アフリカ民族会議

いい男たちはしばしば悪い - 南アフリカの歴史

2月
02

いかに陰謀の過去が現在に影響しているか

「外部の使命:亡命中のANC 1960-1990」 スティーヴン・エリス著 書評

“External Mission: The ANC in Exile, 1960-1990” By Stephen Ellis

行間から明らかに痛みを伴い明白な、亡命中のアフリカ民族会議(ANC)の、スティーヴン・エリスによる歴史の真のメッセージは、いかに陰謀の過去が現在の与党に影響しているかということだ。それは、なぜ今南アフリカを動かしている亡命中のANCの諜報部門長だったジェイコブ・ズマ大統領とその僚友たちが、意見の多様性と異議への寛容性がどんな機能するきちんとした民主主義の中心でなければならないかの概念を受け入れることがそれほど難しいと考えているかを説明しようとしているので、不快な読み物になっている。

エリス氏はアムステルダム自由大学でデスモンド・ツツについての講義を担当し、長い間ANCを批判的に見てきた。1990年代後半に、彼は、アパルトヘイト体制による複数の虐待を主に調査したが特にアンゴラ、タンザニア、ウガンダ、そしてザンビアでのそのゲリラキャンプでの亡命中に自国民に対してANCによって行われた人権侵害の調査には特に熱心ではなかった南アフリカの真実和解委員会の研究者だった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉱山が私のものならば - アフリカの資源民族主義

2月
21

アフリカの政府は、外国の採鉱者からより高い地代とより大きな所有権を取るよう探っている

アフリカの資源が実際にどの程度巨大なのかということを推測するのは難しい。地質学者は、地球上のほとんどの地で鉱物を掘ってきたが、アフリカの大部分ではかなり調査が及んでいないままだ。しかし、巨大な鉱床が今のところ発見され、ものすごい中国の需要を背景にした商品価格の上昇は、世界の採鉱者にその大陸が次の大きなフロンティアであることを確信させている。異常に大きな利益はまた、鉱物資源の豊かな国々にその採掘物のより大きな割合を求めるよう急き立てている。

国内で鉱山を営業させているアフリカ政府はとても多い。世界最大の鉱物資源の宝庫、南アフリカは、2.5兆ドルの価値があると推計されるが、過酷な50%の鉱業の「素晴らしい利益」へのたなぼた税と、探鉱権の販売に対する50%のキャピタルゲイン税を課すことを考えている。これらは、鉱業部門への国のより大きな干渉の可能性を研究するために与党アフリカ民族会議(ANC)によって立ち上げられた、独立した専門家委員会によって出された提案の中にあるものだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカの興隆

12月
05

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

革新への長い道のり

9月
15
南アフリカは革新が遅かった。それが変わりつつあるかもしれない
 
南アフリカは、ビジネスでも、他の全てでも、自分の実力以上のものに挑んでいると自分を考えるのを好む。BRICSの4つの他のメンバーのサイズで言えばほんの僅かであるのにも関わらず、そのSが自分たちのことだと呼称している。それはまた、際立った数の世界的企業の本国だ。ボストン・コンサルティング・グループの、世界的野心を持った40の急成長する「アフリカの王者」のリストで南アフリカは18社を送り込みトップとなり、エジプトの7社とモロッコの6社を上回っている。
 
その国の事業情況は、アパルトヘイトが廃止されてから認識を超えて変わっている。1994年に南アフリカは、僅かな巨大企業に支配された包囲経済だった。今日ではそれは開放され、複合企業はほっそりし、特に携帯電話技術の多数の新しい会社がそこで急増している。しかし、その国は、そのビジネスモデルを現地の環境に、そしてその商品をつましい消費者に適応させる会社に主導された、新興市場からの革新の波に寄与するのがゆっくりだった。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

アフリカ民族会議 を購読