BMW

バルカンのブレーキライト - ボスニアの製造業

4月
17

クラスター爆弾から産業クラスターへ

1992-95年の戦争中に、ゴラジュデの町はセルビア軍に包囲された。今、最もうるさい音は拡大中のベクト・プレシサ工場の建設音だ。357人の従業員を持つそれは、ポルシェ、BMW、アウディの自動車照明のためのプラスティック部品を作る。それはまた、ドイツ企業ヘラとの合弁事業で、スキーと街灯の部品をどんどん作り出す。ボスニアは、停滞した経済、高い失業率、そして機能していない政府に苦しんでいる。しかし、それは幾つかの驚くべき産業クラスターの故郷だ。東部ボスニアのゴラジュデは、その一つだ。他には、テシャニ、ビイェリナ、ヴィソコがある。そのような場所には、一般的に精力的な市長や起業家がおり、ドイツとの強いつながりを持つ。ゴラジュデはその三つをすべて持っている。

ほとんどがボスニア人ムスリムのその町は、戦争以来徹底的に再建されている。それは豊かではない。毎晩、人々がその石炭ストーヴに火を入れるにつれて、煙のとばりがゴラジュデにおりる。しかし、その地理的条件と労働力は、そこをドイツの拡大仕事場の一部にしている。ドイツ企業が部品を調達する近くの低費用諸国の後背地だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

新しい特別な関係 - 英国と新興市場企業

9月
14

経済的暗がりの中で、英国は重要な世界的傾向の最先端にいる

4世紀ほど前、英国資本はインドに流れ込み、東インド会社を作り、帝国の基礎を敷き始めた。今、資本は反対の方向に流れている。過去10年間、鉄鋼や土木工事から、化学、通信、そしてお茶に至るまで広がるタタグループは、有名な英国企業を買い占めるのに150億ドルを使っている。テトリー紅茶についで、コーラス(元のブリティッシュ・スティール)、二つのもっとも典型的な英国車のメーカーであるジャガー・ランド・ローヴァー(JLR)、そして(それが全ての帝国の道を行くまで)インペリアル・ケミカル・インダストリーズだったものの元の企業の一つブルーナー・モンドが後に続いた。それらの買収の結果として、タタは今では英国最大の産業雇用者である。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

MBAによる道路以外を走る

7月
14

ビジネススクールの興隆はアメリカ産業の凋落と一致する。

GMの元副会長のボブ・ルッツは、自動車業界で最も有名な落伍者だ。47年間その産業で暴れまわる間に、彼は、フォード、BMW、クライスラーそして最近ではGMで大成功のチャンスに囲まれていたが、彼はついにトップに上り詰めることが出来なかった。それは彼が「車をうまく作りすぎた」からだ、と彼は語る。それはまた、マッドメンに出てくるキャラクターを倍にしたようなマキシマム・ボブが、冴えない猊下などではなく、会社のメッセージを爆発させる傾向にある力強い自己宣伝者だという事実と少し関係がある。彼の新しい本「車の男vs会計係:アメリカビジネスの魂のための戦い」は聞く価値のあるメッセージがあるという。アメリカの経済が再び成長するためには、ルッツがいうには、我々はMBAを首にして技術者にショーを運営させる必要があるとのことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

大きな情報でできた建物 - 情報革命はビジネスの風景を変えている

5月
31

「科学の厳密さ」と言う短い物語の中で、ジョージ・ルイス・ボルジスは、地図製作者が取り憑かれたように帝国それ自身よりも大きな地図をかくようになってしまった国を描いた。これはとても扱いにくかったので、未来の世代はそれをバラバラにしたままだった。

普通、デジタル時代の現実はフィクションの先を行っている。去年、人々は6 万の議会図書館を満たすほどの情報を溜め込んだ。世界の40 億人の携帯電話使用者(そのうちの12%はスマートフォンを使っている)データの流れの中に向かっている。YouTubeは毎分24時間のヴィデオを受け取っていると主張する。製造業者は3,000万ものセンサーを彼らの製品に埋め込み、それらは物言わぬ金属をインターネットの中でのデータを生み出すノードに変える。スマートフォンの数は毎年20%増え、センサーの数は30%増えている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
BMW を購読