社会

悪い血 - AIDS行動主義

9月
27

中部中国ではAIDS活動家が政府に対する圧力を高めている

地方の不正義によって不当な扱いを受けた国民を巻き込んだ中国中でのデモの日々の太鼓の音の中で、河南省政府本庁の外での約300人のAIDS患者による先月後半のデモは、慣例のように見えるかもしれない。しかし、デモ参加者の増大する不満はAIDSに破壊された河南をはるかに超えて高官を心配させる。共産党が差し迫った指導部の交代のために準備するにつれ、AIDS醜聞を静かにさせておくのはいつも以上に心配だ。

「政府は、ぐずぐずし、覆い隠し、弾圧している。」8月27日に省都の鄭州でデモに参加したある活動家は語る。彼の息子は、6歳だった10年前に北京の病院で輸血を受けた後に、AIDSの原因となるウイルスであるHIVに感染していることが見つかった。ほかの参加者の多くは、1990年代に政府に支援された血液販売計画の中で感染した。ほとんどが貧しい農民のドナーは、血漿が取り除かれてから、貯められた血液を再輸血された。多数がこのようにしてHIVにかかった。その政府は決して責任を認めていない。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

孤独の魅力 - 独り身

9月
15

一人で住むことが世界中で増えている。これは悪いニュースか?

ニューヨークの30代独身についてのかつて人気があったアメリカのテレビ番組「セックス・アンド・シティ」のプラダを身に着ける主人公は、中東の女性のロールモデルではなさそうだ。その二つ目のスピンオフ映画は、一部がアブダビで撮影されたが、当局はそれが撮影されることやそこで上映することすらも止めた。

しかし、独身の生活様式は、湾岸でさえも広がっているようだ。婚約者に金融支援を提供するアラブ首長国連邦の結婚基金による最新の統計によると、30を超える女性の約60%が未婚で、それは1995年の20%から上がっており、政府報道官のサイード・アル=キトビが「とても心配すべき」という傾向だ。

もしそれで快適になるのならば、UAEはただ一か国ではない。独身はほとんどどこでも増えている。調査会社のユーロモニターは、世界は、2020年までに、20%の上昇になる4,800万人の新たな独身生活者を加えるだろうと予測する。これは、独身が世界のほとんどの場所で最も早く増加する家計集団になるだろうことを意味する。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

穴の中で - 南アフリカの鉱山

9月
14

命取りになったストライキは、政府の美辞麗句によって悪くなったたくさんの経済的問題を強調する

与党アフリカ民族会議(ANC)の創設者の一人、ソル・プラーチェは、1914年に黒人鉱山労働者を「昼夜を分かたずほんのわずかな手当てのために、一般的な「落盤」に命をなげうつ地下の英雄たち」と表現した。それは昔のことだ。8月16日、北の町であるマリカナの近くのプラチナ鉱山で、今ではANCの管理下にある警察が34人のストライキ中の鉱山労働者を殺害し、78人にけがをさせた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

無視された危機 - インドの北東部

9月
12

遠く離れたアッサムでの暴力がその国のほかの部分に吹き零れている

インドの北東部で(非ムスリムの)部族民によって運営される地域のモスクでの激論の1か月後の7月6日に、バイクに乗った4人の男が2人のムスリムに発砲し殺害した。6週間後、80人ほどの人々が相互の流血で殺されている。射殺命令を受けた軍隊がアッサムに送られている。インドのほかの部分に住んでいる多くの北東部の人たちが生命の危険を感じて故郷に向かっている。インドは、パキスタンが宗教的憎悪を掻き立てるために作られた改作ヴィデオメッセージの元になったと非難している。そして40万から50万のインド人がアッサムで家が亡くなったり移転されられたりしている。それは、その国の独立以来国内での最大の非自発的な人々の移動だ。一体全体、この地域で多くの中の一つの地域的紛争が、そのような破壊的な全国的な帰結を生み出したのか?

異常な一連の出来事の火花は西アッサムでの土着のボロ族と一世紀以上前にその地域に動いてきたベンガル語話者たちの間での戦いだった。ボロ族は、やってきた人々がバングラデシュからの違法な移民で、彼らをけり出したいと思っているという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ズマの王国 - 南アフリカとそのズールー

9月
06

南アフリカの大統領は彼の仲間のズールーから支持されている

青々とした緑の森とそびえる山の中の、ズールーの中心地クヮズール・ナタールに、ンカンドラの村はある。ライラック、トルコ石、そしてピンクが描かれたハットは赤錆色の山腹にくっきりと浮かび上がる。牛とヤギは道路の脇をぶらつく。しかし、そのかわいらしさの後ろには貧困がある。現地の人の半分以上は生計を立てる農業以外には職を持っていない。ほとんどの家計は月に1,500ランド(183ドル)以下で生活している。ンカンドラは多くの南アフリカの村のようだ。ほとんどの人がそこについて聞いたことがないだろう。もしそこが大統領のジェイコブ・ズマのもともとの故郷でなければ。

そのつながりは、今では配当を得ているかもしれない。政府とズマ氏が議長を務める村落開発組織のマシバンビサネは、ンカンドラのほこりっぽい郊外の新たな町への計画を発表した。20億ランドの費用がかかると予想されズマヴィルとあだ名されたその町は、3車線の道路、スマートな新たな家、図書館、プール、劇場、そして学校を自慢する。大統領の反対派は憤慨している。公式野党の民主同盟の議会指導者のリンディウェ・マジブコは、その計画が、「最悪の種類の身びいきと縁故主義」の風味があるという。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

よい支払いを受ける - ソーシャル・インパクト・ボンド

9月
05

若者を牢獄から出し続ける役に立つ枠組みがアメリカにやってくる

小さな教室で、4人の10代の少年がお互いの冗談に笑って目をきょろきょろさせる。時にスペイン語で話すその教官は、彼らに将来について考えるよう促す。一人は、家族のために、「とても大きな家を買いたいんだ。」という。車について働きたいと思っているものもいる。3人目は家族の再会が素晴らしいと考えている。その教室は、ニューヨーク市最大の牢獄であるリッカーズ島にある。その若者たちは、認知行動療法を通して彼らが個人的責任に焦点を当てる役に立つ青年行動学習経験(ABLE)計画に参加している。その計画の目標は、若者の間の再入獄率を減らすことで、それはソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)を使って資金供給を受けている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

高原からのつぶやき - チベットのブログ

9月
03

あるチベットのブロガーが敢えて党の方針に挑んでいる

最近のブログ投稿で、ツェリン・オーセルは、チベット人ではなく漢族の訪問者をチベットの首都に歓迎して、ラサで民族分離を実行していると当局を非難した。「世界はアパルトヘイトを行った政府のボイコットを忘れたのか?」彼女は腹を立てた。チベットでの抑圧の年代史家として、オーセル女史は長い間中国で最も大胆なオンラインの発言者で、とてもまれな人だ。

オーセル女史が(漢族の)夫と一緒に住んでいる北京の治安機関による近くでの監視にもかかわらず、彼女の頑固な決心はチベット人居住地区の状況にまれな窓を開き続けている。これらは、2008年のラサでの暴動以来、かなり外国人記者が立ち入り禁止になっている。その46歳の作家は、彼女のブログ「見えないチベット」やツイッターを通して高原からの小さなニュースのためのソーシャルメディアを研いでいる。彼女の投稿は中国語でなされており、非チベット人の間での認知を上げるのに役立っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ギャング戦争 - 南アフリカ

8月
28
政府は現在のギャング暴力の大発生にどのように取り組むかについて自信がない
 
ケープフラットとはよく名づけたものだ。その町の一つであるマネンブルグの通りは、まっすぐで、平らで、ものさびしい。コミュニティ・センターの外の壁は、有刺鉄線が巻いてある。中では、慈善団体の子供のラジオ基金によって運営されるワークショップに参加している。
 
彼らはその地域を徘徊するギャングを、その名前を暗唱して、よく知っている。アメリカンズ、ハード・リヴィングス、ジャンキー・ファンキー・キッズといった具合だ。その子供たちの日中と夜中は、銃声にちりばめられている。彼らが銃声を聞くとき、その音がどれほど近いかを見るためにテレビの音を小さくし、屋内にとどまる。無実の人々がしばしば一斉射撃を浴びる。
 
南アフリカの西ケープ州でのギャングの暴力は、7月にその州の首相で全国的野党の民主同盟(DA)を率いるヘレン・ツィレが軍隊を送るよう要求するような度合いに達している。7人の子供たちを含んだ少なくとも23人が、過去5か月で殺されている。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

社会 を購読