社会

間違った年代物 - 南アフリカのワイン醸造

2月
21

ブドウ園の労働者は変化を要求している

新世界で最も古い南アフリカのブドウ園では、ケープの初期オランダ人植民者の白塗りの家は、渓谷とブドウ園を見渡すことのできるこぎれいなテイスティング室に変わっている。多くの場所に立っているかつては畑での労働時間の初めと終わりを知らせた奴隷鐘は、今では骨を折った男女たちの記念碑と観光客の写真の背景になっている。

現在の労働者の中には、これらの奴隷の子孫もいる。多くが依然として貧しく、掘立小屋に住んでいる。ケープの農場労働者はその国で最も低賃金の部類に入る。ほぼすべての農場所有者が白人で、労働者は有色人種だ。ローリーが1日の仕事を終えて家に送り届けられる低賃金労働者を満載して大通りを地響きを立てて下るとき、観光客はフランシュホックの町の古風なワイン農場の中で晩酌をちびりちびり飲むことができる。

この社会的経済的な変化のなさが、南アフリカのもっとも手におえない問題の一つであり、増加する不満のもとだ。去年、それはヨハネスブルグの近くの鉱業地帯で爆発した。より最近には、暴力的なデモは西ケープ州のブドウと果実生産地域でほとんど毎日起こっており、警察がその国の主要な南北幹線を封鎖して石を投げるデモ参加者に対してゴム弾を発砲している。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

旗にくるまれて - 北アイルランド

1月
29

ベルファストでデモを行ったロイヤリストは、政治とはほとんど何の関係もない。それが彼らがなぜそれほど警戒すべきなのかの理由だ

過去6か月にわたって、旗をまとったデモ参加者たちはベルファストの風景の一部になった。ロイヤリストがデモと一晩で80にもなる道路封鎖をソーシャルメディアで調整し、それは地元の人々はふつうだいたいどこでそれが起こるかを知っていることを意味する。ベルファストのバス会社トランスリンクは、どの路線が邪魔されているかを次々に更新してつぶやく。タクシー運転手は発車係からそのニュースを手に入れる。多くのデモが予想される日には、ラッシュアワーが早く始まる。夕方には、ふつう混雑した道路はほとんど人がいない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サッカーの悲劇の余波 - オランダの人種

1月
29

オランダ社会で宗教的人種的緊張が再び表面化している

アルメレとオスドルプは、公園やサッカー場が点在する、がっしりしたフラットとタウンハウスの現代的な計画され町である、アムステルダムを取り巻く郊外の二つの労働者階級の町だ。近年、上昇志向のムスリムとカリブ人移民が、都心を去って郊外に向かい、これらのような場所をオランダの困難の多い統合過程の集中地に変えている。その国でもっとも最近の人種的悲劇が起こったのはここだった。

12月初めのアルメレでのユースのサッカーチームとの試合の後で、アウェイのオスドルプの何人かの10代の選手たちが未解明の争いの後でヴォランティア線審を非難し野蛮に蹴り上げた。一人のアルメレの選手の父であったその線審は、次の日亡くなった。彼は白人だった。彼への若い攻撃者たちはモロッコ系だった。その出来事は、10年以上にわたってオランダ政治を占有している宗教的人種的緊張の1か月にわたる再発を惹き起こした。そしてそれは、これらの緊張を最もよく利用するポピュリスト右翼政治家のヘルト・ウィルダースの運を復活させている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

彼らのカップはあふれる - 英国飲酒事情

1月
10

英国の飲酒文化はかなり不健康だ。飲酒の政治もそうだ

2012年の最後の数時間、レスターの真ん中にある大きなかわいげのないパブのハイ・クロスはその普通の雑多な人ごみに満ちていた。きらびやかなミニスカートの10代の呑兵衛たちが、本当のエールやワインをちびりちびり飲んでいる中年のカップルと並んで、濃いウォッカカクテルを飲み干した。たくさんのおしゃべりがあり、音楽はなかった。J.D.ウェザースプーンのチェーンが所有しているハイ・クロスは、価格を抑えるために高価な娯楽免許やほかの贅沢をなしで済ます、格安のパブだ。10ポンドで痛飲した後で、ほとんどの呑兵衛たちは新年をより派手に迎えるためにどこか他へ出かけるだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

もう日は登らない - 富士山を見る

1月
08

首都で最後に道から富士山を見ることができるところは、見えなくなりそうだ

2013年の元旦の夜明けに、100キロ離れた富士山の雪をかぶった頂は、二つのあまり特徴のないアパートの区画の間からのぞいていた。住民たちは、南西にその国の象徴を眺めるために、何十年もの間、富士見坂と呼ばれる東京の下町のこの道に来ている。「見える間はそれを楽しみなさい。」ただれ目の早起きの人たちの小さな塊に86歳の地元の店主金子誠は大声を上げた。「来年の今日にはここにはないよ。」

金子さんは、アメリカの爆撃機がそこを廃墟にした後の1945年の3月にこの近所をてくてく歩いた。戦後日本を記録しているアメリカ人のドナルド・リッチーは、二人の19世紀の画家である北斎と広重による二つの版画集で不滅にされた展望である、その平らになった町中からの富士山の完全な円錐形の眺めに驚いた。しかし、戦後の再建によりほとんどすべての道からの眺めは見えなくなった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

社会的進歩の欠如に対する怒り - 南アフリカ暴動の背景

11月
25

産業暴動は、1880年代後半にセシル・ローズがデビアスを創設して以来、安い黒人移民労働者の背中の上に立てられた産業と鉱業会社に強い焦点を当てているが、労働組合もまた労働者の怒りに耐えている。

30年にわたって、鉱山労働者全国組合(NUM)は、約50万人(うち30万人以上は金とプラチナ部門で働いている)を雇う産業で支配的な組合だった。しかし、労働者が彼ら自身を代表しようとしている無謀なストライキの波は、NUMと伝統的な労使関係への増加する不満を強調している。

NUMはまた、プラチナ部門で急速な増加をして労働者の不満に入り込んでいる、やや新しい成り上がりの鉱山建設労働組合連合との競争にも直面している。それはまた金にも向かおうとしているという報告がある。

NUMの報道官レシバ・セショカは、暴動の鍵となる教訓は、団体交渉を強化する必要だと語る。「さもなければ、20人や30人の集団に別れた労働力を持つことになり、別々に関与することを要求する。それはより大きな問題になるだろう。」

彼は、暴動に対する会社の姿勢を非難し、彼らが伝統的な組合を解体しようとし、その役員に多く支払いすぎると告発する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

選択の自由 - インターネットの自由

11月
05

政府とインターネット会社はオンラインの言論の自由のルールと格闘している

ある上級役員の逮捕は、めったに役立つ見出しをもたらさない。しかし、ブラジル当局が、選挙法を破ったように見えるその子会社のユーチューブがヴィデオを取り除くことを拒絶したとして、9月26日にグーグルのその国の代表を短期間拘束した時、それらの見出しはグーグルが表現の自由の守護者としてそのイメージを修復するのに役立った。

二週間前、これらの信任状は錆びついたように見えた。グーグルは8か国のネット利用者に、ムスリムを立腹させた映画の予告編を見ることをできないようにした。インドやサウジアラビアを含んだ6か国では、地元の裁判所がそのフィルムを禁止した。反対者がアメリカ大使館を攻撃し、数人を殺したエジプトやリビアでは、グーグルは自らの合意からそのヴィデオをおろした。

そのけんかは、いかにインターネット会社が公的な議論を管理し、いかに言論の自由を歓迎する国を拠点にする会社がそれを制限したいと思う国に反応すべきかについての懸念を惹き起こした。(活動的なシンクタンクのフリーダム・ハウスは、それが調査した47か国中20か国でインターネットの制限が増加していると計算する。)

Posted By gno-eagrai 続きを読む

すぐに行きます! - スペインとアメリカ諸国

10月
25

ラテン系と地元の人々が同じように新たな大陸に旅立っている

2007年までの10年間で、約150万のラテンアメリカ人、そのうち30万人以上は2007年だけ、が、より良い生活を求めてスペインに引っ越した。今では、スペインが困難にあり、多くのラテンアメリカ経済は急成長しているので、その流れは変わっている。スペイン現地の記録では、約2万人のコロンビア人と4万人のエクアドル人が2011年にその国を去り、多くが母国に富を求めていることを示す。

その傾向の典型は、ヘラルド・ナヴァーロだ。彼は、当時好況を迎えていた建物取引で職を見つけたいと思って、2007年にスペインに引っ越した。しかし、不動産バブルがはじけた時に、ナヴァーロ氏は職がないことに気付いた。スペインでの限られた余地しかない職で競争するよりも、ボゴタでの建設増加が機会を開いているコロンビアにナヴァーロ氏は帰国した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

カネは語る - 通貨は抵抗する

10月
23

ソーシャル・メディアとしてのカネの利用は何千年もさかのぼる

カネはメッセージを伝えるのによいメディアなのだろうか?最初、ロシアの反対派活動家で注目されるブロガーのアレクセイ・ナヴァルニイは懐疑的だった。しかしそれから、彼は計算した。もし5,000人のロシア人がそれぞれ100枚の紙幣にスタンプを押せば、それらは人から人に手渡されるので、すべての国民は少なくとも1枚のそれらの紙幣を手にするだろう。

イランの環境運動のメンバーは、その反政府デモの間に紙幣にスローガンを書いてこの戦術を使った。これは、汚された紙幣はもはや銀行に受け取られないという裁定を促した。同じように、オキュパイ運動の支持者は、ドル紙幣に所得不平等についてのスローガンとインフォグラフィックを付け加えた。そして、中国の法輪功運動のメンバーは、紙幣にメッセージを書いて政府の迫害を攻撃した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

すべてが燃え上がった - モザンビークの富

10月
21

石炭のコーキングとガスはモザンビークの経済を大きく押し上げてしかるべきだ

重掘削機が、北モザンビークのテテ州のうだるような暑さの中の地中で歯ぎしみしている。もろい大地の下には巨大な石炭鉱があり、そこではタンクローリーが埃を抑えるために水を撒く間にブラジルの鉱業大手ヴァーレが忙しく掘っている。その鉱山は460トンかそこらの石炭を今年生産する、と管理者は説明する。ここ数年で、それはその量を2,200万トンまで増やしたいと思っている。

100兆平方フィートにもなる海底ガス田もまた、近くで見つかっている。この富鉱帯はその国を変えうる。その政府は、そのGDPの4倍の500億ドルの投資を今後10年間で惹きつけたいと思っている。鉱山大臣は、2026年までにモザンビークは年に52億ドルを天然ガスから稼ぐことができるだろうと語る。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

社会 を購読