スティーヴ・ジョブズ

沈黙の音 - 技術と社会

1月
31

デザイナーは、エネルギーを節約し売上を上げることができる、少ししか雑音を出さない製品の考案に、より注意を払っている

気を散らせる雑音の迷惑を規制する努力は、シュバリスのギリシャ植民地が血の気の多い男どもと一緒に板金工と陶工は騒音を出すので町の外に住まなければならないと命じた、少なくとも紀元前6世紀にまでさかのぼる。25世紀程度後に、コンピューター研究の先祖の一人として思い出される英国の数学者チャールズ・バベッジは、手回しオルガン奏者などのストリートミュージックに対する一連の運動を行った。デザイナーが雑音を少なくする製品を考案するのに最近より注意を払い始めたことを、どちらも確かに認めるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

私はストリームを夢見る - 音楽ストリーミング

8月
25

アップルは他社を追って音楽産業のもっとも好況に沸く分野に入る

「くそったれ、これ以上革新できない。」アップルの重役の一人フィル・シラーは、6月10日の年次総会で、その会社の新しい提案を明らかにするのを助けた時、うなった。彼は、その前社長スティーヴ・ジョブズが2011年に無くなってから、痩せ衰えている(今年今までのところその株価は20%下がっている)と言う、増加している疑っている人の層に話しかけた。その懐疑的な人たちは、揺さぶられなかった。アップルの穏やかな革新の中には、新しいオペレーティングシステムのiOS7と、ライヴァルたちが既に提案しているものに似た音楽ストリーミングサーヴィスがあった。

10年前、アップルがそのiTunesストアを通してデジタル音楽の販売を大衆化した時、それは音楽産業を打ちのめした。それは最大の音楽小売のままだが、今それは新しい音楽行動を見つけているほかの会社のまねをしている。ストリーミングは、広告を最後まで見るか月次の講読料を支払う気があるのならば、消費者が音楽を買うことなしにそれを聞くことができるようにする「オールアクセス」のサーヴィスだ。アップルのiTunesラジオは、今年の秋にアメリカで始まる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

会社生活にさよなら - 日本の若者

11月
24

若い日本人のますます多くが、大企業の安全から去り、自分の事業を始めている

岩佐琢磨は、たとえその部門でかつて支配的だった日本の製造業者が苦労し始めていたとしても、パナソニックでの彼の職を去り、自分の家電会社を立ち上げるのに何の不安も感じなかった。

「私は何も心配しなかった。」2007年に日本最大の家電メーカーを去り、東京で家電革命のために戦うセレヴォを立ち上げた34歳の岩佐氏は語る。

「私は、何もないところから何かを作り出す、楽しくて挑戦に値することをする必要がある種類の人間だ。」彼は語る。モップに似た長めの髪をし流行の眼鏡をかけて、もつれたケーブルと電気製品の箱に彼の事務所の角で囲まれて、彼はとても起業家の風情をしている。

岩佐氏は、本当にやりたいことをする興奮と満足の代わりに、一流の雇用主から月給と社会的地位の約束を贈られるのを差し控える、少ないが増えている若い日本人起業家の塊の代表的人物だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

それをまた演奏する - レコード上のバッハ

10月
03

書評:Reinventing Bach  by Paul Elie

1955年に、カナダ人天才鍵盤奏者のグレン・グールドは、ヨハン・セバスティアン・バッハの彼の解釈に注意し、その作曲家の「ゴルトベルク変奏曲」の偶像的な録音をした。それは初めて商業的に長時間演奏されたレコードの一つで、音楽を録音再生する最新の技術を使っていた。その直後に、彼は、音楽家の評判が一義的にコンサートホールで作られていた当時としては目立って勇敢な決定である、ライヴ演奏をやめ完全に録音に捧げるということを発表した。グールドはやり通し、彼の経歴は栄え続けた。CDが黒いレコードにとってかわる直前の1981年に、彼は翌年の自らの50歳の誕生日を記念するために、同じものを再び録音した。批評家たちはそれを賞賛するのにひどく熱心になった。彼は、生涯のほとんどを通して悪い健康と精神的問題に悩まされながら、それが発売された数日後に亡くなった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

環境不適合者をほめたたえて

6月
20
なぜ事業はアスペルガー症候群、注意欠陥障害、そして失読症の人々を必要とするのか
 
1956年に、ウィリアム・ワイトはそのベストセラー「組織人」の中で、会社は「よくまるくなった」役員ととてもうまくいっているので、彼らは「天才に対する戦い」と戦うのだ、と論じた。現在、多くが反対の偏見に悩んでいる。ソフトウェア会社は反社会的おたくのことをうのみにする。ヘッジファンドは同じように変わり者の計量アナリストを吸い上げる。ハリウッドは気まぐれな創造者を集めるために後ろに身をかがめる。そして政策立案者は職を作るためにルールを破る企業かに目をやる。学校の運動場とは違って、市場は環境不適合者に親切だ。
 
求人者は、よいコンピュータープログラマーを作る精神的な質が、アスペルガー症候群と診断されるかもしれないものに似ているということに気づいている。狭い主題に対する執拗な関心、数字、パターン、機械への情熱、繰り返しの仕事への熱中、社会的手がかりへの敏感さの欠如といったことだ。彼らがインターネットを谷の上に置いたので、それは「スペクトルの上の」人々によってその人々のために発明されたのだ、という冗談もある。オンラインでは、人に会うという試練なしにコミュニケートできるのだ。
Posted By gno-eagrai 続きを読む

起業する年配者

3月
06

新しい事業を始めるのは、たとえ今ではそう見えるにしても、若者の専権事項ではない

「スーツを着たなまけもののやつ」は、レナード・コーエンが自分でその最新アルバム「Old Ideas」を表現したものだ。コーエン氏は確かに、ステージの内外でスーツを着るのが大好きだ。しかし、怠け者は少し厳しいようだ。彼は、その生まれ故郷カナダでの普通の退職年齢を12年超えた77歳だ。しかし、彼がギターを置く兆候は無い。彼は2008-10年をツアーに費やし、その75歳の誕生日をバルセロナでのステージで迎えた。「Old Ideas」は広い賞賛を勝ち取った。コーエン氏は、次のアルバムのためにたくさんの曲を書いたという。

1960年代に、ポップは若者の仕事だった。ザ・フーは歳老いる前に死にたいと望んだ。ボブ・ディランは、「やせっぽちのバラード」でジョーンズ氏のような中年の堅物を叱った。しかし、今では年齢は成功への何の障害にもなっていない。ローリング・ストーンズは60代になっても依然としてツアーに出ている。ボブ・ディランは、声はともかくとしても、その作曲能力はそのまま生き延びている。ポール・マッカートニー卿は歌い続けている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

スティーヴならどうするだろう

2月
28

ジョブズは間抜けだが、彼の指導力の教訓は人間性よりも製品についてだ 技術は、過去数年間にわたって合衆国経済の一貫した明るい点だった。そして、どの会社もアップルほどうまくそれを要約できなかった。おそらくそれが、ビジネススクールや指導力のコーチが、GEの「ニュートロン・ジャック」ウェルチ以来最も有名なCEOの習慣を人類学的に見つめたウォルター・アイザックソンによるスティーヴ・ジョブズの伝記から、どんな経営的な教訓を引き出すべきかについて語っているのかの理由だろう。ジョブズは、独裁的ないじめっ子と、今のところ今世紀最も成功した会社の再建を行った事業の天才の両面があるということが明らかにされた。 おそらくこの本は将来のMBAに読むことが求められて当然だ。ジョブズの物語と結びついた経営の芸術は彼らが考えているようなものとは違うからだ。「ビジネススクールは、スティーヴ・ジョブズが指導力について我々に教えることは何か、としばしば私に尋ねる。アイザックソンは語る。「それは、彼がハンディをつけられた場所に留まったとか、彼が人々にとっていやな奴だったとかいったことではない。それは、彼が端から端まで彼の製品に完全な責任を持っていたということであり、彼が製品を投資収益よりも上に置いていたことであり、彼が特定の集団の奴隷ではなかったということだ。
 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

違う考え方をしろ

8月
15
クレイ・クリステンセンは、革新者たちにいくつかのルールを規定する。しかし、革新は学ぶことができるのか?
 
革新は現在における聖杯に等しいものだ。豊かな国の政府は、それを経済停滞を食い止める方法だと見ている。貧しい政府はそれを成長加速の方法だと見ている。そしてビジネスマンはどこでもそれを生き残りの鍵だと見ている。
 
それは、クレイ・クリステンセンをガラハッド卿に近い存在にしているものだ。14年前、ハーヴァード大学の騎士のクリステンセン氏は、その科目の勉強に、「破壊的な革新」という言葉で一般化した本である「革新者のジレンマ」で持って、革命をもたらした。今月、彼は、ジェフ・ダイヤーとハル・グレガーセンとの共著で「革新者のDNA」という新しい研究を発表した。それは我々を成功した革新者の心の中に連れていこうとしたものだ。彼らはどのようにそのビジネスに取り組むのか?それは普通のやり方とどのように違うのか?そして会社はどのように彼らの精神的習慣から学ぶことができるのか?
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

スティーヴ・ジョブズ を購読