艾未未

芸術的な解決 - 現代アート

8月
20

ヴェネツィア・ビエンナーレの主要テーマは、いかにして世界はそのような混乱に陥ったか?だ

世界最大の芸術祭ヴェネツィア・ビエンナーレは、単に芸術についてだけではなかった。1930年に、イタリアのファシスト独裁者ベニート・ムッソリーニは、そのビエンナーレの潜在力をプロパガンダのショーケースとして見、彼の執務室からそれを運営した。彼はそのイヴェントがとても成功したとみなしたので、4年後にヒトラーをパーソナルツアーに連れ出した。第二次世界大戦以来、国の関与はより距離を置くようになっている。例えば、英国館はブリティッシュ・カウンシルによって運営されており、アメリカ館に責任を持つ国務省派遣団はヴェネツィアにあるペギー・グッゲンハイム・コレクションへのものだ。

今年、国別館を満たすよう選ばれた芸術家の多くは、ふたたび彼ら自身の国の鼓動を話している。(10年の中断後の)ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、バハマ、(ベスト・パヴィリオン賞をかっさらった)アンゴラ、ツヴァル、そして教皇庁を含んだ、10の新参加国がある。ヴァチカンは、その初登場を、その計画を監督するテレビ映りのいい高位聖職者のラヴァージ枢機卿の言葉で「芸術と信仰との関係を再建する」ために使っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

溶ける雰囲気はない - 中国の抑圧

6月
27

「脱税者」の時宜にかなった釈放

数年に渡る反対派への最も激しい取り締まりの中で、中国当局は一人の著名な活動家艾未未の事件で、軟化した珍しい手がかりを与えた。6月22日の深夜、ほぼ3ヶ月に渡る拘留の後で痩せて見えた、髭面でそれでも恰幅のよい芸術家は家に戻った。しかしながら、これは中国の批判者を黙らせる努力の緩みを表すものではないようだ。

公式には、艾氏は「保釈中」だ。中国国営通信社の新華社は、彼の「慢性的な病気(彼は糖尿病と高血圧を患っている)と同様に罪を認める良い姿勢」のために自由になったと語った。

艾氏はまた、伝えられるところによると彼が逃れたと言われる税について「繰り返し」支払う意思があると語っている。中国の警察は経済犯罪の告発を反対派を監禁する口実に使うのを好む。艾氏は、「執行猶予中」で話すことができないといって、留置の詳細を明らかにすることや罪について語ることを拒絶している。

艾氏の留置は西側で広い批判を引き起こした。だから、温家宝首相が2日後にハンガリー、イギリス、ドイツを廻り始めるのは偶然ではないかもしれない。中国は時々重要な外交拘留を円滑化する手段として反対派を解放してきた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
艾未未 を購読