LG

富の神の新たな帝王

1月
10

新興世界の消費者は王様だ

諜報機関はめったに世界の明るい見方をしない。しかしアメリカ国家情報会議からの最新の報告(「グローバルトレンド2030:別の世界」)はかなり明るい。その会議はサイバー破壊行為から核の大量虐殺までの脅威を心配している(素晴らしく控えめな表現で、それは「ロシアがとても困難な国になりうる」と警告する)。しかし、今後数十年間のもっとも重要な傾向は地球規模の中産階級の成長だろうとそれは論ずる。

産業革命の始まった英国は、ひとり頭の所得を倍にするのに150年かかった。アメリカは30年かかった。中国とインドは、同じ偉業を短期間でより大きな規模でつかみ取っている。その結果は、よい家やその子供たちのための良い始まりといった中産階級の贅沢をする余裕のある人々の数の爆発だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

北京はヨーロッパシフトを目指す - 中国の中東欧投資

11月
27

EUの新しい加盟国に言い寄ることは賢い投資だと証明するかもしれない

中東欧への中国の投資は、その他の新興市場へのものよりもずっと遅れていた。しかし、去年、北京は機会に目覚め始めたように見える。

ここ数か月で、中国は普通ではない「農産物融資」契約をウクライナと合意しており、その下ではキエフはメイズ供給の代わりに30億ドルの与信限度を受け取る。

今年、北ブルガリアのロヴェチのそばのバホヴィツァでEUでの最初の中国の自動車工場である長城自動車会社の工場で生産が始まった。それは、その地域でのより広い中国の自動車投資への道を切り開きうる試験計画だと広くみなされている。同月、中国は、リュウゴン機械が道路機械メーカーのフタ・スタロワ・ウォラを約1億ドルで買収することにより、ポーランドでこれまで最大の投資を完了した。

4月に中国首相の温家宝は、北京の求めで開催され、300人の中国人事業家を引き連れた、ワルシャワでの投資フォーラムの呼び物だった。14人ものその地域の首相と会い、温氏は、東ヨーロッパの社会資本と技術への合弁投資計画に100億ドルの特別与信限度枠と5億ドルの投資協力基金を発表した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

禅と車づくりの芸術

7月
04

日本企業は車作り職人として知られているが、演出能力も必要だ

日本では、会社は続くものとして作られた。世界で最も古い企業は、578年までさかのぼる日本の建設業の金剛組だ。14世紀以上後に、それはその中核的事業にこだわっている。大阪の仏教寺院の維持だ。多くの日本企業はまた、従業員がその心に刻み込んでいる設立原則を持っている。普遍的なテーマとして、長生き、一貫性、そして統合性が含まれる。自分のための利益を追うことは、日本では依然として、公衆の面前で鼻をかむことのように、汚いことだと考えられている。

この原始的な世界では、モノづくりは売ることよりも美徳だと考えられている。これは、日本の特徴というだけではない。シリコン・ヴァレーでも、ハッカーたちは単なる行商人と一緒にされないことを好む。しかし、日本では工業はほとんど宗教的な情熱で崇拝されている。実は、愛情を持って完全に治せるものという考えは、仏教的な禅にどこか負っている。マーケティングにははるかに少ない注意しか払われていない。世界的なブランドの世界では、これは間違いだ。日本の事業は物語の芸術もマスターする必要がある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
LG を購読