経済

Powered by Drupal

配信

配信 を購読

海洋 – いかにしてとりすぎの男たちを捕えるか

ビッグデータによりさかなはかつてないほどに保護できるようになっている

海洋資源保護の困難さは、いくらかはコモンズの悲劇にある。共有地での違法な漁獲が後を絶たないのだ。しかし、それは「ビッグデータ」の利用により変わっている。無線応答機や衛星観察といったものからの情報を、全ての船の後を追うために組み合わせることができるのだ。この見通しのある仕組みは、政府が既存の規則を施行しさえすれば機能する。

多くの政府の特に自国の船が他国の水域で漁をするときの規則適用についての複雑な対応を考えると、その新技術は企業がその供給網を守るのにも役立つだろう。警備技術の存在はまた、魚が卵を産むことができる海洋保護区を立ち上げるのを簡単にするだろう。この発展にはうまい皮肉がある。過漁は、人間の強欲さだけではなく、技術の産物でもある。技術が今、魚だけでなく違法漁獲を捕える仕事の為にもあるというのは、祝福すべきことだ。

アフリカの民間資本 – パイプの詰まりをとって資本を使えるようにする

アフリカはたくさんの資本を必要としている。民間資本はそこでそれをいかにして得るかの教訓を提供する

アフリカの公的資本市場はほとんどが小さく流動性が低いが、それだけが企業家が資本調達が難しいと考える理由ではない。他のところで長期資本を提供する年金制度は、多くの国々で略奪されるか抑えられており、故にめったに成長できる投資家ではない。そして現地の銀行は利用できる融資の需要に応えることができていない。銀行の浸透率は低く、ほとんどの家庭がその貯蓄をベッドの下に隠しているので、銀行は預金を融資に回すことができない。更に、多くは1970年代に国有化され、それ以来経営がまずく、しばしば政治家たちによって貯金箱として扱われた。

アフリカは、国内、国際的どちらの投資家からも絶望的に投資が不足している。他の事業は考えずに社会資本だけで年にあと900億ドルが必要なのだ。これは発展を抑えている。社会資本の隘路だけでも、サブサハラアフリカの成長を年に2ポイント減らしていると考えられる。しかし、資本が経済に入ってゆく普通の経路の多くはアフリカでは詰まっている。

無からのカネ - ビットコイン

慢性的なデフレがビットコインがその法定のライヴァルたちにとってかわることを妨げるかもしれない

最も熱狂的なファンにとって、ビットコインは薬物の有益な代金支払い法以上のものだ。それはまた、消費者向け金融の多くを崩壊させうる技術的脅威でもある。しかし、それはカネなのだろうか?ハッカーにより大量の通貨が繰り返し消失させられるにもかかわらず、ビットコイン経済は成長し続けている。流通しているビットコインの総価額は、1年前にはたった4.9億ドルだったのが79億ドルに増えており、日々の取引量はほぼ60%増えている。もしビットコインがお金っぽさでドルやユーロと張り合うことを望むのならば、それはマスターカード狂以上のものになる必要があるだろう。

経済学者は、カネとは3つの主要な機能で働くものだと説明する。それは、モノやサーヴィスと信頼して交換できる「交換手段」でなければならない。それは安定して価値を蓄えることができなければならず、それにより利用者は多かれ少なかれ購買力を損なわずそのいくらかをしまいこみあとから使うことができるようになる。そしてそれは計算単位として機能しなければならない。ある経済における価値を測るための統計的な尺度だ。アメリカのドルはその3つにすべてあてはまる。ビットコインはもう少し進まなければならない。

隠された一面 - ビットコインの将来

いかにしてその暗号通貨はカネにおけるインターネットになりえたのか

父親はその子供の葬式に間に合った。もし最近の報道を信じるのならば、それがビットコインの地での哀れな状態のようだろう。3月6日にニューズウィーク誌は、ビットコインの隠遁中の創造者であるサトシ・ナカモトを見つけ出したと報じた。そして3月11日に、現在の価格で4.9億ドル相当の顧客のビットコインを失うまでその通貨の取引を長く支配していた日本のオンライン取引所のMt Goxは、今度はアメリカで再び破産により財産保全された。

実際には、事態は少し違っている。ニューズウィーク誌がビットコインの父だとしたドリアン・サトシ・ナカモトはそのサトシではないとの証拠が増えている。より重要なことに、ビットコインの最善の日々は、完全に一人前の通貨としてではないにしても、今度は金融革新のプラットフォームとして、依然として先にあるかもしれない。インターネットがデジタルサーヴィスの基礎であるように、ビットコインの裏にある技術は、人々が所有し支払うための方法の革命を助けうる。見れば新しいプラットフォームかどうかわかるますます増えるヴェンチャーキャピタリストを含んだ、すべての種類のオタクたちは興奮している。

プラスティックのポンド - 新しい貨幣

紙幣は終わりに近づいている

イングランド銀行は、ショッピングセンターでその調査を見せているとは知られていない。ふつう、そのデータ解析担当は、ワシントンD.C.やフランクフルトの陰気な部屋にいるがり勉タイプの相手役とその考えを交換する。しかし、その最新の計画は異なっている。3年間にわたって、イングランド銀行は、その貨幣を研究しているのだ。いま、それはそれがプラスティックで作られるべきだと公衆を説得したいと思っている。

広く定義した英国の現金のうち、たった約3%しか、いずれかの物理的形態をとっていない(残りはデジタルだ)。30億の紙幣が流通しており、額面は約580億ポンド(920億ドル)だ。9月10日に、その銀行の業務局長のクリス・サーモンは、ある貨幣を紙(実際には綿と亜麻でできている)で作るのをやめて、2016年から5ポンドと10ポンドについてポリマーを使いたいといった。

噛みつかれた - ビットコイン

暗号通貨の王様にとって荒れた週

チャーリー・シュレムは、1月26日のマイアミでのビットコイン熱狂者の集まりで、メインの話し手だった。次の日、彼は違法薬物のオンラインの市場であるシルクロードの店に100万ドル相当のその仮想通貨を提供しようと企んだとして逮捕され告発された後で、それほど歓迎されない見出しを飾った。シルクロードは去年閉鎖された。その創業者だと言われるロス・ウルブリヒトは、それから起訴されている。いま、犯罪取り締まり人は、顧客がそのような闇市場で跡を追うことができる古い経済の通貨を匿名に近い仮想のものに交換することをできるようにする交換所に、その注意を向けている。

シュレム氏の逮捕は、ビットコインのファンに衝撃を与えた。その24歳の男は、その通貨のもっとも雄弁な提唱者の一人で、暗い側とつながりを持っていないとみなされていた。彼の交換所、ビットインスタントは、フェイスブックが自分たちの考えだと主張するインターネット事業家ウィンクルヴォス兄弟から金融支援を受けている。

巨人の一人 - ロナルド・コース

なぜ企業が存在するかを説明した経済学者のロナルド・コースが9月2日に102歳で亡くなった

「私は主要理論において何の革新もしなかった。」とは、ロナルド・コース自身が彼の人生における作品を要約したものだ。「私の経済学への貢献は、あまりに明白で見逃されがちな経済制度の特徴を包括するよう推し進めていることだ。」見逃された物への注意は、コース氏が法と経済を変革するのを助けた。

労働者階級の両親の下1910年にロンドン郊外のウィレスデンに生まれたコース氏は、学問的な気質と科学への興味を持っていたが、数学的センスに欠けており、それが彼をそののち数十年間経済学から締め出していたかもしれない欠点だった。彼は、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で「商業」を勉強した。それは(「私がたった一つむいていなかった職業選択だった」)中間管理職行きの人々のために作られたコースだった。

その学位は初級経済学を含んでおり、彼は素早くその陰鬱な科学に引っかかった。1年間の旅行奨学金は、彼に学んだことを応用する機会を与えた。彼は、彼を悩ませた問題である、なぜ会社は存在したのか?、についての答えを探そうとして、アメリカの産業都市を巡る旅を選んだ。

悪い記憶 - アジア金融危機

1997-98年の地域金融危機のこだまが騒々しいが、誤っている

同じ川に2度入ることは決してできないが、それは忘れられないほどに親しんで見えるかもしれない。だから、最近アジアの通貨と株式市場がのたうちまわるにつれて、投資家と評論家が1997-98年の金融の嵐の亡霊を召喚するのは、驚くことではない。その危機は最初にタイで起こり、それからインドネシアと韓国がIMFの救済下に入った。それは地域経済を破壊し、インドネシアは32年間のスハルト独裁を倒した。フィリピンとマレーシアは、ひどいけがによろめいた。いま、その地域の市場関係者は、シリアでのアメリカ主導の軍事行動の可能性の帰結についての恐れが増すにつれて、そこが再び感染し、さらに悪くなることに神経質になっている。にもかかわらず、川は変わっており、不注意な人々を押し流しそうもない。

下町 - 都市の経済多様性

都市が衰退しはじめるとき、彼らを救うことができるのは経済多様性だ

デトロイトの最新の産業は、その町の朽ち行く物理的社会資本を記録した写真である「廃墟ポルノ」だ。その自動車の町は、アメリカの中西部から北ヨーロッパにかけての産業都市を悩ませている衰退の極端な例だ。それらの興亡(そして時には再生)は、町をまとめまた引き裂くより深い力を明らかにする。

いずれにしても、経済学者にとって、都市が存在すべきかどうかは全く明白ではない。群衆は、混雑と費用の掛かる土地や労働力を意味する。しかし、固まることへの良く知られた利点もある。交通費用が十分に高いとき、企業は、安い土地や労働力で節約するよりも、ものを消費者の群に運ぶのにより多くのカネを費やすかもしれない。専門技能を持った労働者は、彼らを雇う企業の類のそばにいるためにそのような群に集まる。そのような労働者は町を成長する企業にとってより魅力的にする。職と労働者の深いプールは、雇用主と従業員の組み合わせを改善し、生産性と給与を押し上げる。

競争に近づくことの利益もある。自動車産業の黎明期に、デトロイトの企業家たちはライヴァルに注意し続け、幸運な少数が見事に成功するまで、設計やビジネスモデルを微調整するために学んだ。シリコンヴァレーの技術的新陳代謝は、似たような競争的協力によって力づけられている。

圧力にさらされるビットコイン - ビットコイン

仮想通貨:それは数学的に優美で、ますます人気があり、かなり議論を呼んでいる。ビットコインの成功はそれを増大する緊張下においている

全ての通貨は、ある程度の合意による幻想を伴うが、仮想通貨制度のビットコインはその最たるものだ。それは、本質的価値を持たないデジタル代用貨幣に基づいた、中央銀行を持たないP2Pの通貨だ。中央当局の信頼に頼るよりもむしろ、それはその通貨の利用者によって暗号的に確認され合同で維持される取引帳簿に基づいた信頼の分配制度に依っている。取引は、信頼される第3者やほかのどんな仲介者の必要もなくほとんどコストなしでそのシステムの参加者間で直接起こることができ、ひとたび恒久的で完全に公開された記録に託されたら取り消しできない。保証はされないが、匿名性は適切な予防策と道具を使って可能となる。ビットコインがオタク、リバタリアン、薬物取引業者、投機家、金本位制主義者の間にそれほど訴えたのは何の不思議もない。

ビットコインは、金融危機のさなかの2008年に、中本哲史というペンネームで発表された論文とともに始まった。その論文中で概説された技術的設計は、次の年にオープンソースのソフトで実行された。それは、2012年に広く有名になり、それ以来見出しを飾っている。

ページ