フォード

ゴリアテ - 大企業と経済の変動性

9月
08

大企業の運命は経済の変動性を説明する役に立つ

2004年12月に、マイクロソフトは巨大な330億ドルの配当をその株主に支払った。その種の最大の支払いであるそれは、その年のアメリカ人の個人所得の増加の6%を占めた。いかに大企業が大きな影響を持ちうるかの例は、より完全にはやってこない。これらの種類の企業が特定できるものの衝撃は、個々の企業の上昇と下降がお互いを消しあう傾向にあると推測する経済学者のモデルからは一般的に除外される。しかいかに貿易やGDPのようなものが展開するかを理解するために、最大の会社の後を追うことは重要だ。

さっと見ると、その数はトップダウンの見方をすることを正当化しそうに見える。事業の世界は巨大だ。アメリカにはだいたい2,700万の会社がある。英国には480万だ。それぞれの国は、何百もの産業をまたいで何百ものほかの国と取引し、何千もの国と産業の貿易のつながりを作り出している。地球規模のネットワークは、何百万も走っている。経済は何百万もの企業と取引関係からなっているので、それぞれはわずかな埃のように見える。個々の会社と輸出チャネルは問題になるべきではない。これは、共通の衝撃だけが総計の変動を説明することができることを示唆する。一つの企業での労働者のストライキは十分ではないが、ゼネラルストライキは十分なのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

秘密を守れますか? - 知的財産

4月
15

ある考えで特許を取るためには、それを公表しなければならない。多くの会社は秘密を好む

知的財産を守る議論を呼ぶやり方は、それで特許を取ることだ。これは、発明者にその考えについての法的保護を与える。もし他の人がそれを使いたいと思えば、彼らはそれに対して支払わなければならない。その欠点は、彼はその考えを公表しなければならないので、それほど法がしっかりしていない国でそれを盗むことを簡単にすることだ。

だから、たくさんの会社は、彼らの最も価値のある考えをラップに包んでいる。悲しいことに、それは確実でもないのだ。コンピューターセキュリティ会社のマンディアントから先月発表された報告が明らかにするように、ハッカーたちはずるく、中国は外国の秘密を守るためにたくさんのハッカーを雇っている。会社がどれだけの取引上の秘密を持っているか、またはそれにどれだけの価値があるのかは誰も知らない。顧客リストのようないくつかのものは、日々の営業の間に生み出される。特許は一般的にたった20年しか続かないので、秘密にされるものもある。もしコカコーラがその秘密のレシピで特許を取っていたら、それはその権利をとうの昔に失っていただろう。そしてそれはその神秘性をすぐに失っただろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

技能のシェアは成功の見込みを強める - 環境での協力

1月
07

合同計画は利益をもたらす

大学と非営利組織は、共通目標を達成するために長い間環境技術での協力の利益を説明してきたが、企業間計画の拡大はそれほど広がっていない。

インドの情報技術コンサルタント、インフォシスの取締役共同会長クリス・ゴパラクリシュナンは語る。「会社はお互い教育し、資金供給し、供給網の拡大を助け、その目標に向かった計画を後押しすることができる。」

「協力と様々な産業にわたっての民間部門からの技能、革新と資源の共有を通して、環境技術の開発はより速く成長する。どんな新製品も、そうして新しい収益の流れになりうる。」

しかし、2つかそれ以上の会社が環境技術計画に彼らの運命を一緒に投げると決める時、プライヴァシー、知的財産権、そして商業的実現可能性への妥協についての懸念はすべて取り組まれなければならない。

しかしながら、英国のエネルギー会社SSEが西ヨークシャーでのフェリーブリッジ発電所での炭素捕獲計画で証明したように、これらの問題は克服でき、そしてされている。

去年の遅くに始められたその計画は、5メガワットの石炭火力発電所から排出される1日当たり100トンの二酸化炭素を捕獲するためにはじめられた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

環境不適合者をほめたたえて

6月
20
なぜ事業はアスペルガー症候群、注意欠陥障害、そして失読症の人々を必要とするのか
 
1956年に、ウィリアム・ワイトはそのベストセラー「組織人」の中で、会社は「よくまるくなった」役員ととてもうまくいっているので、彼らは「天才に対する戦い」と戦うのだ、と論じた。現在、多くが反対の偏見に悩んでいる。ソフトウェア会社は反社会的おたくのことをうのみにする。ヘッジファンドは同じように変わり者の計量アナリストを吸い上げる。ハリウッドは気まぐれな創造者を集めるために後ろに身をかがめる。そして政策立案者は職を作るためにルールを破る企業かに目をやる。学校の運動場とは違って、市場は環境不適合者に親切だ。
 
求人者は、よいコンピュータープログラマーを作る精神的な質が、アスペルガー症候群と診断されるかもしれないものに似ているということに気づいている。狭い主題に対する執拗な関心、数字、パターン、機械への情熱、繰り返しの仕事への熱中、社会的手がかりへの敏感さの欠如といったことだ。彼らがインターネットを谷の上に置いたので、それは「スペクトルの上の」人々によってその人々のために発明されたのだ、という冗談もある。オンラインでは、人に会うという試練なしにコミュニケートできるのだ。
Posted By gno-eagrai 続きを読む

道徳と機械

6月
11

 

Posted By gno-eagrai 続きを読む

第3の産業革命

4月
30

製造業のデジタル化は、物を作るやり方を変え、職の政治もまた変える

最初の産業革命は、繊維産業の機械化により、18世紀の後半に英国で始まった。以前はたくさんの織子の家で骨折って行われていたことは、一つの綿加工場に集められ、工場が生まれた。第2の産業革命は、ヘンリー・フォードが動く組み立てラインを習得し、大量生産の時代の先導役をした20世紀の初めにやってきた。最初の二つの産業革命は、人々を豊かにし、より都市化を進めた。今、第3の産業革命が進行中だ。製造業はデジタル化している。これは事業だけを変えるのではなく、ほかの多くのことも変える。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新しい特別な関係 - 英国と新興市場企業

9月
14

経済的暗がりの中で、英国は重要な世界的傾向の最先端にいる

4世紀ほど前、英国資本はインドに流れ込み、東インド会社を作り、帝国の基礎を敷き始めた。今、資本は反対の方向に流れている。過去10年間、鉄鋼や土木工事から、化学、通信、そしてお茶に至るまで広がるタタグループは、有名な英国企業を買い占めるのに150億ドルを使っている。テトリー紅茶についで、コーラス(元のブリティッシュ・スティール)、二つのもっとも典型的な英国車のメーカーであるジャガー・ランド・ローヴァー(JLR)、そして(それが全ての帝国の道を行くまで)インペリアル・ケミカル・インダストリーズだったものの元の企業の一つブルーナー・モンドが後に続いた。それらの買収の結果として、タタは今では英国最大の産業雇用者である。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アウトソーシングをめぐる苦悩

8月
02

アウトソーシングは時にその価値よりも煩わしい

1928年に、フォードのリヴァー・ルージュ工場が完成したとき、原材料を完成車に変えるために必要な全てをそれは自慢した。そこには10万人の労働者、160万平方フィートの工場敷地、100マイルの鉄道軌道、そして自分の積荷場と炉があった。現在でもそれはまだフォード最大の工場だが、以前の栄光の影に過ぎない。ほとんどの部品は下請けによって作られ、工場の6,000の労働者はそれを単に組み立てるだけだ。鉄鉱炉はSevastalというロシア社によって運営されている。

外注は世界的ビジネスを変えてきた。過去数十年以上、フロアのモップがけからインターネットセキュリティの欠陥の発見まで全てにわかって会社は外注してきた。その部門を専門にする会社のTPIは毎年1,000億ドルの新しい契約がサインされていると推計する。オックスフォード・エコノミクスは、世界で最も成熟した経済の一つである英国では、10%の労働者がアウトソースの仕事で頑張って働き、企業は毎年2,000億ドルを外注に支出すると計算する。戦争すらも外注された。アメリカはアフガニスタンで正規軍以上の契約労働者を雇用した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

MBAによる道路以外を走る

7月
14

ビジネススクールの興隆はアメリカ産業の凋落と一致する。

GMの元副会長のボブ・ルッツは、自動車業界で最も有名な落伍者だ。47年間その産業で暴れまわる間に、彼は、フォード、BMW、クライスラーそして最近ではGMで大成功のチャンスに囲まれていたが、彼はついにトップに上り詰めることが出来なかった。それは彼が「車をうまく作りすぎた」からだ、と彼は語る。それはまた、マッドメンに出てくるキャラクターを倍にしたようなマキシマム・ボブが、冴えない猊下などではなく、会社のメッセージを爆発させる傾向にある力強い自己宣伝者だという事実と少し関係がある。彼の新しい本「車の男vs会計係:アメリカビジネスの魂のための戦い」は聞く価値のあるメッセージがあるという。アメリカの経済が再び成長するためには、ルッツがいうには、我々はMBAを首にして技術者にショーを運営させる必要があるとのことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地震の後で - 世界的自動車産業

5月
24

日本の自動車会社は揺れている。それはライヴァルたちを助ける。

ロボットの腕がまたぶんぶん回っている。3月に日本を襲った地震の直撃を受けたいわきにある日産のエンジン工場は、5月17日に完全操業に戻った。社長であるブラジル系フランス人のカルロス・ゴーンは、現場を元気付けるために労働者の中に入り込んだ。しかし、修復と再建のための英雄的な努力にもかかわらず、日本の自動車産業はいまだに鈍い。そしてそれは世界中に影響を及ぼす。

その災害は日本の大きな自動車会社に属する工場を必ずしもペシャンコにしたわけではない。(日産のいわき工場は例外だ。)しかし、それは東北地方にある必須の部品や原材料の供給者を破壊した。トヨタは30の部品の不足に直面している。それは地震直後の500の不足に比べればマシだが、たった一つでも部品がかければ組み立てラインは止まる。

修理作業は同じペースで続く。止まった工場は、今通常生産の半分で操業している。日産は平常操業に初秋には戻りたいと思っている。トヨタとホンダはもう少し遅い。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

フォード を購読