社会

結婚破壊者 - 南アフリカ

6月
30

コネを持ったインド人一族への親切は、政府の期待に反している

豊かなインド人の結婚は、目立った消費で有名で、数日間続きうる。お客リストは何千にもなるかもしれず、請求書は何百万にもなるかもしれない。しかし、大物の支出習慣が単にかなり豊かな人々にまねされるにつれて、記憶に残るパーティーを行うのは難しくなる。

南アフリカで、コンピューター、鉱業、そして新聞で大きな事業関心を持っている3人のインド生まれの兄弟のグプタ家ではそうではない。4月30日の早朝、200人程度のインドからの彼らの友人や家族が、南アフリカの首都プレトリア近くの空軍基地ウォータークルーフに着陸した。彼らは通関の面倒や入管の長い列を免除された。彼らは素早く派手な車の一団にぞろぞろ乗り込んで出発し、派手なギャンブルリゾートのサンシティでのその事業家の姪の結婚パーティーに行った。点滅灯を持った警察が彼らをエスコートした。受付で、彼らは、グプタ家に近い大統領のジェイコブ・ズマの息子ドゥドゥザネ・ズマを含んだ指導的な政治家たちを交わった。大統領は招待されたが出席しなかった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

現地の手におえない事実 - キルギスの民族的相違

5月
29

苦闘は静かだが、二つの最大のブロックは争ったままだ

キルギス族とウズベク族の20人超の高齢のキルギス人たちがオシの中央公園で温かい土曜日をチェスをしながら過ごしている。彼らは誇り高くその伝統的な帽子をかぶり(ウズベク族の詩集をあしらったスカルキャップとキルギス族の長くて白いカルパック)、どの国の二つの最大の集団がただうまくやっていると主張する。

南キルギス周辺の暴動と虐殺は、2010年6月に400人以上の命を奪った。キルギス族とウズベク族の間の地元民が呼ぶところの「戦争」からほぼ3年がたって、このシルクロードにある古い町は生活にごろごろ戻っている。燃やされた2,000強の家や事業のほとんどは修理されている。公園から渡ったところにある有名なバザーで、キルギス族とウズベク族の商人が、野菜、ハラル肉、そして山を越えた中国から来た安い家庭雑貨を行商している。

3月に、人種差別についての国連委員会が、「ウズベク族が2010年6月の事件の被害者のほとんどだった」という先の国際報告の判断を繰り返した。それはまた、暴力以来の年月で、ウズベク族が不釣り合いに訴追され非難されたと注記する。それは、中央政府が裁判所の「偏った姿勢」を調査し、その有罪の評決を見なおすよう勧める。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

歴史的な髪 - ケニア

4月
30

マウマウの女性退役兵は新たな秩序を嘆く

ムソーニ・ワ・キリマが1963年のケニアの独立を学んだ時、彼女は依然として森の中で生活していた。彼女は、その10年前の英国植民地当局に対するマウマウ団の乱が始まってから、そこにいたのだ。誰も彼女や少数の彼女のみすぼらしい仲間たちに、その戦いが終わったと教えなかった。ほとんどのマウマウ反乱軍は1956年までに無残に鎮圧された。しかし、中核派は戦い続けた。

マウマウの元帥の地位を与えられたたった一人の女性と言われる彼女は、ケニアの独立後初代の指導者のジョモ・ケニヤッタに会うために招待された。最初、彼は彼女がその期間中ずっと森の中にいたと言ったのを冗談だと思った。しかし、彼女は隠れていた間伸ばしっぱなしにしていたドレッドロックを解くことによって、彼を説得した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

そこに到着する - 移民改革

4月
24

移民がアメリカに来るための物事を簡単にする進歩が、ついにやってきた

「すべての主要な政策課題は解決された。」アメリカの移民制度を改革するための超党派法案の草稿を書こうとした8人の上院議員の一人チャールズ・シュマーは宣言した。「8人組」は数日以内にその提案を明らかにするだろう、と彼は続けた。それは、今月の司法委員会をうろつき、5月に上院に到達するだろう。「我々は軌道に乗っている。」今週テレビインタヴューの中で、その民主党員は結論付けた。もし彼が正しいのならば、1,100万人の人々を宙づりにし、着実に共和党の見通しを侵食した、ひと世代にわたってアメリカ政治に付きまとっている問題は、解決の間際にある。

8人組の中でさえも、みんながそれほど自信を持っているようには見えない。そのグループの中で最も保守的な参加者のマルコ・ルビオは、成功の報告は「早すぎる」と語る。一時的に農業労働者を認める計画という、その法案の少なくとも一つの要素は、交渉が特に困難だと証明されている。去年の選挙でその立場がヒスパニックの有権者にもたらしたひどい情勢にもかかわらず、多くの共和党員はアメリカの1,100万の不法移民にいかなる猶予にも依然として反対している。しかし、改革のための動きははっきりと打ち立てられている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

金の価格 - チベットの鉱業

4月
23

チベットでの致命的な地滑りは、その地域の資源への殺到についての疑問を提起する

チベット高原の生態系は、「極度に脆弱だ」と2年前に国土資源部は言及した。どのような損害も、回復するのは難しかったり不可能だったりするだろう、とそれは警告した。しかし、それは続き、国有企業の中国黄金集団公司は、その地域の首都ラサの近くのその鉱山の周りの環境を守るための作業で「驚くべき結果」を成し遂げた。3月29日に、その鉱山労働者のうち少なくとも83人が、巨大な地滑りで埋められた。その原因はまだ確かではないが、チベットの鉱業熱狂への批判者は立証されたと感じている。

ラサの約70キロ北西にあるジアマの銅と金鉱山でのその災害は、明らかに北京政府を困惑させている。カリフォルニアにあるメディア監視サイトのチャイナ・デジタル・タイムスによれば、共産党は新聞に、政府か国営新聞社の新華社によって出された報道に従うよう命令したという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ビーズの秘密の一生 - 街路パレード

4月
21

三日月の街の良心と創造性

転ばない人とは、実は、3月16日の午後遅くに、ニューオリンズのアイリッシュチャネル地区を、落ちることなく歩いて通り抜けることのできる人だった。セントパトリックデーのパレードはその地域を曲がりくねって通り、そのあとに混乱を残した。アスファルトを滑らかにしている、地面に最も近くにあるのは、当然、こぼれたビールの海だった。それから、キャベツの葉のつぎはぎのじゅうたんが来る(パレードの参加者は、キャベツとジャガイモを観客に渡す)。そしてついに、道と溝に、酒飲みの首に、そしてスパニッシュモスのような木にしがみつくLSDは、ニューオリンズのどのパレードでも遺産だった。明るく色を付けられたプラスティックのビーズのひもだ。

パレードの見物人がビーズのひもをやかましく要求し行進者が投げて渡すという伝統は、1920年代にさかのぼる。そして、それはマルディグラに密接にかかわっているが、ニューオリンズのお祭りの中でその特別なビーズのないものはない。緑のものがセントパトリックデーの後に通りに散らばっているが、ヴァレンタインには赤いハート型のビーズが、ハロウィンにはかぼちゃのビーズが、クリスマス(またはシンコ・デ・マヨ)には赤と緑のひもが、そしてゲイのパレードでは虹色のビーズが散らばる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アディスで混乱する – エチオピアでの不法な喜び

4月
16

ますます多くの快適な都会の中産階級が自分自身で楽しむことを学んでいる

エチオピアの首都アディス・アベバのボールロードのはずれで固まって並んでいる明るい照明のバーは、真夜中近くに生き返る。民族メロディーが電子ビートと混ざり合う。客は、伝統的な音楽から出る速いダンスの爆発で、尻をくねくねさせ、肩を回す。「キス室」への狭いドアを通って手をつないだウエイトレスと消え、15分後にかつてないほど元気になって帰ってくるものもいる。そしてそれは月曜日だけだ。

たとえその潔癖すぎる国家主義の政府が喜びを開発の敵だとみていても、不法な楽しみがエチオピアで浸透している。ナイトクラブはマリファナの煙でかすんでいる。軽い麻薬性植物の葉のチャットはどこにでもある。運転手たちは、荷積みのために車を止めるとき「少しチャットをする」話をする。2年前、非医療用マッサージ店は外国ビジネスマンがしばしばくるホテルに限られていた。今では、アディスはそのような店が約200あるかもしれない。満足のためには西側ブランドのたばこ3箱分の費用が掛かる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

パンのみに非ず - 開発

4月
14

国民所得の成長は、福祉についてひどい予想をするものだ

1990年以来の国々の社会的経済的進歩を見れば、ほとんどの場合、いくつかの重要な例外はあるが、歴史的な成績と調和している。国連開発計画(UNDP)によると、40か国以上が、最近の歴史だけが示唆するだろう物よりもよくやっている。この大きな集団は、BRICS、「チンディア」などのいくつかのより排他的なクラブではなく、「南の勃興」を本当に示す、とUNDPは言う。

その計算の特有な特徴は、それらが(例えば健康や教育といった)社会的指標と、ゆえに所得に基づいた国内総生産(GDP)よりもより広く福祉を測るものである、UNDPの「人間開発指数(HDI)」に基づいているということだ。HDIで測られると、良いがそれほど目立ったものではないGDP成長をしている国の中にはとてもよくやっているものがあるという。例えば、メキシコ、アルジェリア、そしてブラジルは、1990-2012年に1人当たりの所得が年に穏やかに1-1.7%上がった。しかし、HDIの上昇で測ると、彼らは上位15か国に入る。バングラデシュは、経済成長でその巨大な隣国に遅れているが、HDIでインドと同じくらい良くやった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新興都市の教会 - アフリカのカトリック

4月
14

ヴァチカンの支部は、激しい競争にもかかわらず、強くなっている

受難節の4回目の日曜日に、ゴスペルの讃美歌がガーナの沿岸の静かな道路に出現する。5人組の楽隊が大西洋の上の丘の単純なカトリック教会の祭壇に香を焚く司祭を歓迎する。楽隊は別にして、ミサは伝統的だ。讃美歌はヨシュア記からの一節と互い違いに歌われた。教区民は、時折歌と手拍子の短い爆発に足を向けるよう奮起させて、熱心に見物する。

ここケープ・コーストでは、ピーター・タークソンが教会指導者として20年前に最初の経験を積んだ。現在枢機卿のその64歳は、教皇候補として目され、その教会のアフリカでの急速な繁栄を強調する。ヴァチカンによれば、アフリカには世界全体の16%の1.86億人のカトリックがおり、半世紀前と比べて数で6倍以上になっている。

そのアフリカ教会の活気は、その大きさだけではなく、その信仰への献身によっても注目される。「アフリカ人は度し難いほどに信心深い。」アクラの大司教チャールズ・パルマー・バックルは説明する。ワシントンのピュー・リサーチ・センターによる2010年の調査は、サブサハラアフリカを世界で最も信仰心の厚い場所に位置付けた。キリスト教は伝統的なアフリカ宗教にとってかわったけれども、かつてのアニミズム的な儀式の熱意は伝えられている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

メルティングポット - 北アイルランド

4月
10

その地域はついにそれほど分離されていなくなっている。移民を考えろ

それは地元では「ラチェット効果」として知られている。カトリックかプロテスタントは、近所がほかの集団によって支配されているところに住んでいると、安全でないと感じ、出ていくのだ。他の人も続く。「それは少数派が『ここにいるのは自分だけじゃないか』と考え、去る地点に到達する」北アイルランドの住宅局重役のジェニファー・ハウソーンは説明する。ある地域がひとたび分離されれば、決して元には戻らない。」

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

社会 を購読