業、そして新聞で大きな事業関心を持っている3人のインド生まれの兄弟のグプタ家ではそうではない。4月30日の早朝、200人程度のインドからの彼らの友人や家族が、南アフリカの首都プレトリア近くの空軍基地ウォータークルーフに着陸した。彼らは通関の面倒や入管の長い列を免除された。彼らは素早く派手な車の一団にぞろぞろ乗り込んで出発し、派手なギャンブルリゾートのサンシティでのその事業家の姪の結婚パーティーに行った。点滅灯を持った警察が彼らをエスコートした。受付で、彼らは、グプタ家に近い大統領のジェイコブ・ズマの息子ドゥドゥザネ・ズマを含んだ指導的な政治家たちを交わった。大統領は招待されたが出席しなかった。

愚者の金 - 南アフリカの積極的差別是正措置

黒人の経済的権利付与はうまくいっておらず、それはすぐに終わることもない

マンペラ・ランペレほどアパルトヘイトの恐ろしさをよく知っているものはほとんどいない。彼女の恋人で黒人意識運動の創始者スティーヴ・ビコは、1977年に警察による拘留中に撲殺された。南アフリカの与党アフリカ民族会議(ANC)のように、今では野党政治家のランペレ博士は、政府は白人優越主義者による半世紀の支配の傷をいやそうとすべきだと信じている。しかし、彼女はそれについて行われている方法を好まない。

3月に、ランペレ博士は、政府が彼女がかつて会長を務めていた鉱山会社のゴールド・フィールズに、ANCとつながりを持った共同事業体にその事業の株を売るよう強いたと主張した。その共同事業体の73人の人々の中には、ANCの議長と2006年の強姦についての審理でジェイコブ・ズマ大統領を弁護した弁護団の一人が含まれていた。ゴールド・フィールズはその主張を否定したが、2010年の取引への独立調査をけしかけているという。

性、薬、そして望み

いかに大企業は南アフリカでAIDSと戦ったか

ほとんどの経営者は、積極的な考え方の力を称揚する。しかしながら、南アフリカの新ヴァール炭鉱では、労働者は「消極的である」よう促される。これは、その炭鉱を所有する採掘大手のアングロ・アメリカンが、その従業員の間での陰鬱な姿勢を育てたいためではない。むしろ、それは彼らに元気でいてほしいのだ。

CARクラッシュ - 南アフリカの外交政策

その兵士13人の死は南アフリカの大国としての制限を暴露する

「我が国の軍人が立派な原因で亡くなった」中央アフリカ共和国(CAR)の首都バンギのそばで反乱軍によって3月23日に殺された13人の南アフリカ兵のための慰霊祭で、南アフリカ大統領のジェイコブ・ズマは宣言した。「彼らはその国の外交政策を守って亡くなったのだ。」致命的な待ち伏せ攻撃の1日後に、バンギは1月に仲介されたばかりの権力分割協定に我慢が出来なくなったセレカとして知られる反乱軍同盟の手に落ちた。CARの大統領フランソワ・ボジゼは近くのカメルーンに逃れた。そしてズマ大統領は、1994年の白人少数派支配の終わり以来南アフリカがこうむった最大の数の軍事的犠牲者という結果になった交戦について、怒りに満ちた疑問に直面している。

平和のヒント - コンゴ

ある軍閥の逮捕は、騒々しい地域を少し落ち着かせる役に立つかもしれない

コンゴの軍閥ボスコ・ンタガンダをハーグの国際刑事裁判所(ICC)で3月26日に目にしたのは、前進の兆しだ。しかし、コンゴ民主共和国に耐久力のある平和をもたらすためには、さらに多くの外交的国際的威圧が必要とされるだろう。

ンタガンダ氏は、3月18日に、隣のルワンダのアメリカ大使館に自首した。彼は、たぶん彼自身の運動の騒ぎの結果として、殺されることを明らかに恐れていた。彼は、10年以上にわたってコンゴの東側でテロを広げてきた。彼は鉄拳をふるった。彼自身の反乱軍の最初のものは隣のルワンダに支援され、それから今後の国軍に入り、そしてついに、去年、再び誰にも所属していないように見える反乱軍として立った。ルワンダの大統領のポール・カガメのようにツチ族のンタガンダ氏は、他の民族集団の人々へのテロの多くを指示した。

ほとんど5年間、彼は図々しくもICCによって発行された逮捕状を無視し、コンゴの国連平和維持部隊を困惑させ、コンゴの大統領ジョセフ・カビラが彼の国を支配する主張をあざけった。

ページ