社会

新たなる進路 - チベット

8月
27

チベットでの異なったやり方への提案は、中国の中にその政策がうまく行っていないことを知っているものがいることを示唆する

中国高官の中のチベットについての伝統艇な知恵は、現在のダライ・ラマが亡くなれば、チベット問題は解決するだろう、と言うものだ。中国はその山がちの地域にきつい支配をしており、それがすべてのカードを持っていると信じている。それは、ダライ・ラマの次の化身を選ぶことができ、それがそうなのだ。

だから、チベットウォッチャーたちは、今月香港の雑誌に掲載されたチベットについての主導的な中国人学者のインタヴューを、驚きの関心を持って迎えた。そのインタヴューの中で、この世代でほとんど初めて、ある上級政府顧問が、継続する政治的抑圧を伴った経済開発という中国のチベット政策が機能しておらず変化が必要だと示唆する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

男社会の救世主

8月
25

ブラジルの女性は、事業にかぎらず、目立った進歩をしている

リオ・デ・ジャネイロは、自然のもっとも物惜しみしない祝福さえも成功を保証しないという証拠だ。リオはブラジルの政治的首都としてのその地位を1960年に、その後数十年でその国の事業首都としての地位をサン・パウロに譲った。ギャング戦争と貧弱な社会資本がその観光産業を叩き潰している。2016年のオリンピックは、衰退の数十年間を逆転させるその町の最高の機会を意味する。しかし、それはその機会をとらえることができるのか?その質問は、救世主キリストの象の修辞的な同等物のように、リオに高くそびえている。

それにだれよりもよく答えるだろう人は、市営オリンピック会社の社長マリア・シルヴィア・バストス・マルケスだろう。彼女は、公共と民間部門をまたぐ組織を率いる完全な背景を持っている。ある鉄鋼会社の元社長でブラジルの2つの大会社ペトロブラスとヴァーレの役員を務めた彼女はまた、地方政府に数多くの地位を持ち、ブラジルの巨大な開発銀行BNDESの経営陣の最初の女性役員として仕えている。そして彼女はどんな質問にも答える準備ができている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

農民vs原住民 - ブラジルの土地

8月
22

対立する土地への主張についての長々強い論争が暴力的になっている

ブラジルの憲法が1988年に適用されて以来、どの地域が原住民の部族の土地だとして宣言されるべきかと決めるのに5年で十分だとされた。25年近くたって、その国は、ほとんどがアマゾンで、その地域の13%を覆う557の固有領域を持っている。しかし、100以上の他の領域が依然として考慮されている。その遅れは、さらに南の長く農業がおこなわれてきた地域での紛争を惹き起こしている。

先月、マットグロッソ・ド・スル州のシドロランディアの警察と農民との衝突で、何人かのテレーナ族がけがをし、一人が殺された。それは、ブラジルの90万の土着民のうち1/10に満たない人々の故郷である大きく農業に依存した州での最新の発火にすぎないが、彼らの半分以上が2003年以来殺されている。シドロランディアでの平和を保つために、連邦治安維持軍が送られている。境界決定について連邦政府に助言をする機関のフナイ(FUNAI)は、議会で砲火にさらされており、その力のいくらかを失う事態に直面している。6月7日に、その長官は病気を理由に辞職した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカの角の苦闘 - ソマリアのシャバブ

8月
20

(書評)

ソマリアのアル=シャバブ:あるイスラム民兵集団の歴史と思想
Al-Shabab in Somalia: The History and Ideology of a Militant Islamist Group
By Stig Jarle Hansen. Oxford University Press

世界で最も危険な場所:無法国家ソマリアの内側
The World’s Most Dangerous Place: Inside the Outlaw State of Somalia
By James Fergusson. Da Capo Press

2005年に、40人弱のソマリ人がイスラム主義者のクラブを作り、間もなく自分たちをシャバブ(アラビア語で「若者」)と呼んだ。ひと世代にわたって混沌がソマリアに君臨し、軍事的支配者シアド・バーレが1991年に没落して以来、そこには本当の政府はなかった。しかし、1年以内かそこらで、シャバブは、いくらかの厳格な成功で秩序をもたらすことを求めたイスラム法廷の緩やかな連合の中で支配的な勢力になった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

テストの時間だ - ナイジェリアでの運転

8月
16

なぜナイジェリアの道路は恐ろしいことになりうるのか

「トラフィケート」運転教官は言う。「トラフィ、何?」「トラフィケート!トラフィケート!」彼は左を身振りで示し、繰り返す。それは、首都アブジャの混雑した火曜日の午後で、記者はナイジェリアでいかに運転し、方向指示器を出すかについてレッスンを受けている。

交通事故はナイジェリアで3番目に大きな死因だ。世界保健機関によると、その国は10万台の車につき、年1,042人の死者がおり、世界で最も高い路上致死率の国の一つだ。合衆国と英国での数字は15と7だ。

悪路と車の悪い手入れは部分的な責任しかない。ひどい運転が主要な理由だ。4月に、北部の州のヨベのポティスクムの町で、バスが午後6時の外出禁止に間に合うように駆けつけたので、20人が亡くなった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

子供の買収 - チリの人口動態

8月
11

出生率を上げる試み

1990年に戻って、チリの出生率は女性一人につき2.6人だった。2011年までに、世界銀行によれば、その数字は1.8に下がり、南アメリカの最低をブラジルと争っているという。徐々に下がる出生率に直面して、チリの大統領セバスティアン・ピニェラは、その同胞により多くの子供を持つよう懇願している。先月、彼はそうすることに対して彼らにお金を払うことを提案した。

その大統領は、3番目の子供を持った母親に200ドルの支払いで報いる法案を議会に送った。4番目の子供はさらに300ドルのメリットがある。更なる子どもは400ドルの純額を得る。結婚の可否や富に関わらず、すべての母親が適格だ。

その発表は、かなりの量の下品なジョークを促した。異なった母親で3人の子供を持った父親に支払われたのならば、チリ人男性は希望を持って頼まれた。その支払いはすぐに影響力のある保守的なカトリックの分派にちなんで「オプス・デイ・ボーナス」とあだ名された。その批判者が言うには、それは、驚異的な多産さで有名な豊かな保守的な家族を報奨するために設計されたという。女性がより大きな家族を持つためには、より良い保育といったより保守的なやり方がある、と批判者は言う。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

家長たちの秋 - ラテンアメリカの人口動態

8月
11

伝統的な人口動態の傾向が驚くべき速さで変わっている

アナ・カロリナ・ベルチャーの祖母は、家の外で働いたことがなかった。6人の子供たちの面倒を見て、彼女はほとんど時間がなかった。ベルチャーさんの母親は、その娘のように、サン・パウロで先生をしていたが、彼女の人生における野望は家族を持つことだった。彼女は22歳で結婚し、4人の子供のうち最初の子をすぐに産んだ。「私は21,2のころに家族のことについて考え始めた。」アナ・カロリナは語る。「しかしそれは具体的な計画ではなく夢だった。私のほしかった主たるものは、経歴だった。」

いま30歳で、結婚して2年になる彼女は、その友人のほとんどのように、依然としてその第一子の「予定を調整」している。「私の祖母はすべてをその夫のためにした。(私の母は)生き残り、多くのことを受け入れた。しかし、最近、私の年齢で教育を受けた(彼女は修士号を持っている)女性が、男性からの正しい行動を主張するのはより簡単だ。私たちはマチズモや性差別主義を受け入れる必要がない。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

森から出て - インドの未統治の空間

8月
09

殺人的な攻撃は、インドの「アウトランド」での無視を強調する

コングレス党のための政治ポスターが林床にばらまかれている。ジープは弾丸で穴だらけになっている。政治家とその息子が殺されたところにハエが揺らめいている。それは、5月25日にインドの政治家たちを運んだ17台の車の護衛隊をマオイストの反乱軍が待ち伏せ攻撃した3日後の、曲がりくねった丘の脇の道での光景だ。犠牲者のほとんどは20分間の銃撃戦の間に亡くなった。攻撃者たちはそれから少しの目立った生き残りをしょっ引いて、即座に処刑した。全部で、28人が殺された。

そのコングレス党の政治家たちは、チャッティースガル州の遠く離れた森林地域の鉱物が豊かなバスタル県での集会から戻っており、そこはインドの土着民のアディヴァシーが優勢である。その訪問は危険が高かった。マオイストは、その地域を「解放地域」だと考えており、政治家などに近づかないよう警告する。しかし、その護衛隊への治安保護は、一人の軍のレンジャーが少なくとも100人の人民解放ゲリラ軍がいると推計するものに対して、わずかだった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

胸をたたく - フェミニストのデモ

7月
31

若いフェミニストたちが古い闘争を生き返らせている。女性の体への権利だ

神話はなかなか死なない。少数のフェミニストが1968年のアトランティック・シティでのミス・アメリカの見世物に反抗した時、彼女たちはブラジャーを燃やさなかった。しかしながら、彼女たちは、ヒツジに王冠を授ける一方で、少しのブラジャー(と化粧品とハイヒールの靴)を「自由のごみ箱」に投げ捨てた。

今、ブラは本格的に外される。フェメンのメンバーは、そのグループが売春旅行に反対して2008年にウクライナで始まって以来、100回のトップレスデモを行っている。衝撃を増すために、彼女たちはメイドや尼の格好をするか、付け髭をする。他の小道具には、生肉や消火器が含まれる。パリのノートルダム寺院で、極右の歴史家がそこで自分を打ち抜いた翌日の5月22日に、ある抵抗者が偽の自殺を行った。彼女のトップレスの裸体にはスローガンがかかれていた。「ファシズムを地獄で眠らせろ。」

去年、フェメンの「性過激派」は、彼女たちが言うには無言で食欲低下を促進している棒のように細いモデルたちに対する運動をするために、ミラノのファッションウィークに押し入った。今月、あるベルリンの活動家がバービー人形の家の等身大のレプリカの公開で、バービーをはりつけにして燃やした十字架を振り回した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ゴム男爵 - 東南アジアでの伐採

7月
07

森林破壊は続く

カンボジアの北の遠隔地の7号線沿いに、「鉄のバッファロー」と呼ばれる何十もの小さなトラクターが、高速道路の荒廃したところを往復している。暗闇に覆われて、彼らは切られたばかりの木材を近くの材木工場に運ぶ。運転手はマスクをし、彼らのトラクターは前面のたった一つの薄暗いランプをつけている。それぞれは、地元の人が言うにはヴェトナム・ゴム・グループ(VRG)によって所有されるドン・ナイ・ゴムプランテーションの中かそばで切り倒されたという、3-6本の材木を運ぶ。違法伐採と土地強奪は、長い間カンボジアで問題になっている。ロンドンの環境監視団体グローバル・ウィットネスによって「ゴム男爵」名づけられた新しい報告は、その問題を再び強調している。3,000ヘクタールの森林が違法に切り払われた時、中国での家具と西洋のギターで多く需要されているローズウッドのような高級材が選り抜かれたと主張するその報告の中で、ドン・ナイが芽だって主役を演じる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

社会 を購読