社会

聖なる混乱 - ナイジェリアでの誘拐

2月
28

ナイジェリアでの誘拐は手におえない

9月6日に暗闇を抜けてナイジェリアの主要な石油の町ポート・ハーコートに向かって家に車を走らせて、イグネシアス・カティ大司教とその妻は、武装ギャングが彼らを誘拐しようとするのに何の考えも持っていなかった。しかし、それは異常なことではなかった。ナイジェリアで2番目に高位な英国国教会の聖職者の誘拐は、その妻はのちに解放されたが、ニジェールデルタの湿地帯の住民が残酷にも慣れている犯罪の、普通よりも高い水準ではあるが、単なる別の実例にすぎなかった。

石油地帯での誘拐は、例外なく身代金目的だ。外国の石油関係者が一般的な目標だったが、豊かなナイジェリア人事業家、目立つ学者、そしてサッカー選手さえもがますます狙われやすくなっている。誘拐の脅威は、ナイジェリア最大の都市でその経済の中心でもあるラゴスでも、今年かなり悪くなっている。

めったにニュースにもならないが、最近その国中で多くの誘拐がある。2013年の前半に、ナイジェリアでは世界で最多の誘拐未遂があり、記録されたそのような事件の26%を占めた。メキシコが2番目の10%で、パキスタンが3番の7%だったと、犯罪についての情報を集めるロンドンの会社NYAインターナショナルは計算する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

悪いことが多すぎる - アジアでの強姦

2月
28

デリーでの強姦と殺人は、インドでの女性に対する暴力に注意をもたらした。しかし、医療ジャーナルのランセット・グローバル・ジャーナルに掲載された新しい調査によると、隣り合う国々での状況も同じように明るいものではない。6つのアジア諸国で調査された10人の男性のうち1人以上がパートナーではない女性を強姦したことがあると言い、その数字は妻や女友達を犠牲者に数えると4人に1人近くにまで上がる。国連の計画の一部としてのその調査で、研究者たちは、バングラデシュ、カンボジア、中国、インドネシア、パプアニューギニア、そしてスリランカでの18-49歳の1万人を超える男性を調査した。その男たちは、(男性調査官によって)「強姦」については聞かれなかった。そうではなく、彼らは「女性に性交するよう強要したことがあるか」を聞かれたのだ。パートナー以外に対する答えは、バングラデシュでの4%からパプアニューギニアでの信じがたい41%まで、多様だった。」強姦者の7人に1人以上は最初の強姦を15歳以下の時にした。半分以上は20歳になる前にそうした。55%しか有罪だとは感じていないと報告し、1/4以下しか刑務所に行かなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

多目的複合大都市 - 賢い都市

1月
10

熱狂する人は、前世紀に電気がしたのと同じくらい、データサーヴィスが今世紀都市を変えることができると考えている。それを証明するのは長い道のりだ

泥棒でさえも、今ではスマホアプリを持っているようだ。(アムステルダムのスラングで「簡単な窃盗」のような意味の)マッキー・クラウウェは、自転車が良い目標のような、例えばリーストラートやタインストラートといった、コソ泥のためのその町で最善の場所を明らかにする。そのアプリは、その暗い技術を、ある地区で報告された、可処分所得、犯罪水準、そしてほかの問題についてのおおやけに利用できるデータをまとめたものに頼っている。盗むのによい場所は、例えば、高い所得、低い犯罪報告、そして壊れた電灯といった条件かもしれない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

施しの犠牲 - 南アフリカの生活水準

12月
31

ある家計調査は、再分配政治の限界を示す

基本サーヴィスの貧弱な対策への怒りのデモは、ストライキ、停電、そして変動する通貨と同じくらい南アフリカで一般的な生活の一部だ。今週、ヨハネスブルグの西のランドフォンテインに近い間に合わせの居留地で、水道、電気、下水の欠如に抵抗して燃やしたタイヤで道路を閉鎖した住民を四方に散らすために、警察は行動を起こした。与党アフリカ民族会議(ANC)は、その党に権力をもたらしたその国の最初の完全に民主的な選挙から20周年にあたる選挙を来年の4月に控えている。それは勝つだろう。しかし、それが適切な公共サーヴィスを供給し損ねているという感覚は、その勝ち幅をかなり大きく減らすかもしれない。

8月22日に発行された生活水準の年次の概略である総合家計調査は、地方サーヴィスの到達が過去10年間で増加していることを示唆する。最悪のサーヴィスの差のいくらかは、狭まっている。福祉支出は、多くを直接の貧困から引き上げている。にもかかわらず、人々が不満を持っていることは明らかだ。彼らの期待する水準は、国が物事を改善し売るペースよりも早く上がっているようだ。そしてその報告は、より深い問題をにおわせている。社会的贈与と公共財は、南アフリカの悲惨な職の不足を埋め合わすことができないのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

おっぱい、ダメ -- タブロイドのヌード

12月
10

タブロイドのヌードについての論争は、性と社会について何を言うか

ある英国紳士は慣例を好む。トーストの上のマーマイト、グラスに入ったぬるいビール、口の中の虫歯、そしてサン誌の数百万人の読者にとっては3面のダヴェントリーのケリーのおっぱいをちらっと見ることだ。そのようなことは、英国の最大部数のタブロイドによってなされた主張だ。いわく、そのトップレスの写真は1970年に当時の経営者ルパート・マードックによって導入され、それらは国民生活の無害な定着物になっている、と。だが、生意気にも尊ぶべきかもしれないが、3面は先が見えているかもしれない。その運命は、性、フェミニズム、そしてメディアへの進化する姿勢に光を当てる。1970年から英国で何が変わり、何が変わっていないかについてだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

道は長い - 英国のソマリ人たち

12月
09

ソマリ人たちはほかの移民よりも悪い生活を送っている。何が彼らを抑止しているのか?

理髪店はゴシップのための素晴らしい場所だ。ケンティッシュ・タウンのハッサン・アリの店も変わらない。その北ロンドン人は、機械技師になる夢を持ってソマリアから英国に到着した。しかし、彼は理髪がうまかった。できる仕事は何でもするのだ、と彼は語る。英国で最大の難民人口であるソマリ人のほとんどは、働いていない。彼らは英国で最も貧しく、最も教育を受けておらず、最も雇用されていない部類に入る。他の難民たちが栄えている国で、なぜソマリ人たちはそれほどにひどいのか?

1世紀以上前に最初に英国に到着したソマリ人は、経済的移民だった。商船の船員は、カーディフ、リヴァプール、そしてロンドンといったドックのある町に住んだ。1990年代に内戦がソマリアを破壊した時、難民が英国に群れを成してやってきた。1999年に最高潮を記録し、(その年に英国に到着した難民の11%に当たる)7,495人のソマリ人が到着した。それ以来、流入は減速している。それは依然として大きな共同体を残す。2011年の国勢調査は、イングランドと英国に101,370人のソマリア生まれの人々がいるのを見つけた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

バイバイ、ブーメラン - 家族生活

11月
04

大人になった子供に出ていくよういかにして説得するか

宗教学と創造的作文の卒業生で失業中のアンドリューは、両親とともにオレゴンに住んでいる。彼だけではない。全人口の36%に当たる、18歳から31歳までの2,160万人程度のアメリカ人は、依然として親の家に悩み暮らしている、とシンクタンクのピュー・リサーチ・センターは言う。この数字は、休日の間だけ家にとどまっているかもしれない学生を含んでいるので、少し間違っている。にもかかわらず、パパとママにくっついている若者の割合は、1968年に調査が始まって以来、最大だ。

アンドリューは、「強烈な情熱で」彼の状況を憎んでいる。それは、もちろん、安全で、乾いており、温かく、彼はその両親の助けに感謝している。しかし、彼は退屈で、欲求不満で、彼らの引き立ての下に帰るので彼の恋愛生活は「限られている」。(母親が彼に料理をさせないという事実は、二人のためにロマンティックな食事を準備することを挑戦にする。)

Posted By gno-eagrai 続きを読む

一般的ではない運動 - 反中絶行動主義

10月
15

新型の道徳活動家があらわれている

華奢な体格で物腰柔らかなWang Linは全然典型的な活動家のようではない。そして彼の運動もまた中国では一般的ではない。中国の厳格な一人っ子政策を施行するために30年以上にわたって野蛮に使われている中絶だ。8月2日に、当局は彼らがその政策を「改善するための計画を提案」するだろうと発表し、それは彼らがそれを最後には廃棄することを意図している別の兆候だ。

しかし、Wang氏の目的は、強制についてではない。彼は、中絶それ自身に反対しているのだ。彼の立場はアメリカ人には見慣れたものだろうが、中国では珍しい。多くの中国人は家族計画政策に反対しているが、中絶が倫理的かどうかに関しては「ほとんどの中国人は一顧だにしない」と彼は語る。

中国での社会的価値の変化は、より多くの人々が婚前交渉をし、新しい調査によれば、未婚の生殖能力のある女性の20%の妊娠につながっていることを意味する。そのうち、91%は中絶に頼った。しかし今、何人かの人々がこの実用的なやり方に疑問を呈している。

数人のヴォランティアとともに自宅で働く(ペンネームの)Wang氏は、画像を含んだ冊子やウェブサイトを公開し、生命は受胎で始まり、すべての殺人は間違っていると論ずる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

覆い隠された声 - ソマリアとソマリランド

10月
07

より良い政治環境にもかかわらず、メディアの自由は滑っている

リバン・アブドゥライ・ファラーが7月にプントランドの中央部の州の町ガルカイヨで射殺された時、彼は今年ソマリアで暴力的に亡くなった6番目の記者になった。これは、首都のモガディシュで導入されたばかりのメディア法が記者にその情報源を明らかにするよう強いて、以前に存在していた報道の自由が何であれ縮小されるにつれて、やってくる。

その国の北部の自治地区ソマリランドでは、独立心を持った指導者たちが、報道の自由がいくつかの民主的成果の一つだと褒めちぎる。しかし、彼らはその大きな兄弟たちの醜い特徴のいくつかを示し始めている。4月には、勤務外の警察官とそのグルが、首都ハルゲイサの新聞フバールの事務所を攻撃した。その経営者モハメド・アハメド・ジャマ・アロレイは、殴られ撃たれた。彼は、仲間が攻撃者を地面に組み伏せることができるまでに、腕を骨折した。

その新聞の悩みは終わったどころではない。6月に、それはその地域の大統領アフメッド・モハメド・シランヨを非難する一連の記事を掲載した後で営業停止にされた。編集長のハッサン・フセイン・ケフケフは中傷と虚偽報道の罪で2年間の有罪を宣告された。保釈中に控訴を保留して、彼は「影の中の」政府に不平を言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

農場に膝まづく - サン・ホアキン渓谷

10月
06

カリフォルニアの回復は、その中心地の慢性的な問題をなおしてはいない

ロサンゼルスのビーチと魅力やシリコンヴァレーの技術的革新から一般的に想像されるカリフォルニアから離れたところに、東と西の山脈に包まれた主に農業の平地の450マイルの広がりのセントラル・ヴァレーがある。その渓谷の地理的隔絶は、別の形の切断を生んでいる。ここでは、あなたはカントリー音楽を聴き共和党に投票するといった、事実上その州の他の所では絶滅した習慣に直面する。

しかし、この孤立はとても立派なものとは言えない。2011年のあるカリフォルニアの人間開発報告は、セントラル・ヴァレーのもっとも人口稠密な部分であるサン・ホアキン渓谷に、西ヴァージニアとほぼ同じ得点を与えた。平均寿命は低く、犯罪率は高く、そして(改善しているにしろ)空気はひどい。シンクタンクのミルケン研究所による2010年の報告は、その国で教育を受けていない都市10のうち、3つのサン・ホアキン渓谷の町を見つけた。そして、長くその渓谷を悩ませる失業は、そこを掴み続けている。地元の人たちは外部者に彼らが「西のアパラチア」に住んでいるといわれるのを嫌うが、同じ口でそれが本当だと認める。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

社会 を購読