クライスラー

ゴリアテ - 大企業と経済の変動性

9月
08

大企業の運命は経済の変動性を説明する役に立つ

2004年12月に、マイクロソフトは巨大な330億ドルの配当をその株主に支払った。その種の最大の支払いであるそれは、その年のアメリカ人の個人所得の増加の6%を占めた。いかに大企業が大きな影響を持ちうるかの例は、より完全にはやってこない。これらの種類の企業が特定できるものの衝撃は、個々の企業の上昇と下降がお互いを消しあう傾向にあると推測する経済学者のモデルからは一般的に除外される。しかいかに貿易やGDPのようなものが展開するかを理解するために、最大の会社の後を追うことは重要だ。

さっと見ると、その数はトップダウンの見方をすることを正当化しそうに見える。事業の世界は巨大だ。アメリカにはだいたい2,700万の会社がある。英国には480万だ。それぞれの国は、何百もの産業をまたいで何百ものほかの国と取引し、何千もの国と産業の貿易のつながりを作り出している。地球規模のネットワークは、何百万も走っている。経済は何百万もの企業と取引関係からなっているので、それぞれはわずかな埃のように見える。個々の会社と輸出チャネルは問題になるべきではない。これは、共通の衝撃だけが総計の変動を説明することができることを示唆する。一つの企業での労働者のストライキは十分ではないが、ゼネラルストライキは十分なのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

MBAによる道路以外を走る

7月
14

ビジネススクールの興隆はアメリカ産業の凋落と一致する。

GMの元副会長のボブ・ルッツは、自動車業界で最も有名な落伍者だ。47年間その産業で暴れまわる間に、彼は、フォード、BMW、クライスラーそして最近ではGMで大成功のチャンスに囲まれていたが、彼はついにトップに上り詰めることが出来なかった。それは彼が「車をうまく作りすぎた」からだ、と彼は語る。それはまた、マッドメンに出てくるキャラクターを倍にしたようなマキシマム・ボブが、冴えない猊下などではなく、会社のメッセージを爆発させる傾向にある力強い自己宣伝者だという事実と少し関係がある。彼の新しい本「車の男vs会計係:アメリカビジネスの魂のための戦い」は聞く価値のあるメッセージがあるという。アメリカの経済が再び成長するためには、ルッツがいうには、我々はMBAを首にして技術者にショーを運営させる必要があるとのことだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

地震の後で - 世界的自動車産業

5月
24

日本の自動車会社は揺れている。それはライヴァルたちを助ける。

ロボットの腕がまたぶんぶん回っている。3月に日本を襲った地震の直撃を受けたいわきにある日産のエンジン工場は、5月17日に完全操業に戻った。社長であるブラジル系フランス人のカルロス・ゴーンは、現場を元気付けるために労働者の中に入り込んだ。しかし、修復と再建のための英雄的な努力にもかかわらず、日本の自動車産業はいまだに鈍い。そしてそれは世界中に影響を及ぼす。

その災害は日本の大きな自動車会社に属する工場を必ずしもペシャンコにしたわけではない。(日産のいわき工場は例外だ。)しかし、それは東北地方にある必須の部品や原材料の供給者を破壊した。トヨタは30の部品の不足に直面している。それは地震直後の500の不足に比べればマシだが、たった一つでも部品がかければ組み立てラインは止まる。

修理作業は同じペースで続く。止まった工場は、今通常生産の半分で操業している。日産は平常操業に初秋には戻りたいと思っている。トヨタとホンダはもう少し遅い。

Posted By gno-eagrai 続きを読む
クライスラー を購読