社会

感染の恐れ - 南アフリカのストライキ

10月
21

ストライキと賃金上昇は、どちらもより必要とされる投資家を妨げる

南アフリカの鉱業にとって、事態はひどく見える。9月26日に、世界で3番目の金生産者アングロゴールド・アシャンティはその鉱山で持続するストライキに反応して、その国中で営業を停止すると言った。その3.5万人の従業員のほとんどは、働くのをやめている。南アフリカでその金の1/3を生産するその会社は、ストライキをしている労働者は依然として何の公式な要求も提示していないと語った。より良い労働条件とより高い賃金への要求がありそうだ。

最近、まるで鉱業での緊張が和らいでいるように見える。大きなプラチナ会社のロンミンの所有者は、9月18日に南アフリカのマリカナ鉱山の労働者が46人の死者を出した6週間の無謀なストライキを終わらせる取引に調印したので、深い安堵のため息をついた。鉱山労働者たちは、2,000ランド(240ドル)の一度限りのボーナスとともに、11%-22%の昇給を得た。そのストライキの真ん中にいた岩石掘削作業員は、月に1.1万ランド以上を得た。彼らが要求した1.25万ランドまではいかなかったが、十分に近い。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

全国への脅威 - ナイジェリアの危機

10月
21

北ナイジェリアをテロ化しているムスリム過激派集団ボコ・ハラムとは、誰で何なのか?

カノの知事宅の拡声器は、何百人もの役人が祈るために駐車場に小さなマットを敷きタール舗装の上に並べたところに来るよう呼び出して、毎週金曜日にイマームの声で活気づく。彼らは地元のモスクを訪れていたものだが、もはやバグダッド型の緑地地帯の外側を冒険するほど安全を感じていない。そばの道は、ヒトの高さの障害物でふさがれている。入口は、住民すらも鉄条網を上に貼った壁で守られた家にたどり着くために証明書を示さなければならない数少ないしっかりと運営されたチェックポイントを通り抜ける。警察官は要塞化されたトーチカで交差点を見ている。その道には、誰かが爆弾を積んだ車を駐車させないように、コンクリートを詰めたドラムが並んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

制度を動かす - 地方行動主義

10月
21

最低層で、一般の人々が正義を求めるいくらかの余地を見つける

町役人が十百戸(shibaihu)村の鍵のかかった政府事務所に入る必要がある時、彼らは李鵬の家に来、彼のヒツジや犬をかわし、彼(か彼の年老いた母親)に鍵を頼むことを知っている。李氏は役人でも共産党員でもない。彼は活動家で、かなり目立った人だ。

李氏と彼の家族は、土地や公的金融についての議論を含んで、半世紀にわたってこの吹きさらしの北の(人口1,200人の)村で役人の不興を買ってきた。彼らの戦いは、政治の最も低い声で、いかに権力が運営されるかを示す。国の半分が住んでおり、少数の役人が生活のすべてを知っている仲間の村人に対して気まぐれな影響力を持つことができ、彼らが関わることすらするかもしれない村だ。研究者は、年に多くの地方のデモがあり、しばしばダメになるという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ピンチを感じて - 日本のサラリーマン

10月
20

日本の主婦は夫に少ししか小遣いを与えていない

大人のポケットマネーを測ることは、ある国の経済生活を試すのに手早い方法の一つだ。伝統的に主婦がその夫の賃金を管理し代わりに日々の支出のための少額を返す日本では、30年にわたってそれを測っている。最近の小遣い調査は、もし興味をもてば、恐ろしい物語を作る。

驚くまでもなく、小遣いは、日本の経済的な星がゆっくりとした効果を始めたまさにその時である1990年に月ほぼ7.8万円で頂点に達した。年次白書を編集した新生銀行によれば、その数字は、今年その金額の半分に急落し、ほぼ1981年の水準に戻ったという。その縮小した予算は、不必要なものの刈り込みを強いている。ゴルフ、外食、深酒、そして千鳥足でタクシーに乗って帰宅といったものが無くなった。かつてどこにでもあった飲み会で使われる平均金額は、2012年までの10年で、半分以上減って2,860円になり、1979年にその調査が始まって以来最低だった。

調査を受けた中のほぼ1/5の人々が、いまではカネを節約するために仕事に水筒と食事を持ち込み、同じ期間に昼食にかける平均時間は、ゆっくりとは程遠い33分から消化不良を誘発する19分に縮んでいる。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ヨーロッパの次の独立国家? - カタルーニャ

10月
15

カネと主権についての争い

バルセロナの中央のカタルーニャ広場の横断幕には、次のように書いてある。「カタルーニャ、次のヨーロッパの独立国家」。その地域の750万の人口の8%と推計される人々が集まった9月11日のその町を通る旗や横断幕を持った巨大な平和的な行進の後で、かつては新奇な考えだったものが、突然活気づいている。

カタルーニャ民族主義の地方政府の指導者のアルトゥール・マスは、公式に行進者を支持した。「これは無視できない。」彼は語った。「カタルーニャは国を必要としている。」ある最近の世論調査で、カタルーニャ人の51%が独立に賛成票を投ずるだろうという。分離主義者ではない人の中にすら、今では住民投票が必要だと信じる人もいる。だが、スペイン憲法は分離を許さず、それがその国とそのもっとも豊かな地域を衝突に向かわせている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

サハラの燃え上がる鞍 - アフリカの薬物取引

10月
15

北西アフリカの過激派は、コカイン交易で資金を得ている

ひとつの単純な事実の美徳で、シエラレオネの首都フリータウンの国際空港は最近まで、密輸業者の楽園だった。そこにはスキャナーも金属探知機もなかったのだ。しかし、その遅ればせながらの到着は、ラテンアメリカから西アフリカを経由してヨーロッパに入る薬物の流れをかなり弱めている。たくさんのほかの積み替え点がある。

国連の薬物事務所は、その取引が年に60トンものコカインを運んだと2010年に推計した。それはそれ以来急速に成長している。いくつかの推計によれば、ヨーロッパの薬物全体の1/4がアフリカ経由で到着しているという。もっとも一般的な経路は、ギニア=ビサウからマリやニジェールへ、そしてそこからリビアやエジプトに向かうものだ。その領域の大部分がイスラム過激派に支配されている。彼らは、立ち上げたいと思っているタリバン型の政府のための戦闘資金を得るために密輸業者とともに働いている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

所有権の縺れ - ケニアのスラム居住者

10月
15

誰が貧民街を所有しているのかを決めることは、その住民を助けるだろう

エヴァンズ・オモンディ・ジャックは60年前にケニアの首都ナイロビの現在ムクル・クワ・ルーベンとして知られるスラムの前身であるタコ部屋で生まれた。その名は、植民地当局からその土地を買った第二次世界大戦の英国退役兵にちなんでつけられた。1964年のケニアの独立後に、所有権は国に渡され、最後には、しばしば政治的恩義の見返りに、豊かなまたはコネを持った人々に割り当てられた。それ以来、オモンディ氏はその生まれた場所から4度強制的に立ち退かされた。毎回彼は戻り、再建した。

もともとのルーベン労働キャンプの住人の子孫たちは、新参者によって膨れ上がり、今では10万人以上いる。それはナイロビの250万のスラム住人の一部をなしており、その90%ほどは住んでいる土地に何の権利も持っていない。地元のNGOムウンガノ・ワ・ワナヴィジジの助けを得たオモンディ氏は、その地域のもやもやした所有権を解きほぐし、怪しい地籍をさらけ出す法的な努力を始めた。彼の嘆願には、ケニアのもっとも強力な人々の何人かも名を連ねている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アル=カーイダがねぐらを支配するところで - 分割されたマリ

10月
12

アル=カーイダとつながったイスラム主義戦士たちは、北西アフリカの一帯を支配する

エジプト、リビア、そしてチュニジアでの西側の外交職への攻撃は、北アフリカムスリム過激派にスポットライトを当てている。しかし、はるか南のサハラ砂漠では、アル=カーイダとつながりを持つ集団が前進している。民族の権利のために戦う反乱軍とともに動き、彼らはフランスほどの大きさの地域である北部マリを3月の終わりのたった3日で征服した。そして、過激派からの避難所が不安定なパキスタンやイエメンとは対照的に、ここでは彼らは完全に支配している。

伝説的な町トンブクトゥから外に広がる人口密度の低い土地は、暴力的なイスラム主義者が自由に新兵を訓練し、武器を運び、テロ攻撃を計画する広大な無法地帯になっている。それは、ベンガジのアメリカ領事館への最近の攻撃の後ろにいたと考えられるAnsar al-Shariaを含んだ、地中海からギニア湾にいたるあちこちで同盟者を持つイスラム・マグレブのアル=カーイダ(AQIM)の指揮下にある。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

女性の筋肉 - ジェンダー政治

9月
30

書評:The End of Men: And the Rise of Women  By Hanna Rosin

今は男になるにはよい時ではない

現在の男性は、「やってくるジェンダーのスペクトル」によって付きまとわれている、とハンナ・ロシンはその新しい本「男の終わり」で宣言する。彼らはどれほど心配すべきなのか?女性がかつて以上に家計所得に貢献しているのは本当だ。彼女たちは世界中で大学の出席を支配している。韓国では、男性よりも多くの女性が外交官試験に合格しており、外務省に男性への最低割り当てを実施するようさせている。ブラジルでは、ほとんど1/3の女性がその夫よりも多く稼いでおり、それは男性たちが自分たち自身を「涙の男たち」と呼ぶ教会支援集団を形成する原因となっている現象だ。

2010年にアトランティック誌のために書いた記事が本にまで育ったその雑誌の編集者ロシン女史は、男性がすぐにでも絶滅しそうだというわけではないと認める。しかし、男性が崩れている一方で、現在の女性は勝っている。彼女の調査の一環で、ロシン女史はアメリカの多くの街角を旅行し、その中には女性の中間所得が男性のものよりも40%高く、男性がいかに職を得るかについて教える仮想シミュレーションを見るよう勧められるアラバマ州のオーバーン・オペリカもあった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

鉱山だけじゃない - 南アフリカ

9月
28

虹の国とその与党は、彼らの理想に恥じない行動をするのに失敗している

「我々は悪夢を見ているのかと思った。」南アフリカのノーベル平和賞受賞者でアパルトヘイトに対する戦いの退役兵であるデスモンド・ツツ司教は語った。しかしそうではない、彼は叫んだ。「それは2012年の我々の民主主義の中にいる、我々なのだ。」彼の怒りのうめき声と不信感は南アフリカ中にこだましている。先月ノースウエスト州のマリカナ近くのプラチナ鉱山で34人のストライキ中の作業員が警察によって殺された後で、その国民の多くがかつての恐怖がフラッシュバックするのを経験した。

国の検事が、アパルトヘイト下で施行され2003年に憲法裁判所によって制限された形で維持された「一般目的」法を引用して、衝突の後で逮捕された259人の鉱山労働者を告発した後で、不信感が増した。

鉱山労働者が告発されたことは、奇怪で衝撃的だった。法律には残っているが、「怠惰な検事の法」と表現されているものの使用は、国中で怒りを促した。数日後、検事たちは法の中での彼らの健全さを主張したが、殺人罪は取り下げられた。彼らが政府からもともとの罪にするか撤廃するかどちらかにするよう政府からの圧力にさらされたかははっきりしないが、その事象が国の検事の独立性に疑いをもたらしているのは避けられない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

社会 を購読