アート・スポーツ

審判はロボットだ - 技術とスポーツ

1月
31

サッカーの審判を助けるためのゴールライン技術の展開は、将来のさらなる決定補助のための道を開くかもしれない

2014年7月13日。最終ホイッスルの数分前に、イングランドのウェイン・ルーニーはドイツディフェンスの裏にけりこみ、サッカーワールドカップ決勝の唯一のゴールを決める。しかし、リオのマラカナ競技場のイングランドサポーターの歓喜は、線審がその旗を揚げると掻き消える。映像がそうではないことを示しているのにもかかわらず、そのゴールはオフサイドで認められない。ドイツチームがPK戦で勝つ。

イングランドがワールドカップの決勝に進むという考えがこのシナリオを幾分奇抜なものにしているけれども、間違ったオフサイド判定はむしろより頻繁に起こりそうだ。前回のワールドカップでの明らかな誤審が、ゲームのルールを決める国際サッカー評議会(IFAB)にこの夏にゴールライン技術の導入を容認するよう説得した。これは、ミスを犯しがちな審判を助けるために技術をより広く利用することに向けた単なる第一歩かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

沈黙の音 - 音楽コンクールを審査する

12月
18

トップの音楽家はメロディと同じくらい動きで評価される

音楽の中には、いつでもパフォーマンスであるものがある。例えば、ロックバンドのライヴを見ることは、音の質を賞賛するだけの問題ではない。音楽家が舞台上に運び上げるものは、ほとんど同じくらい重要なのだ。しかし、クラシック音楽は、そのような邪魔から免れるだろうと考える人がいるかもしれない。演奏がコンクールの一部として審判されているときには、いっそうそうではないかと。しかしながら、ロンドンのユニヴァーシティ・カレッジの研究者でもあるコンサートピアニストのChia-Jung Tsayによる研究は、賞を与える審判ですらも、聴いたものと同じくらい見たものによって揺さぶられうるということを示唆する。

米国科学アカデミー紀要で発表されたばかりのTsay博士の研究は、審判の判断に同意するかどうか見るために、10の著名な音楽コンクールでの演奏を評価するよう、1,000人を超えるヴォランティア(半分が初心者で半分が専門家)を雇った。それそれのヴォランティアは、それぞれのコンクールの上位3つである30の演奏を調査した。落とし穴は、ヴォランティアのたった1/3しか音楽付の演奏を見せられなかったことだ。残りの2/3は、両方ではなく、それぞれの演奏を見るか聞くかどちらかだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ボールを見る - プレミアリーグ

12月
09

世界でもっとも豊かなサッカーリーグはビッグデータを抱きとめている

リヴァプール・サッカー・クラブが8月17日にストークとの開幕戦に臨むとき、それを最も近くで見るのはアンフィールド競技場の4.5万人のサポーターではないだろう。212か国の8億世帯に広がった観念的な英国プレミアリーグ(EPL)ファンの一団も、そのゲームをもっとも詳細に見るわけではないだろう。EPLは新たな観察者の種を持っている。勝つための最善の方法を発見するために統計を使って注意深くそれぞれの動きの後を追う洗練されたデータ会社だ。

EPLでの賭け金は高い。大きなテレビ視聴者がそれを世界でもっとも豊かなリーグにし、今季31億ポンド(48億ドル)の純収入が予想される。しかし、EPLのクラブはたくさん稼ぐけれども、彼らはたくさん費やしもする。才能は値が張る。選手の給料は平均的なクラブの収入の70%を吸収し、その数字が94%にもなるところもある。プライド以上のものが懸かっているのだ。そのリーグよりも下の収入はEPLの1/4なので、規制は収入がその支出にはるかに及ばないクラブをそのままにできる。何人かが見つけたように、規制されることは死のスパイラルの原因になりうる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

Ref! - サッカーをきれいにする

9月
18

サッカーでの不正との戦いは上から始めるべきだ

それはミスマッチなようだ。片方では、ほんの時にしか政府や警察に助けられずに、世界のお気に入りの試合を運営する当局がある。反対には、八百長試合や資金洗浄に熱心な断固としたプロのギャングがいる。2010年のバーレーンと偽のトーゴチームとの間の偽の試合の調整のような、彼らの進化は、巧妙な、面白くすら見えうる。しかし、彼らのレパートリーには洗練された賭けソフトと同様に、暴力や脅迫が含まれる。特に中国と言った、いくつかの国内リーグはそのような不正によってひどく信用されていない。

すべてのヨーロッパの大きな政治組織は、スポーツの不正に対して痛烈に非難している。過去には選手の移籍や給与の債務について目をつむった税務当局は、特に英国とイタリアで遅ればせながら介入を始めた。不埒な目的で犯罪者がクラブを乗っ取っているいくつかのヨーロッパ諸国の一つであるフィンランドでは、スポーツ省は、選手に八百長試合の疑いを匿名で報告させるスマートフォンアプリの開発を助けている。韓国の役人は、何十人もが投獄されたスキャンダルの後で、多数の選手を追放した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

空間を作る - メシャック・ガバの芸術

9月
12

テート・モダンで「現代アフリカアート博物館」が開かれる

現代アフリカアート博物館とは、どのようなものだろうか?一つのギャラリーは、焼き物の鶏の足、刻まれたカネのバッグ、そしてアフリカの国旗のパズルのピースで満たされうる。他のものは、異なった宗教のトーテムを取り上げ、職業タロットカード読みを含むかもしれない。レストランがあるだろうが、食事はその作品が展示されているアフリカ人アーティストによって作られるだろう。店の品物は、木のパレットの上に並べられうる。

これは、少なくとも、主導的なアフリカ人アーティストメシャック・ガバの将来像だ。彼のおどけた「現代アフリカアート博物館」は、その作品を去年購入したロンドンのテート・モダンで、7月3日から展示される。1997-2002年の大規模な5年計画のガバ氏の12部屋の「博物館」は、挑発的になるよう設計されている。それは、彼の「アフリカの芸術に場所を作るための戦い」だと彼は説明する。本当の博物館がないので、彼は自分で一つ作り出すことを決めたのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

マウスとマネの - アートと動物王国

9月
12

絵画のネズミによる評価

いやしいマウスは科学の勇猛な馬車馬だ。毎日、世界中の研究所で、その小さな生物は、すべて科学の名のもとに、電気ショックからがんの誘導まで、すべてのやり方の注意深く管理された侮辱に従っている。しかし、日本の慶応大学の渡辺茂の研究室では、マウスはほとんどのものよりも楽しい生活を送っている。渡辺博士にとって、その関心は体ではなく心の中にあるのだ。特に、彼は美術の好みについて探っている。

今月のパブリック・ライブラリー・オブ・サイエンス誌に掲載された論文で彼が描くように、渡辺博士は、彼のマウスがある画家への好みを持っているかどうかを見ることに興味を持った。彼はそれらを一度に1匹だけ部屋に入れ、異なった画家による絵画のペアをそれぞれに見せた。科学は(まだ)マウスの心を読む方法を持っていないので、彼はその動物がどれだけその動物がどちらかの絵のそばにとどまったかを測った。彼のマウスは、ロシアの抽象画家ワシリー・カンディンスキーによる絵画と、原色で満たされた黒い網目状の線の単純な構成で有名なオランダ人アーティストピエト・モンドリアンによるものの間には、特別の好みを表さなかった。フランスの印象派画家ピエール=オーギュスト・ルノワールと、キュビズムのスペイン人の父パブロ・ピカソによる絵にも似たような無差別があらわれた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

歴史の始まり - 日中戦争

9月
08

[書評]

いかに日本の野蛮な占領に対する闘争が現代中国を形作ったか
China’s War with Japan, 1937-1945: The Struggle for Survival  By Rana Mitter

日本軍が1937年に中国の首都南京に進むにつれて、中国政府の高官周仏海(Zhou Fohai)は、その町を食い尽くすパニックと恐怖について彼の日記に書いた。彼はその破壊と、彼の国へのその示唆を予想した。「中国にはこれ以上の歴史がないだろう。」彼は書いた。

日本の侵略が浴びせるだろう荒廃は、実に衝撃的だった。しかし、ラナ・ミターがその日中戦争についての啓蒙的で注意深く調査された新しい本で示すように、中国の歴史は南京の陥落で終わらなかっただけではなく、多くの点でその戦争は現代中国を作り出すのを助けた。それは、新たな国が作られたカナトコだったのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

豊穣の角 - ユニコーンとその神話

8月
25

クロイスターズは、ユニコーンの祝賀とともに、その75回目の記念日を記録する

純白で、サラブレッドのような優美さで、そのおでこから突き出る長く先細りする角を持つユニコーンは、古代から人々を欺いている。目撃例は、ドイツとインドの森で報告されている。キリスト教徒はその存在証拠を、ユニコーンの異常な強さを証言した4世紀のラテン語の聖書に見つけた。水をきれいにし、病気を治すと言われるユニコーンの角の形で、素材の証拠があった。特権的な少なさのために、それらは大事に保有された。女王エリザベス1世は二つ持っていた。

その生物の珍しさはその魅力を強めた。神話は、ユニコーンの行動と精神的な重要性について成長した。これらは、中世にその影響力の頂点に達した、ユニコーンはキリストの象徴とみなされた。彼らを追い求めることは、受難の物語なのだ。彼らはまた、上品な愛の象徴にもなった。誰も、そしてどんな獣もユニコーンを捕らえることができないのに対して、乙女の見た目と香りはすぐに彼を飼い馴らすだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

芸術的な解決 - 現代アート

8月
20

ヴェネツィア・ビエンナーレの主要テーマは、いかにして世界はそのような混乱に陥ったか?だ

世界最大の芸術祭ヴェネツィア・ビエンナーレは、単に芸術についてだけではなかった。1930年に、イタリアのファシスト独裁者ベニート・ムッソリーニは、そのビエンナーレの潜在力をプロパガンダのショーケースとして見、彼の執務室からそれを運営した。彼はそのイヴェントがとても成功したとみなしたので、4年後にヒトラーをパーソナルツアーに連れ出した。第二次世界大戦以来、国の関与はより距離を置くようになっている。例えば、英国館はブリティッシュ・カウンシルによって運営されており、アメリカ館に責任を持つ国務省派遣団はヴェネツィアにあるペギー・グッゲンハイム・コレクションへのものだ。

今年、国別館を満たすよう選ばれた芸術家の多くは、ふたたび彼ら自身の国の鼓動を話している。(10年の中断後の)ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、バハマ、(ベスト・パヴィリオン賞をかっさらった)アンゴラ、ツヴァル、そして教皇庁を含んだ、10の新参加国がある。ヴァチカンは、その初登場を、その計画を監督するテレビ映りのいい高位聖職者のラヴァージ枢機卿の言葉で「芸術と信仰との関係を再建する」ために使っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地球規模の野望vs環境の懸念 - フランスの都市計画

8月
18

計画されたローランギャロスの拡大についてのけんか

全仏オープンの決勝進出者が6月8日と9日にそのクレーコートで対戦するとき、彼らはローランギャロス競技場の時代の終わりを目撃するかもしれない。そのグランドスラム大会を組織するフランステニス連盟(FFT)は、その場所を拡大することができるかどうかの裁判所裁定を待っている。しかし、その計画は大きな現地のけんかを巻き起こし、金持ちの現地の人々、環境活動家、職業スポーツ家、そしてパリを世界的な町にしたいと思っている人々の敵対する念願を露出している。

他のグランドスラムの会場は、すでに更新している。メルボルンとウィンブルドンは、それぞれセンターコートに開閉可能の屋根を持っている。全米オープンは、フラッシング・メドウズに巨大なアーサー・アッシュ競技場を持っている。その首都の地味な16区の縁にあるローランギャロスは、パリの入り口で魅力を放っているが、狭苦しい場所にある。1928年に建てられたそのセンターコートは、屋根がない。ラファエル・ナダルが勝った去年の決勝は、雨のために2日にわたって行われた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

アート・スポーツ を購読