歴史

豊穣の角 - ユニコーンとその神話

8月
25

クロイスターズは、ユニコーンの祝賀とともに、その75回目の記念日を記録する

純白で、サラブレッドのような優美さで、そのおでこから突き出る長く先細りする角を持つユニコーンは、古代から人々を欺いている。目撃例は、ドイツとインドの森で報告されている。キリスト教徒はその存在証拠を、ユニコーンの異常な強さを証言した4世紀のラテン語の聖書に見つけた。水をきれいにし、病気を治すと言われるユニコーンの角の形で、素材の証拠があった。特権的な少なさのために、それらは大事に保有された。女王エリザベス1世は二つ持っていた。

その生物の珍しさはその魅力を強めた。神話は、ユニコーンの行動と精神的な重要性について成長した。これらは、中世にその影響力の頂点に達した、ユニコーンはキリストの象徴とみなされた。彼らを追い求めることは、受難の物語なのだ。彼らはまた、上品な愛の象徴にもなった。誰も、そしてどんな獣もユニコーンを捕らえることができないのに対して、乙女の見た目と香りはすぐに彼を飼い馴らすだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

1066年やら何やら - 過去を教える

5月
20

いかにして子供たちは歴史が教わったものと同じくらい議論を呼ぶものだというのを学ぶか

それほどまでに分裂的な学校の科目はほとんどない。英国の教育大臣マイケル・ゴーヴが2月にその国の全国カリキュラムを変える草案を発表した時、見出しになったのは彼の歴史への計画だった。ゴーヴ氏の提案は、歴史が初期ブリトン人から始まり冷戦で終わる「首尾一貫した年代順の物語として」学ばれるよう要求した。反対派は、そのシラバスが「ぜいたくな白人男」の行為を強調しすぎ、少数者のそれを控えめに表現しているという。「教育不可能、学習不可能、そして英国的ではない」と、運動団体が4月10日に大声を出した。歴史家の反対陣営は、嘆願を公開し、テレビで論争した。その撃ち合いは、来週に終わる公式調査機関を超えて続くだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

歴史的な髪 - ケニア

4月
30

マウマウの女性退役兵は新たな秩序を嘆く

ムソーニ・ワ・キリマが1963年のケニアの独立を学んだ時、彼女は依然として森の中で生活していた。彼女は、その10年前の英国植民地当局に対するマウマウ団の乱が始まってから、そこにいたのだ。誰も彼女や少数の彼女のみすぼらしい仲間たちに、その戦いが終わったと教えなかった。ほとんどのマウマウ反乱軍は1956年までに無残に鎮圧された。しかし、中核派は戦い続けた。

マウマウの元帥の地位を与えられたたった一人の女性と言われる彼女は、ケニアの独立後初代の指導者のジョモ・ケニヤッタに会うために招待された。最初、彼は彼女がその期間中ずっと森の中にいたと言ったのを冗談だと思った。しかし、彼女は隠れていた間伸ばしっぱなしにしていたドレッドロックを解くことによって、彼を説得した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

荘厳さの夜明けに - ルネサンスの春

4月
22

新たな展覧会が15世紀初めの巨匠たちをほめたたえる

イタリアのうぬぼれは引き潮にある。先月の選挙は、道化者たちが勝利した。イタリア経済は苦労しており、新たな教皇は、前任者によって彼に譲られたローマカトリック教会への不幸な調査の結果を読んでいる。しかし、フィレンツェへの訪問者にとって、フィリッポ・ブルネレスキが1436年に建設した大聖堂は、同時代の評論家によれば、「すべてのトスカーナの人々を陰に覆うほど広く空の上に」そびえたつ。

ブルネレスキの大聖堂は、フィレンツェがかつて新しい世界の支点だったことを思い出させるものだ。それはまた、多くがここで生まれたと論ずる、ルネサンスとして知られるようになった知的芸術的運動をかたどる。

この重要な瞬間に捧げた新たな展覧会が、いかにフィレンツェ共和国の著名な人々の小集団が、古代の学びを再発見するために、中世の思想の甲羅を突破した。彼らは、政治、芸術、建築、文学、そして哲学にわたって広がる研究と創造性の波を自由にし、復活の手本になっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

作業場の英雄 - アメリカと第二次世界大戦

4月
01

書評 「勝利の技術者:第二次世界大戦の潮目を変えた問題解決者たち」 ポール・ケネディ

Engineers of Victory: The Problem Solvers who Turned the Tide in the Second World War  By Paul Kennedy

第二次世界大戦から70年近くが経過し、ほとんどの戦争参加者が今亡くなり、指導的な歴史家は今ドイツ国防軍を賞賛できる。もちろん、その悪い人種主義ではなく、その軍事的あっぱれさだ。戦場で、ドイツ軍の兵士たちは、「どの前線においても攻撃に迅速にそして厳しく反応する能力」について普遍的な尊敬を勝ち得た、とイェール大学のポール・ケネディは書く。彼の誇張表現は流れ続ける。ドイツ国防軍は回復し反撃する信じられないほどの能力を持っていた。ドイツの落下傘部隊は超有能だった。第3帝国は驚くべき粘り強さで戦った。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らは誰だ? - ルネサンス期のアフリカ人

3月
26

なぜ16世紀のヨーロッパ人アーティストがアフリカ人に魅了されたのかを問う新たな展示

ルネサンスの良く知られたアーティストの多く(ピーテル・パウル・ルーベンス、アルブレヒト・デューラー、そしてヤコポ・ダ・ポントルモなど)は、アフリカ人の肖像を描いている。しかし、彼らが描いた男たち、女たち、子供たちは誰なのだろう?何世紀にもわたって、これらのモデルはほとんど知られていなかった。ボルティモアのウォルタース美術館のキュレーター、ジョアニース・スピーサーが更なる発見をしようと決めた時までは。たとえ彼女がそれぞれの個人の名前を当てはめることができなくても、彼女は彼らの人生についてそして彼らがどこから来たのかについてより多く知りたいと思った。彼女の忍耐力は報われた。ウォルタースで始まり、今は6月9日までプリンストン大学美術館で開かれている「ルネサンス期ヨーロッパのアフリカ人の存在を明らかにする」は、啓蒙的で興奮させる展示だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

対蹠地の支配 - 先史時代の移民

2月
07

4,000年前、冒険的なインド人たちがオーストラリアに渡ったことを遺伝的証拠が示唆する

人類の先祖の物語は、ふつうオーストラリアを忘れられた大陸とする。人類学とオーストラリア原住民の遺伝子の両方が、人類がアフリカから出た最初の足掛かりである、オズの地のバブ・エル・マンデブ海峡のアラビア側から広がるのにたった1.5万年しか必要ではなかったと示唆する。最初のオーストラリア人は、それ故に約4.5万年前に到着した。そのあと、1788年に英国海軍のアーサー・フィリップ船長がろくでなしどもの積み荷と一緒にシドニー湾に現れてニューサウスウェールズの植民地を見つけるまで、オーストラリアとその他の世界との遺伝子の流れは再開しなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ベアテ・ゴードン

2月
02

日本についてのアメリカ人への解説者ベアテ・シロタ・ゴードンは12月30日に89歳で亡くなった

憲法の起草は人が毎日やるものではない。それは、ワシントン、フランクリンとその仲間たちが1787年のフィラデルフィアの蒸し暑い夏に数か月かかって成し遂げた。1946年の春に廃墟となった寒い東京でベアテ・シロタがそれをするのに誘い込まれた時、彼女はびっくりした。彼女は弁護士ではなかった。彼女は22歳でただのアメリカ国民だった。彼女の楽しみの考えは、毎晩外出することだった。彼女は、ほとんどが戦争前に彼女が日本に残したその両親を見つけるために、マッカーサー将軍の占領軍に付けられていた。うまくやっていた彼女の仕事は、日本語の翻訳だった。しかし突然、20数名の男たちとともによばれ、最高機密で戦後の日本の基本法を書くことになったのだ。一週間で、「ベアテ、あなたは女性だ。」と同僚たちがいった。「女性の権利について少し書いたらどう?」「素晴らしい、そうしたいわ!」彼女は叫んだ。そしてそれから彼女にはどうしたらいいのかの何の考えもないことを認識した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

選択的記憶 - 日本の歴史

9月
17

書評:忘れる方法、覚えておく方法:現代世界の日本

(Ways of Forgetting, Ways of Remembering: Japan in the Modern World.  By John Dower)

太平洋戦争の亡霊がアジアの生活を揺さぶりに戻る時、いかに国民国家が過去を記憶し記憶違いするのかについて考えることは適切なようだ。日本のその隣国の中国と韓国との現在のけんかは、75年以上前の戦争への行進と未消化な戦争の余波に根差している。しかしながら、それらは歴史の異なった語り口によって、そしてしばしば偏狭で健忘症的な国内メディア報道によって炎症を起こしている。

紛争と記憶は、第二次世界大戦後の日本を見つめたピュリツアー賞を受賞した「敗北を抱きしめて(1999)」の著者であるジョン・ダワーによる、この新たな論文集に命を吹き込むテーマだ。ダワー氏は特に日本の軍事的な過去の消毒に関心があるが、また、歴史一般がしばしば強力なものによる道具であるというあり方にも興味があった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

歴史 を購読